マレーシア・サパ州・キナバル国立公園の旅「マレーシア最高峰 キナバル山(4,095.2m)登頂 4日間」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 個人旅行・海外航空券 > 登山・トレッキング・ハイキング方面 > マレーシア最高峰キナバル山(4,095.2m)登頂 4日間

マレーシア航空利用 4日間で行く!
マレーシア最高峰 キナバル山(4,095.2m)登頂4日間

往路にコタキナバル/成田間の直行便を利用した4日間の最短プラン!
大阪方面からお越しの方は、復路・伊丹空港への接続便も追加手配可能です。
1名様から催行。4日間という短期間で4,000m峰に登頂!(マレーシア)

東南アジア独立峰の最高峰!ジャングルを通り抜け、奇峰そびえる迫力の山頂へ!

  • 世界遺産
  • 登頂
  • トレッキング
  • 大自然
  • ローズ・ピーク(4,095m)に登頂
  • キナバル・サウス(3,921m)を展望
  • キナバル山の全景
  • 奇岩聳えるキナバル山
  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • 添乗員同行ツアー
  • このツアーの地図を見る
  • キナバル山の旅
  • 世界の山旅
  • 訪問する世界遺産

    ★キナバル国立公園
ココに注目!

短期間でも楽しめる海外登山・登山ガイド同行・送迎付き・全食事付き

最短4日間の登頂プランです。長いお休みを取るのが難しい方にもおすすめです。

ツアーのポイント/ Tour Point 

●快適なトレッキング

南海に浮かぶボルネオ島にそびえる名山キナバル山に登頂。登山道や宿泊設備はしっかり整備されていますので、4,000m峰ながら短期間での登頂が可能です。最高宿泊高度は3,300m付近ですので、高山病の心配もあまりありません。

●変化に富んだ登頂ルートを楽しむ

熱帯雨林の生い茂るジャングル、高所の灌木帯、そして頂上部には氷河の侵食によって創られた奇峰群・・・景色はめまぐるしく変わり、登山者を飽きさせません。
  • ドンキーズ・イヤー

    ドンキーズ・イヤー

  • 登頂者全員に発行される

    登頂者に発行される 名前入りの「登頂証明書」

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 スケジュール 滞在地
1 東京・大阪
コタキナバル
空路、東京(成田空港)・ 大阪(関西空港)・より、クアラルンプール乗り換え(または直行便)にてマレーシア・サバ州の州都コタキナバルへ。 ガイドの出迎えを受けホテルへ。

■成田/コタキナバル直行便利用
この日が月曜にあたる場合、成田発は直行便をご利用いただけます。
[ 成田(09:30発)/コタキナバル (15:00 着) ]
食事 朝:-  昼:-  夜:-
コタキナバル泊
2 コタキナバル
PHQ
ティンポホンゲート
3,300m付近の山小屋
専用車にてPHQへ。登山ガイドと合流後、混乗車にてティンポホンゲート(登山口、約1,860m)へ。
●3,300mの山小屋までの登り(5~6時間)
いよいよ登山開始。ジャングルの道を登り、標高3,300mの山小屋へ。 
食事 朝:○  昼:○  夜:○
3,300m付近の山小屋 :ラバンラタ・レストハウス泊
3

3,300mの山小屋

ローズ・ピーク
3,300mの山小屋
ティンポホンゲート
PHQ
コタキナバル

●キナバル山登頂(往復5~6時間)
早朝、山小屋を出発。山頂のローズ・ピーク(4,095.2m)にて御来光を待ちます。その後、山小屋へ戻ります。
●ティンポホンゲートへ下山(4時間~5時間)
朝食後、ティンポホンゲートまで一気に下ります。 着後、混乗車でPHQへ。昼食後、ガイドと共に専用車にてコタキナバルの空港へ。深夜発の直行便(00:50発)にて、空路、帰国の途につきます。

<オプショナル> ※日本ご出発前にお早目にお申込みください

■ホテル手配(デイユース)


コタキナバルに到着後から19:00まで、1部屋あたり追加料金2,800円にてホテルデイユースの手配が可能です。
食事 朝:○  昼:○  夜:-
機中泊
4 コタキナバル
東京

東京(成田空港)に到着(07:20着)。

■伊丹空港乗継便利用
大阪方面へお帰りのお客様は、復路・伊丹空港までの乗継便(追加料金3,000円)の利用が可能です。詳しくはお問合せください。
※お客様ご自身で成田空港から羽田空港まで移動していただく必要があります。

食事 朝:-  昼:-  夜:-
 
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝2/昼2/夜1:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:マレーシア航空
  • ※最少催行人員:1名
  • ※添乗員は同行しませんが、日程表記載のガイドがご案内いたします。

利用予定ホテル/ Hotel

 

3,300m付近の山小屋 ラバンラタ・レストハウス
コタキナバル スイスパラダイスホテル、チューンホテル
  • ※山小屋はドミトリー形式のお部屋となります。
  • ※上記の山小屋が満室の場合、ペンダントハット(山小屋)の手配も可能です。その場合、お1一人様6,000円の追加代金が必要となります。
  • ※上記以外の宿泊施設や、ホテル指定、延泊等をご希望の方はご相談ください。

コース難易度/ Difficulty

体力 A B C D 特別な登山技術は不要ですが、1泊2日という短期間でキナバル山を登頂します。富士山に登れる程度の体力が必要となります。
高度 A B C D 最高宿泊高度は3,300m、最高到達地点は4,095mです。山小屋や山頂付近では、頭痛などの軽度の高山病の症状が出ることがあります。
宿泊 山小屋泊 寝具が備え付けてあるため、寝袋は不要です。
荷物 日本からはスーツケースでご参加いただき、登山に不要な荷物は登山口に預けることができます。トレッキング中はデイパックをご用意ください。

出発日と料金/ Price

2017年1月~2017年11月 出発日
【下記の月・金曜出発】

東京発着
大阪発/東京着
01月01日(日)~03月31日(金) 142,900円
04月01日(土)~04月25日(火) 129,900円
04月26日(水)~05月05日(金) お問合せください 
05月06日(土)~07月13日(木) 129,900円
07月14日(金)~07月17日(月) お問合せください 
07月18日(火)~08月10日(木) 149,900円
08月11日(金)~08月14日(月) お問合せください 
08月15日(火)~09月14日(木) 149,900円
09月15日(金)~09月18日(月) お問合せください 
09月19日(火)~11月30日(木) 149,900円
12月01日(金)~ お問合せください
お1人部屋使用料(2名様以上でご参加の場合) 3,500円 (山小屋除く)
お1人参加の場合の追加料金(お1人部屋使用料含む) 30,000円
     
■コタキナバル ホテルアップグレード(1室 / 1泊あたり)
プロムナードホテル 7,500円
ジエッセルトンホテル 8,500円
ル・メリディアン コタキナバル 10,500円
  • ※表内の料金は、2名様で参加され、ツインルームを2名様で使用された場合の1名様の料金です。
  • ※3名様以上のグループ登山、コタキナバルで延泊されるプランなど、ご希望に応じてお見積もり手配させていただきます。
  • ※国際線のビジネスクラスをご希望の方はお問い合わせください。
  • ※地方発着の手配も可能です。日本各地/東京・大阪(往路)間の国内線の割引運賃がございますので、詳しくはお問合せください。

料金に含まれるもの/ Include

交通費 国際線エコノミークラス航空運賃
(東京・大阪/クアラルンプール/コタキナバル/東京  往復:マレーシア航空)
ガイド料金 コタキナバルの送迎ガイド(英語) 
※日本語ガイドをご希望の場合は9,000円の追加料金にて手配が可能です。
送迎費 コタキナバルの専用車、およびドライバー料金。 ティンポフォンゲート往復のバス料金。
見学料金 日程表記載の各見学地における入場料。
宿泊費 日程表記載の各地における宿泊料金、及び税金、サービス料。
登山・トレッキング費用 登山ガイド(英語)料金。
  • ※日本語登山ガイドをご希望の方は別途料金にて手配いたします。日本語登山ガイドは人数に限りがありますので、お早めにお問い合わせください。
食事料金 日程表記載の食事代(朝2/昼2/夜1 機内食除く)

料金に含まれないもの/ Not Include

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間は入国時に6ヶ月以上必要です。
空港施設利用料

成田空港:2,610円
関西空港:3,040円

海外空港税諸税

マレーシア:2,050円

燃油特別付加運賃

燃油特別付加運賃は不要です。

航空保険料

航空保険料は不要です。

個人的費用 洗濯代、電話・電報代、医療費、酒、果物、その他個人的性質の費用
ガイド・ドライバーへの
チップ
ガイド・ドライバーへのチップについては含まれておりませんので、適宜、現地にてお支払いください。
登山時のポーター 登山時にポーターをご希望の場合は、現地にて別途手配が可能です。
料金は、1日1kg当たり5ドル(チップ別)、
ポーター1人につき5キロまで荷物をお持ちします。
海外旅行保険料 別途、ご加入することをお勧めいたします。
  • ※上記の査証取得実費、海外空港税諸税、燃油特別付加運賃、および航空保険料は、2016年1月10日現在のもので、変更となることがあります。

ご案内とご注意/ Information

登山について 登山技術は特に必要なく海外登山の入門としてお勧めのコースですが、富士山を登頂できる程度の体力は必要です。
※ご希望の方は現地にて、別途ポーターの手配が可能です。
高山病について 高山病の心配はあまりありませんが、軽度の症状が出ることがあります。70歳以上の方は健康診断書をご提出いただき、弊社嘱託医の判定を受けていただきます。70歳未満の方もご心配な方や体調に不安のある方は健康診断を受けられることをお勧めします。また、ご参加の方全員に海外旅行保険のご加入をお願いしております。
宿泊施設について 登山中の山小屋はドミトリー形式の部屋となります。水シャワーのみで、シャワー・トイレは共同となります。また、夜は若干寒く感じることもありますので、寒さに弱い方は夏用の寝袋をお持ちになると良いでしょう。
渡航情報 2016年1月10日現在、当該地域には日本外務省からの危険情報は発出されておりませんが、更新情報や最新スポット情報などが出ている場合もございますので、出発前に必ずご一読の上ご参加ください。
外務省海外安全ホームページ
メールでのご予約・お問い合わせ お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行