ポカラの見どころをご紹介

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > インドの旅 > ネパールみどころ(観光)MAP > ポカラ

ポカラ

カトマンズより西へ200kmのところに、ポカラはあります。「ポカラ」という地名はネパール語の「ポカリ」(湖)という言葉から来ており、その名の通りアンナプルナ氷河を水源とするフェワ湖、ベグナス湖、ルパ湖の美しい湖沼群を持つ町です。標高は海抜827mとカトマンズに比べると低いため、気候もカトマンズより温暖です。この標高の低い町のすぐ近くに8,000m級の山々がそびえているため、世界でもまれな景観を誇っています。マチャプチャレ(6,993m)はフェワ湖からわずか28kmで、その間には他の山はありません。低地にいながら目の前に迫るヒマラヤの山々を見ることが出来るのは、この町ならではの贅沢。トレッキングに出かける人々の拠点の町としてだけでなく、湖のほとりでヒマラヤの山々を眺め、リラックスできるリゾート地としても人気のある場所です。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

サランコット / Salangkot

ヒマラヤの山並みを手軽に楽しめるサランコットの丘

ポカラにある標高1,592mのヒマラヤの展望地で、マチャプチャレ峰をはじめとする雄大なヒマラヤの山々を展望できます。マチャプチャレとは魚のしっぽという意味で、ヒマラヤの朝日や夕日を眺めに行く人気スポットでもあります。 展望地へは車でいくことができます。そこからさらに歩くと、さらにいくつかのビューポイントがあります。標高800m程のポカラ市内から見るヒマラヤの眺めとは、また違った景色を望むことができます。またゲストハウスも数軒ありますので、ゆっくりと朝日や眺めを堪能したい方は、頂上近くに宿をとるのも良いかもしれません。簡単なハイキングや、朝日・夕日のあたるヒマラヤの山なみを手軽に楽しむことのできる場所です。
  • アンナプルナⅣ峰(7,525m)とⅡ峰(7,937m) 

  • マチャプチャレ(6,993m)

  • サランコットの丘からの展望

フェワ湖とレイクサイド / Phewa Lake & Lake side

フェワ湖(日本山妙法寺より)

ネパールで2番目に大きな湖で、ポカラの観光の中心地です。ボートをこいだり、ヒマラヤを眺めたりしながらゆったりとした時間をすごすことができるでしょう。湖の真ん中にはバラヒ寺院があり、ボートに乗って訪れることができます。天気がよければ湖に映るヒマラヤの山々を楽しむことができます。湖の東側はレイクサイド、またはバイダムといわれる場所で、人気のツーリストエリアとなっています。

●バラヒ寺院

ペワ湖の真ん中にぽっかりと浮かぶ小さな島の上にあるヒンドゥー寺院です。2層のパゴダ形式の寺院で、シャクティ(女性の力)の守護神であるアジマ神の化身とされる猪が祀られています。ここでは雄の動物を生贄に捧げることが特徴です。土曜日には参拝する人々で賑わいます。
  • バラヒ寺院

  • フェワ湖畔

  • 人気レストラン、ブーメラン

  • ゲストハウスやレストランが軒を連ねる

パタレ・チャンゴ / Patale Chhango(Devi’s Fall)

「パタレ・チャンゴ」とは「地獄の滝」という意味です。かつて、トレッキングに来ていたデヴィッドというスイス人がこの場所で川に流されて、行方不明になってしまったという話もあり、別名、デヴィズ・フォールとも言われています。 湖から来ている川の水が地中を流れ、岩壁の大穴から滝となって流れ落ちる不思議な光景を目にすることができます。 自然の力のすごさを見せつけられるところです。

パタレ・チャンゴ

タシリン・チベット村 / Tibet Village

チベット動乱の時にネパールへ逃れてきた難民が、スイス政府と赤十字の協力を得て1961年につくったところです。チベット独特の生活習慣が残されています。 観光客相手に宝石類やアンモナイトの化石、カーペットなどを売っていますので、チベットに興味のある方は行ってみるとよいでしょう。ただし、ここでの買い物も値段を交渉することを忘れないようにしてください。
  • チベット絨毯の工房で働くチベットの女性たち

  • チベット絨毯の工房で働くチベットの女性たち

日本山妙法寺 / World Peace Pagoda

日本山妙法寺の世界平和塔 

フェワ湖南方の丘にポツンと見える白いストゥーパが日本山妙法寺です。標高1113mの丘にあるこの場所は、既にサランコットには行ってしまった方におすすめの展望地です。 日本山妙法寺大僧伽は日蓮系の宗教団体で世界各地で平和運動を展開し、ここポカラにも平和を祈る仏塔、世界平和塔が建立されました。 ここからの景色はすばらしく、眼下にポカラの町とフェワ湖の青、そしてアンナプルナ山群を一望することができます。開館時間が決まっているため、夕日や夜明けの時間には入れませんが、お天気のよい日に足を伸ばすと良いでしょう。ラニバンの丘からのハイキングやフェワ湖畔までの下りハイキングも可能です。
  • フェワ湖を見下ろす 

  • ポカラの町並み、背後にはマナスル連邦

  • サランコットの丘とマチャプチャレ

ラニバンの丘 / Raniban

フェワ湖とポカラの町の明かり、マナスル連邦左から。マナスル(8,157m)、ピーク29(7,835m)、ヒマールチュリ(7,893m)、ボウダ(6,672m)を望む 

およそ500段の階段を上った場所にある展望ロッジ、ラニバン・リトリート Raniban Retreatのある丘からも景色を楽しむことができます。日本山妙法寺に近い丘ですが、早朝や夕日の時間帯に訪問が可能で、宿泊することも可能です。 また、ここからはダウラギリを望むことができます。 ここで夜明けを迎え、 日本山妙法寺までの軽いハイキングもお勧め。アンナプルナの絶景を見ながらのコーヒータイムも贅沢です。
  • 展望ロッジ ラニバン・リトリート 

  • 日本山妙法寺の世界平和塔と日の出

  • ダウラギリ(8,167m)