秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > アフリカの旅 > スーダンの旅 > スーダンみどころ(観光)MAP > ハルツーム
ハルツーム みどころ(観光)MAP
スーダンの首都ハルツームは、エチオピアのタナ湖からくる青ナイルとウガンダからくる白ナイルの合流地点にあり、大きくは、ハルツーム・バハリ(ハルツーム北)・オムドゥルマンの3つの部分に別れており、それぞれが橋で結ばれています。その中でも1885年にマフディーの作った町・オムドゥルマンにみどころが集中しています。

白ナイル・青ナイルの合流地点
オムドゥルマン

白ナイル・青ナイルの合流地点
トカゲ
トカゲ
白ナイルはウガンダのビクトリア湖から流れ出て、スーダン南部の大沼沢地を通りハルツームへ。青ナイルはエチオピアのタナ湖から流れ出ます。
この2つのナイルがハルツームで合流し本流となり、さらにハルツームの北部にあるアトバラでアトバラ川と合流し、その後、まっすぐエジプトのカイロまで続きます。カイロからは支流に別れ、ナイル・デルタを形成し地中海へと注ぎます。

ハルツームで合流する青ナイルと白ナイル(写真左下)。水の色が異なるのが見てわかります。川岸にはトカゲや水鳥の姿・・・。
合流地点
合流地点
水鳥
水鳥

オムドゥルマン
白ナイルをはさんでハルツームの対岸にある町。1885年、イギリスのスーダン植民地化政策に反対するマフディ軍が都として建設されました。ハルツームが行政や経済の中心地であるのに対してスーダンの伝統や文化が残る地域です。
スーダン最大のスークや、ラクダ市、マフディーの墓、カリーファの家、ハマデルニールモスク等、ハルツームのみどころが集まる場所となっています。
ラクダ市では、犠牲祭の前になると大量のラクダが売られます。ほとんどのラクダが東・西部スーダンから集まってきます。
スーダン最大のオムドゥルマンのスーク
スーダン最大のオムドゥルマンのスーク
ラクダ市
ラクダ市
「トンボ玉」を売る人々
「トンボ玉」を売る人々
マフディーの墓
マフディーの墓

●ハマデルニールモスク

スーフィー(イスラム神秘主義)の聖者・ハマデルニールを信仰する人々が毎週金曜日の日没1時間前にモスクの前に集い、「ジクル」と呼ばれる旋回舞を行います。
16世紀頃スーダンに「イスラム神秘主義」が広まり、コーランの学習の他に神秘的な、神へ近づく道として独自の「ジクル」を発達させました。
夕暮れのモスク
夕暮れのモスク
旋廻舞
旋廻舞
モスクに集う人々
モスクに集う人々