カンパラ、ウガンダ博物館、ジンジャ、ヴィクトリア湖(ソース・オブ・ナイル)等、カンパラとその周辺の見どころをご紹介

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > ウガンダ・ルワンダの旅 > ウガンダみどころ(観光)MAP > カンパラとその周辺

エチオピア南部

カンパラはウガンダの首都であり、人口142万人の最大の都市。アフリカ第3位の面積を誇るビクトリア湖の北岸、標高1190mに位置しています。郊外のジンジャからはモーターボートに乗ってヴィクトリア湖から白ナイル川が流れ出す地点へと向かうクルーズが楽しめます。このナイル川の0km地点こそが「ソース・オブ・ナイル(ナイルの源流)」。ここから地中海まで6,650kmにも及ぶナイル川が始まるポイントです。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

カンパラ

ウガンダの首都であり、最大の都市。人口142万人。ウガンダビクトリア湖の北岸、標高1190mに位置しています。市内にはいくつも丘があり、遺跡や歴史的建造物が多数見られます。丘には名前が付いており、その一つナカセロは行政区で、シェラトンやヒルトンといった高級ホテルが集まっています。

ウガンダ博物館
ウガンダ各地に暮らす民族の生活用具や祭りの際に使用してきた仮面、民族衣装などの展示が充実した博物館。 中庭には代表的な民族の住居が再現されており、ウガンダの暮らしと伝統を知る事ができます。
  • ウガンダ博物館

ジンジャ

カンパラの東約80km。英領ウガンダ時代の1907年にブソガの南西部に建設された、ウガンダの工業を担う第2の都市。砂糖の生産と繊維産業が盛んで、特に綿花が有名です。また、ナイル川の源流のひとつであるヴィクトリア湖に面し、現在はナイル源流を訪れる観光客が数多く集まる観光地となっています。
  • ジンジャの船着場

ヴィクトリア湖(ソース・オブ・ナイル)

ケニア・ウガンダ・タンザニアの3ヶ国にまたがり、面積は6万9000k㎡でアフリカ第3位の面積を誇ります。白ナイルの源流とされ、1862年、イギリス人の探検家 ジョン・ハニング・スピークによってナイル川の水源がこのヴィクトリア湖である事が証明されました。この湖をナイル川の水源だと信じたスピークは、当時のイギリス女王ヴィクトリアの名を取り「ヴィクトリア湖」と命名したのです。モーターボートに乗ってクルーズを楽しみながら、ヴィクトリア湖から白ナイル川が流れ出す地点へと向かいます。このナイル川の0km地点こそが「ソース・オブ・ナイル(ナイルの源流)」。ここから地中海まで6,650kmにも及ぶナイル川が始まるポイントです。
  • カワセミ
  • 白ナイルの源流にある標識
  • ナイル川の源流 ソースオブナイル
  • クルーズの風景