秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > アフリカの旅 > リビアの旅 > リビアみどころ(観光)MAP > 南部
北部 みどころ(観光)MAP
真っ青な地中海とのコントラストが美しい古代ギリシャ・ローマ遺跡、昔ながらの赴きを残すガダメスの旧市街。リビア北部の見どころをご紹介します。
サブラタ
リビア北部の古代ギリシャ・ローマ遺跡
サハラ交易都市ガダメス
リビア北部の古代ギリシャ・ローマ遺跡

●サブラタ

サブラタの町は紀元前9~8世紀に地中海交易で富を築いたフェニキア人達によって築かれ、ローマ帝国の支配下におかれた2世紀から3世紀にかけて内陸部から運ばれる物資の輸出港として最盛期を向かえました。
今でも、広大な敷地の中に神殿やバジリカ、フォーラムとよばれる公共広場など当時の繁栄を髣髴とさせる遺跡が残っています。特に北アフリカで最も保存状態が良いとされる円形劇場は3000人の収容人数を誇り、今でも訪れる人を驚かせています。
野花と円形劇場・3月は野花の咲く季節です
野花と円形劇場・3月は野花の咲く季節です
保存状態の良い円形劇場
保存状態の良い円形劇場
遺跡をより美しく見せる地中海とのコントラスト
遺跡をより美しく見せる地中海とのコントラスト
浴場跡に残るモザイク
浴場跡に残るモザイク

●レプティス・マグナ

紀元193年から211年までの間ローマの皇帝に在位したセプテミウス・セウェルス帝。彼の出身地こそがここリビアのレプティス・マグナでした。在位中、レプティス・マグナは大きな発展を遂げ、ローマ帝国を代表する都市となったのです。
5世紀にヴァンダル人の侵略を受け、町は荒廃してしまいましたが、大部分が砂に埋もれていたため現在でも保存状態が非常に良く、リビアを代表する遺跡となっています。
地中海がすぐ後ろに迫る円形劇場
地中海がすぐ後ろに迫る円形劇場
セウェルス帝のフォーラムに残るメドゥーサの彫刻
セウェルス帝のフォーラムに残るメドゥーサの彫刻
遺跡は4平方キロもの広大な敷地に広がっています
遺跡は4平方キロもの広大な敷地に広がっています
セウェルス帝の凱旋門
セウェルス帝の凱旋門

●キュレーネ

紀元前630年頃、飢饉に苦しんでいたティーラ(サントリーニ島)の人々はデルフィでアポロの信託を受けると、島を抜け出しリビアを目指しました。彼らはリビア東部のキレナイカ地方に肥沃な場所を見つけ、都市を築いたのです。 町は発展を遂げ、キレナイカ地方中心都市となり、泉の女神にちなんでキュレーネと名づけられたのです。
壮大なゼウス神殿
壮大なゼウス神殿
アポロの神殿(アポロの聖域)
アポロの神殿(アポロの聖域)

サハラ交易都市ガダメス
チュニジア、アルジェリアとの国境近くに位置するガダメスは古来から地中海沿岸部とアフリカ内陸部との交易の中継地として栄えてきました。町全体が丸みを帯び、家々は密集し、細い入り組んだ道でつながっています。家の内部には北アフリカ独特のアラベスク模様をあしらい美しく装飾されています。日干し煉瓦に石灰を塗った白い建物の内部は涼しく、気温が40度を越える様な夏の暑さをしのげる構造になっています。
1983年に新市街が造られると人々は移り住んでしまいましたが、町全体が博物館の様に保存され、昔のままの姿を残しています。
旧市街の町並み
旧市街の町並み
迷路のような旧市街
迷路のような旧市街
美しく飾られた民家の室内
美しく飾られた民家の室内
ガダメス郊外の砂丘から夕日を見学
ガダメス郊外の砂丘から夕日を見学