ヴァルカン国立公園<ゴリラトレッキング>の見どころをご紹介

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > ルワンダの旅 > ルワンダみどころ(観光)MAP > ヴァルカン国立公園<ゴリラトレッキング>

ヴァルカン国立公園<ゴリラトレッキング>

ルワンダでのマウテンゴリラの研究は1959年にジョージ・スカラーによって始められました。彼の研究は1967年からダイア ン・フォッシーに引き継がれ、彼女の功績は「愛は霧のかなたに(Gorillas in the Mist)」という映画にもなりました。当時はマウンテンゴリラの密猟が絶えず、個体数は激減、一時は絶滅の危機に瀕しましたが、研究者の保護活動により固体数は増えつつあります。1980年台、ここヴォルカン国立公園はマウンテンゴリラを観察できるとても有名な場所となり、ルワンダの経済にとっても大きな収入源でした。しかし、1990年代の内戦により、観光客は激減、研究者も国外退去を余儀なくされました。内戦が終わり、1999年に再び研究者達が戻ってくると、再び観光客にとってもマウンテンゴリラを観察できる最も人気のある場所となったのです。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

野生のゴリラに会いに行こう。

ヴォルカン国立公園のマウンテン・ゴリラ

現在、ここヴォルカン国立公園では13のゴリラのグループが確認されており、それぞれ8頭から、大きなものでは約30頭の 群れで構成されています。その中で観光客が訪れることができるのは11つのグループ。アマホロ、グループ 13、スーサ、ムバノ、カリシンビ、サビーニョ、ヒルワ、クイトンダなどと名前がつけられています。マウンテンゴリラの雄は、子どもの頃は背中が黒いため「ブラックバック」、大人になって背中が灰色になると「シルバーバック」と呼ばれるようになります。マウンテンゴリラは一夫多妻制で、群れはボスのシルバーバックを中心に家族単位で構成されています。
  • ゴリラトレッキングのレンジャー達
  • ゴリラを探してトレッキング
  • 野生のマウンテンゴリラ
  • 間近にゴリラを観察
  • グループのリーダー シルバーバック
  • ゴリラの親子
  • 子供のゴリラ
  • ゴリラのお土産


ゴリラトレッキング事務所



グループに分かれてレンジャーよりブリーフィング



ゴリラトレッキングスタート



ポーターを雇う事も可能



遭遇。7mまで近づいて観察可能



野生のマウンテンゴリラ



終了後に発行される証明書


【ゴリラトレッキングの流れ】

トレッキンは朝7時、ゴリラトレッキングの事務所からスタートします。その日にゴリラトレッキングに参加する観光客が集まり、事務所で手続きを行ないます。そこで、レンジャー達によってどのゴリラのグループに行くかが割り当てられます。残念ながらグループを観光客が指定することはできなくなっています。

01.トレッキングスタート ~ ゴリラの捜索

どのゴリラを見に行くか決まったら、各グループに分かれて、レンジャーからトレッキングに関する説明を受けます。訪れるゴリラの家族構成やゴリラ観察の諸注意などが説明されます。風邪をひいたりしているとトレッキングに参加させてもらえないかもしれないので体調管理には十分に気をつけて下さい。 その後、各グループに分かれて車でトレッキングのスタート地点へ向かい、山の麓からトレッキングスタートです。ここでは10ドル程度で専属のポーターを雇うことも可能です。トレッキング中、荷物を持ってくれたり、険しい山道で手を引っ張ってくれたりとお手伝いをしてくれます。ゴリラは毎日移動するため、どの位歩くかは分かりません。1時間位で出会えることもあれば、3時間位歩かなければならない場合もあります。ゴリラは必ずしも歩きやすい道にいるわけではありません。そのため、険しい森の中をかけ分けて山の中を進んで行く事も多いのです。道中、トラッカーからレンジャーへ何度も連絡が入り、その指示に従いながら最短距離でゴリラの群れを目指します。

02.ゴリラの観察

ゴリラのいる場所へ到着すると、ここからはカメラと最小限の貴重品のみを持ってゴリラ観察に向かいます。そして、いよいよマウンテンゴリラの群れと対面です。ゴリラの群れに辿りついたら1時間の観察が許可されます。ルールでは7m以内に近づく事はできません。ゴリラは大きな身体を支えるために、1日の3割を食事に費やします。肉食動物と思われがちですが実は草食で、様々な植物を食します。特にアザミやセロリ、竹の子が大好物です。また、水分の多い植物を好み、あまり水を飲まなくても生きていくことができます。じゃれあう子供ゴリラや赤ちゃんゴリラ、少し大きくなったブラックバックにグループのボスとなるシルバーバックと、通常ゴリラは家族でまとまって行動しています。観察中、ゴリラはドラミングと呼ばれる胸を叩く行動をとったりする場合もあります。ドラミングは相手を威嚇するための行動ですが、それは無為な争いを避けるためだといわれています。ゴリラは見かけによらず温厚で、こうしたゴリラ達の様子を、わずか7、8mほどの距離からゆっくりと観察すれば誰しもが大きな感動を覚えるに違いありません。

03.下山

1時間の観察時間が終了すると、再び歩いて山を下山します。時間帯によっては周辺でお弁当を食べてから下山することになります。下山後、車に乗って事務所へと向かい、最後にゴリラトレッキングの証明書が授与さます。「野生のマウンテンゴリラに出会う」この貴重な体験は、誰にとっても一生の思い出になることは間違いないでしょう。

【ゴリラトレッキングに必要なもの】

防寒具(フリース、ジャンパー等) / 雨具(上下セパレート式のしっかりした物) / 底のしっかりした防水性の靴 (ハイキングシューズやトレッキングシューズ) / 帽子・サングラス / 手袋(軍手可) / 水筒(ミネラルウォーター)/ 虫除けスプレー(ガス式でないもの)/ カメラ、ビデオ、双眼鏡

【ゴリラトレッキングの注意事項】

・ ゴリラの7m以内に近づかないこと
・ フラッシュの使用は禁止されています
・ ゴリラを指差さない
・ 観察中は静かにすること
・ 驚いても逃げない事
・ くしゃみや咳は後ろを向いて手で覆ってすること