秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > アフリカの旅 > スーダンの旅 > スーダンみどころ(観光)MAP > 古代クシュ王国の遺跡
古代クシュ王国の遺跡 みどころ(観光)MAP
紀元前9世紀から紀元後4世紀にかけて、ナイル川上流のヌビア地方に栄えた古代クシュ王国。現在のスーダン北部のナパタ地方を中心に栄え、最盛期にはアフリカ大陸の4分の1にも及ぶ強大な王国を築きました。今でもナパタ地方には当時の都だったとされるジュベル・バルカルの遺跡が残されています。
その後、紀元前6世紀に南下してきたアッシリアの勢力に破れたクシュ王国は南部のメロエへ都を移します。王国は紀元後4世紀にエチオピアのアクスム王国に滅ぼされるまで繁栄し、ロイヤル・シティ(王宮)跡やピラミッドなどが残されています。
古代クシュ王国が残した遺跡群は2003年にスーダンで初めての世界遺産に登録され、今後の発掘・調査が期待されています。

ナカ
ムサワッラト・エス・スフラ
メロエ
ヌーリ
クッル
ジュベル・バルカル
メロエのピラミッド群
メロエのピラミッド群

ナカ
古代クシュ・メロエ王国時代の遺跡。キオスク(神殿に付随するローマ風の建物)、アペデマーク神殿、アモン神殿の3つの主要な建物が残されています。壁面にはメロエ王国の土着神(ライオン神)アペデマーク神やエジプトの神々、クシュの王族のレリーフ(ナクタアマニ王、アマニシャヒド女王等)がレリーフとして彫られています。クシュは女王が大きな権力を持っていたため、女王の像は大きく描かれています。 蛇身のアペデマーク神
蛇身のアペデマーク神
アペデマーク神と王
アペデマーク神と王
アモン神殿
アモン神殿

ムサワッラト・エス・スフラ
象の像
象の像
クシュ・メロエ王国時代の遺跡で、アペデマーク神殿があり、その他に、「巨大な構築物」と呼ばれる神殿と想定される遺跡があります。この「巨大な構築物」は「象の像」や「象のレリーフ」などが出土したことから「象の飼育施設説」もありましたが、最近の研究では否定され、「神殿説」や「当時の大学説」が有力です。

メロエ
メロエ遺跡は北・南ピラミッド群のある「ベグラウィア」、アモン神殿と王宮跡の残る「ロイヤル・シティー」の2つの部分に分かれます。

●ロイヤル・シティー
王宮跡、アモン神殿(メロエ最大規模の神殿。アスワンのフィラエ島・イシス神殿からBC23年にメロエ軍が破壊したアウグスゥスの像の頭部がここから出土し、大英博物館にあります)、浴場跡、メロエのロイヤル・シティーの城壁、アマニシャヒド神殿、居住区、鉄のスラッグの山、アペデマーク神殿等があります。

メロエのロイヤル・シティー 神殿跡
メロエのロイヤル・シティー神殿跡
北ピラミッド群
ベグラウィア・北ピラミッド群

●ベグラウィア
 
メロエには南・北・西のピラミッド群がありますが、そのうち見学可能なのは南と北ピラミッド群です。BC250年以降の王墓がここに建てられましたが全て盗掘・破壊されています。
エジプトのピラミッドの建造目的は不明のままですが、スーダンのピラミッドの目的は明らかに「お墓」です。また、エジプトのピラミッドの角度は52~53度ですが、スーダンのものは65~68度でより鋭角な形をしています。
ベグラウィア・北ピラミッド群遠景
ベグラウィア・北ピラミッド群遠景
ピラミッドに残されているレリーフ
ピラミッドに残されているレリーフ

ヌーリ
砂岩のピラミッド
砂岩のピラミッド
ナパタの上流約10キロのナイル左岸にあるクシュ・ナパタ王国時代の墳墓群。 砂岩の岩でできたピラミッドはかなり崩れていますが、有名なタハルカ王のピラミッドがあるといわれています。

クッル
クシュの王墓はメロエ、ヌーリ、ジュベル・バルカル、そしてこのクッルの4箇所にありますが、前室の壁画が保存され見学できるのはこのクッルだけです。タヌトアモン王とカルハタ王妃の2箇所の墓では、それぞれ約4メートル地下に階段を下ると前室・玄室があります。エジプトのピラミッドを真似たように、テーベの「王家の墓」を真似たのだろうといわれています。王や王妃は、アヌビス、オシリス、聖なる船などエジプトの壁画で見られるのと同じ神々・テーマで描かれ、その再生・復活が望まれました。
ヴォールト造りの天井には天空を意味する星が描かれ、正面には太陽=ラーを乗せた聖なる船、見送るヒヒ(神)が描かれています。
ヴォールト造りの天井
ヴォールト造りの天井
生命の鍵アンクを口から吹き込まれるカルハタ王妃
生命の鍵アンクを口から吹き込まれるカルハタ王妃復活を意味する
「死者の審判」
「死者の審判」
ホルス神、ラー神に伴われる王妃
ホルス神、ラー神に伴われる王妃

ジュベル・バルカル
古代エジプト18王朝時代から「聖なる山」とされてきた山で、ふもとに紀元前13世紀頃からクシュ・ナパタ王国時代まで使用されたとされるアモン神殿があります。

●アモン神殿
アモン神殿の年代については資料によって情報が異なり、紀元前13世紀ラムセス2世の時代のものから紀元前7世紀タハルカ王の時代のものまで意見がわかれています。ハトホルの石柱や羊のスフィンクス、レリーフ等が残されています。

●ピラミッド群
メロエの北ピラミッドと同時代のものではないかといわれています。保存状態が良く、ジュベル・バルカルの上からもきれいに見ることができます。
アモン神殿を見下ろす
アモン神殿を見下ろす
ピラミッド群
ピラミッド群
アモン神殿
アモン神殿