「ヌブラ谷とパンゴン・ツォ」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 南アジア(インド・ブータン等)方面 > ヌブラ谷とパンゴン・ツォ

ヌブラ谷とパンゴン・ツォ

インドヒマラヤ2つの絶景

  • 遺跡・史跡
  • 大自然
  • ハイキング
  • 標高約4,250m、紺碧の水を湛えるパンゴン・ツォ
  • カルドゥン・ラ(峠:5,602m)
  • チャン・ラ付近から谷を見下ろす
  • ヌブラ谷最古にして最大のディスキット僧院
  • ディスキット僧院の少年僧
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • 個人旅行・フリープラン
  • このツアーの地図を見る
  • ラダック・ザンスカール特集
  • インドの旅
ココに注目!

8名様から催行・15名様限定

専用車は1台につきお客様3人乗りまで

山岳道路を行くドライブも出来る限り快適さを確保しております。

ラダック・ザンスカールハンドブックをプレゼント!

ラダック・ザンスカール地方のツアー参加者の方に、旅に役立つ西遊旅行特製の小冊子をプレゼント!ラダック基本情報/歴史/気候と服装/持ち物/見どころ紹介など、盛りだくさんの一冊です。

ツアーのポイント/ Tour Point 

●特別許可を取得し、ラダック最奥のヌブラ谷へ

カルドゥン・ラ(峠:5,602m)を越えて、「緑の園」を意味するインド最北の地ヌブラ谷へ。険しい山々に囲まれた秘境の地で、緑と砂漠が織りなすコントラストが美しい地域です。

●インドと中国をまたぐ天空の湖パンゴン・ツォへ

真っ青に輝く湖面とヒマラヤの峰々が美しい、標高4,250mの塩湖パンゴン・ツォを訪問します。

●必見!スムダ・チュン僧院のマンダラ世界

往路2時間、復路1時間の山道を歩いてスムダ・チュン僧院を訪れます。訪ねる人がほとんどいない静寂に包まれた僧院の荘厳な立体曼荼羅は必見です。

●3連泊でゆとりある日程

ラダックの中心地レーに3連泊を含む計4泊。レーを拠点に連泊を設けることで、ゆとりを持って観光ができるようになりました。「緑の園」ヌブラ谷では夜は満天の星空が期待できます。

ラダック最奥のヌブラ谷

「緑の園」を意味するヌブラ。中国、パキスタンとの国境沿い、インダス川の支流となるシャヨク川沿いに開けたヌブラ谷には緑美しい村が点在しています。中心地のディスキットにはヌブラ谷最古にして最大のディスキット僧院が断崖に築かれ、まるで谷を見守っているようです。ヌブラ谷は年間降水量が100㎜以下と乾燥しているため、シャヨク川岸には砂丘が発生し、高冷地砂漠が広がります。美しい砂丘、シャヨク川沿いに生い茂る草木、そして荒涼としたヒマラヤの山々。ヌブラ谷特有の風景をお楽しみいただきます。
  • ディスキット僧院から望む緑鮮やかな夏のヌブラ谷(7月)

  • バクトリアン・キャメル

天空の湖「パンゴン・ツォ」

インドの大ヒット映画「きっと、うまくいく(原題:3 Idiots)」のラストシーンが撮影された場所である「パンゴン・ツォ」。「この美しすぎる風景はどこだ!」ということで一躍有名になりました。標高約4,250mに位置するこの高山湖は塩気を含み、藻が生えず、魚が生息しません。そのため、水は透き通り紺碧の輝きを放ちます。6,000m級のヒマラヤの山々に囲まれた湖の絶景をお楽しみください。

透き通った湖水を湛えるパンゴン・ツォ

ラダック屈指の仏教美術の宝庫を訪ねる スムダ・チュン僧院へのハイキング

荒涼とした岩山に囲まれた村人の生活道路を小川や高山植物を眺めながら、ゆっくりと歩くこと2時間。山奥に静かに佇む、スムダ・チュン僧院に到着します。スムダ・チュン僧院はマンギュ僧院、アルチ僧院と共に、リンチェンサンポによって一晩で創建されたと伝えられる僧院です。僧院に足を踏み入れると、目の前に広がる金剛界立体曼荼羅。壁にはグゲ様式の曼荼羅。その完成度と保存状態はアルチ僧院に匹敵します。
  • スムダ・チュン僧院内の壁画

  • スムダ・チュン僧院

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
デリー
11:30発
18:00着
空路、東京より直行便でインドの首都デリーへ。着後、ホテルへ。
デリー(グルガオン)泊
2 デリー
レー
早朝発 航空機にて、ラダックの中心地レー(3,505 m)へ。着後、高度順応のため休養。夕方、レー郊外の好展望地ナムギャル・ツェモへ。レーの町を見下ろし、天気が良ければラダック最高峰ストック・カンリ(6,153m)をご覧いただけます。
レー泊
3 レー
ヌブラ
08:00発
14:00着
専用車にて、絶景のビーコン・ハイウェイを走り、自動車道として世界最高地点と言われるカルドゥン・ラ(峠:5,602m)を越えてヌブラ谷(約3,200m)へ。
ヌブラ谷着後、温泉で有名なパナミックを訪れ、最奥のエンサ僧院へも足を延ばします。その後、中心地のディスキットへ。着後、3つの御堂から成るデチェン・ツェモ僧院を見学。
ヌブラ泊
4 ヌブラ
レー
09:00発
16:00着
朝、ヌブラ最古で最大のゲルク派僧院であるディスキット僧院を見学。その後、再び、カルドゥン・ラを越えてレーへ戻ります。
レー泊
5 レー
(スムダ・チュン)
  朝、専用車にてスムダ・ド(3,500m)へ。徒歩にて緩やかなルートを登り、山奥の小さな集落スムダ・チュン(3,940m)へ向かいます(往復3~4時間)。着後、見る者を圧倒する密度で彫られた立体曼荼羅が残るスムダ・チュン僧院をご覧いただきます。
レー泊
6 レー
(パンゴン・ツォ)
  専用車にて、チャン・ラ(峠:5,360m)を越え、天空の湖パンゴン・ツォ(湖:約4,250m)へ。真っ青に輝く湖面と後ろにそびえるヒマラヤの絶景をお楽しみください。
レー泊
7 レー
デリー
デリー

朝発

21:10発

航空機にて、デリーへ。天気が良ければ、機内からヒマラヤの山並みを空から楽しむことができます。予定通り到着した場合は、着後、簡単な市内観光。その後、空港へ。航空機にて帰国の途につきます。
機中泊
8 東京 08:00着 着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝6/昼6/夜5:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:エア・インディア
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2017年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
07月09日(日) ~ 07月16日(日) 8日間 298,000円
08月06日(日) ~ 08月13日(日) 8日間 328,000円
08月20日(日) ~ 08月27日(日) 8日間 298,000円
09月17日(日) ~ 09月24日(日) 8日間 298,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)は不要です(12月8日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名(15名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 30,000円
国際線のビジネスクラス:特別価格で往復150,000円の追加で別途手配いたします。ご希望の方はお早めにお申し込みください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

 

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) インド(2,620円)、代行手数料(4,320円)、写真1枚。旅券の残存有効期間・査証欄余白は申請時6ヶ月以上・2ページ以上必要です。
気候・服装 全行程合服が基本になります。朝晩や曇天の日、峠ではとても冷え込みますので、厚手のセーターやジャンパーなどのしっかりとした上着もお持ちください。靴はトレッキングシューズが最適です。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
高山病のご注意 高山病の影響が予想されるコースです。特に高所を3~4時間歩く日がありますので、ご自身の体力・高所経験をご検討の上でお申し込みください。ご参加の方全員に健康アンケートのご記入、及び疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。弊社では高山病対策として、添乗員がパルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定装置)を持参します。
高山病についてのご注意と取り組み
観光について 寺院・僧院等は観光地ではありません。現地事情や宗教行事により稀に入場できないことがあります。
日程について デリー/レー間の航空機は、悪天候等の理由により変更になることがあります。日程変更により、稀に追加費用が生じる場合があります。このような状況に対応する項目が含まれる海外旅行保険へのご加入をお願いしています。
宿泊について ヌブラ谷では、簡易宿泊施設のゲストハウス又は常設テントに泊まります。バスタブがなくシャワーのみだったり、お湯の出が悪かったり、電気の使用に制限時間が設けられていることがあります。また、宿泊施設に限りがありますので、御一人部屋をお取りできなかったり、リスト内のホテルやゲストハウスに分宿になることがあります。そのような場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行