秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > アフリカの旅 > スーダンの旅 > スーダンみどころ(観光)MAP > ナイル川流域
ナイル川流域 みどころ(観光)MAP
オールド・ドンゴラから現在のエジプトとの国境まで。ナイル流域には様々な時代、様々文明の遺跡が残されています。

オールド・ドンゴラ セシビ
ケルマ ソレブ
トンボス サイ島
カワ ワディ・ハルファ
ナイル第3カタラクト ナイル流域の風景

オールド・ドンゴラ
ヌビア十字の彫刻
ヌビア十字の彫刻
郊外の砂漠にあるイスラム聖者廟と墓地
郊外の砂漠にあるイスラム聖者廟と墓地
6~8世紀にかけて栄えたヌビアのキリスト教国・マクリア王国の遺跡が残ります。ナイルの河岸にはあるものの、砂漠の中の廃墟といった感じです。古い教会は14世紀にモスクに作り変えられています。廃墟の中には十字架の彫刻のある柱も。周囲にはイスラム以降の墓地・聖者廟が広がります。
聖者廟
聖者廟
教会。まるで砂漠の中の要塞。
教会。まるで砂漠の中の要塞。

ケルマ
ケルマの神殿 紀元前2500年~1500年ごろ、ナイル川右岸に栄えた文明。遺跡はデフーファと呼ばれる神殿と思われる建築物がありその周囲を、王宮、居住区、墳墓が取り囲んでいます。
デフーファは本当の使用用途はわかっていませんが、ヌビア語で宗教建築を意味します。アドベれんがで作られたこの建築物は鳥の巣になっていました。周囲の墓地では、屈葬式の一人用のものもあれば、強制的な殉死埋葬のあとも見つかっています。

トンボス
古代エジプト第18王朝トトメス3世の花崗岩の石切り場として使われました。石を切り出した後とトトメス3世の碑文が残されています。ナイルの急流(カタラクト)は花崗岩地帯にあり、石切り場が近くにあります。アスワンのナイル第1急流に石切り場「未完成のオベリスク」があるように、このトンボスもナイル第3急流の近くです。 トンボス

カワ
都市遺跡 カワは紀元前14世紀のエジプト代18王朝ツタンカーメンの時代から紀元前7世紀のエジプト第25王朝タハルカ王の時代、アクスム王国に滅ぼされる紀元後4世紀まで続いた都市遺跡。
赤砂岩と白砂岩からできた建築物の跡が残りますが、発掘が進められている途中ため、発掘隊のいない時は砂に埋められており、一見遺跡とはわからないこともあります。

ナイル第3カタラクト
ナイル川の第急流。エジプトのアスワンにある第1急流はアスワン・ダムにより水量調節を受けていますが、ここは自然のままの水量。
訪れる時期により水量とその景色が変わります。
第3カタラクト

セシビ
セシビ エジプト第18王朝イクナートン(アメンホテップ4世)の建てた神殿でアテン神に捧げられたもの。

ソレブ
エジプト第18王朝アメンホテップ3世により建てられた砂岩の神殿。アモン神殿にはパピルスの茎を束にしたデザインの柱やヒエログリフなどの彫刻が美しく残されています。 ソレブ ソレブ

サイ島
サイ島 石器代、ケルマ文明、エジプト、クシュ、キリスト教、イスラム期から近代のオスマン時代の要塞など幅広い時代の遺跡が見られる島。
エジプトの神殿を使って建てられたオスマン・トルコの要塞などもあり、発掘調査が進行中です。

ワディ・ハルファ
エジプト・アスワンへのナイル川のフェリーの港があり、ハルツームからの鉄道の駅がある町ワディ・ハルファ。数年前の大洪水で以前の街は破壊され、復興の過程にあります。ヌビア人の他、内戦で難を逃れてきたダルフールの人々も多く暮らします。
大変小さな町ですが、アフリカ大陸縦断を目指すバック・パッカーや旅人で賑わう町です。

ワディ・ハルファからアスワンへ向うフェリーは、約18時間のナセル湖の船旅。発着時間もはっきりしない航路ですが、ナイル流域、アフリカを旅するものには、一度は経験してみたいルートです。
ワディ・ハルファ鉄道駅
ワディ・ハルファ鉄道駅
フェリー ワディ・ハルファに暮らす人々 ワディ・ハルファに暮らす人々 ワディ・ハルファに暮らす人々
フェリー ワディ・ハルファに暮らす人々

ナイル流域の風景
ナイル川の渡し船
ナイル川の渡し船
一家
一家
水を汲みに来たロバ車
水を汲みに来たロバ車
ナイル川の夕日(シェンディにて)
ナイル川の夕日(シェンディにて)
ヌビア地方の民家
ヌビア地方の民家
ヌビア地方の民家