秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 特集 > キナバル山の旅
キナバル山の旅(東南アジア独立峰の最高峰 キナバル山登頂)

キナバル山の魅力

  • Point1

    初めての海外登山に最適な4,000m峰

    トレッキングルートは整備されていますので、景色を楽しみながら快適に歩くことができます。頂上近くでは岩場を歩くところもありますが、難しい場所にはロープや鎖が張ってあります。

  • 日本からのアクセスの良さ
  • Point3

    変化にとんだ独特な景観

    キナバル山の登頂ルートは変化に富み、登山者を飽きさせません。鬱蒼と生い茂るジャングルを歩き始め、灌木帯、そして頂上部の岩場まで景色はめまぐるしく変わります。

  • 初めての海外登山に最適な4,000m峰
  • Point2

    日本からのアクセスの良さ

    コタキナバルへは、関西空港からの直行便や日本各地から出発できる経由便も飛び、4日間の短い期間でキナバル山に登ることもできます。

  • 変化にとんだ独特な景観

写真で見るキナバル山登頂

 赤道近くに位置するキナバル山は高さによって植生がガラリと変わる、ユニークな山です。スタート地点ではジャングルでも、登るにつれ灌木帯、岩山と風景が様変わりします。ジャングルでは熱帯植物が生い茂り、鬱蒼とした雰囲気が漂います。ランなど珍しい植物を探しながら歩けば、つらい登りもあっという間です。灌木帯ではウツボカズラをよく見かけます。山を知り尽くしたガイドに探してもらいましょう。



トレッキングルート

PHQ(国立公園事務所)
PHQ(国立公園事務所)
レストランのある建物ロビー
レストランのある建物ロビー
ネペンサス・ヴィラ
ネペンサス・ヴィラ
ネペンセスベッドルーム
ネペンセスベッドルーム
自然の中のロッジで過ごすのもおすすめ
自然の中のロッジで過ごすのもおすすめ
ヒル・ロッジ
ヒル・ロッジ

PHQ(国立公園事務所)には敷地内に数タイプの宿泊施設があります。PHQからもキナバル山が展望できます。

トレッキングルート

PHQ(国立公園事務所)から望むキナバル山
PHQ(国立公園事務所)から望むキナバル山
 ティンポンゲート
ティンポンゲート
整備された登山道を登りはじめます
整備された登山道を登りはじめます
進むにつれ植生が変化していきます
進むにつれ植生が変化していきます
キナバル・バルサム
キナバル・バルサム
着生ラン
着生ラン

キナバル山登頂の拠点PHQ(国立公園事務所)から、パワー・ステーション(発電所)へ、バスで約30分。ここから登山開始です。整備された登山道を登り、豊かなジャングルの中へ。山小屋までは休憩を取るシェルターが7箇所あります。 ラヤンラヤン・シェルターを越えるとジャングルが終わり、植生に変化が見られます。ここまで来れば山小屋までもうひとふんばり。

トレッキングルート

ラバンラタ・レストハウス
ラバンラタ・レストハウス
キナバル山の下山時に見える山小屋
キナバル山の下山時に見える山小屋
登山客が集うラバンラタのレストラン
登山客が集うラバンラタのレストラン
ラバンラタの室内の様子
ラバンラタの室内の様子

山小屋はいくつかありますが、一番大きく設備が良いのがラバンラタ・レストハウスです。ここにはレストランも併設されており、他の山小屋に宿泊の登山客もここで食事をとります。

トレッキングルート

3,600m付近の登山道
3,600m付近の登山道
サヤサヤ小屋手前
サヤサヤ小屋手前
ドンキーズ・イヤーを見ながら
ドンキーズ・イヤーを見ながら
ローズピークを目指して
ローズピークを目指して
山頂・ローズピーク(4,095m)
山頂・ローズピーク(4,095m)

山頂で日の出を見るためには、夜中2時頃に山小屋を出発します。真っ暗な中、ヘッドライトや月明かりを頼りに岩山を登ります。山頂からのご来光と、眼下に広がるパノラマを見れば、上りの疲れも吹き飛びます。

トレッキングルート

ドンキーズ・イヤー(ろばの耳)
ドンキーズ・イヤー(ろばの耳)
キナバル・サウス
キナバル・サウス
眺めを楽しみながら下山
眺めを楽しみながら下山
下山途中にあるサヤサヤ小屋
下山途中にあるサヤサヤ小屋
下山の様子
下山の様子
山小屋へ到着
山小屋へ到着

山頂から山小屋への帰路。日が昇り、キナバル山の雄大な景色が眼下に広がります。周囲の奇岩群を眺めながら、ゆっくり下山します。

トレッキングルート

マシラウルートの様子
マシラウルートの様子
道中に見かけたウツボカズラ
道中に見かけたウツボカズラ
道中に見かけたウツボカズラ
道中に見かけたウツボカズラ
マシラウルートの尾根から望むキナバル山頂付近
マシラウルートの尾根から望むキナバル山頂付近
マシラウルートの様子
マシラウルートの様子
マシラウ・ネイチャー・リゾートのロッジ
マシラウ・ネイチャー・リゾートのロッジ
マシラウ・ネイチャー・リゾートのレストラン
マシラウ・ネイチャー・リゾートのレストラン
お昼ご飯の一例
お昼ご飯の一例
国立公園事務所で発行される「登頂証明書」(左:登頂証明書、右:マシラウルート完歩証)
国立公園事務所で発行される「登頂証明書」(左:登頂証明書、右:マシラウルート完歩証)

下山は植生豊かなマシラウルートの利用がおすすめです。登山客も少なく、鬱蒼としたジャングルは迫力満点です。ルート上ではウツボカズラもよく見かけます。下山後はマシラウ・ネイチャーリゾートでリゾートロッジ滞在もお楽しみいただけます。
西遊旅行のツアーでは、下山にマシラウルートを利用するコースを多数取り扱っております。

トレッキングルート
  • PHQ(国立公園事務所)
  • PHQ(国立公園事務所)~山小屋
  • 山小屋(ラバンラタ・レストハウス)
  • 山小屋~キナバル山頂
  • キナバル山頂~山小屋
  • マシラウルート


気候と持ち物

  • キナバル山の気候

    キナバル山の気温と降水量

    キナバル山の気温 この地域は熱帯雨林気候に属し、気温は年間を通じて最低気温20度~最高気温35度前後となります。山麓のPHQでは日中25度前後で、長袖シャツ1枚程度で過ごせますが、朝夕や天気の悪い日は18~20度くらいまで下がります。登山中は高度が上がるにつれ気温が下がり、山小屋(3,300m付近)に到達する頃には12~15度位になります。ローズ・ピーク登頂時は、早朝からの行程になりますので、フリースやセーター、ウインドブレーカー等の十分な防寒着をご用意下さい。夜明け前の頂上付近では0℃近くまで冷え込み、風が強いこともあります。

    キナバル山の降雨マシラウのジャングル 雨が多い地域ですので、登山中は上下セパレート式のしっかりとした雨具を必ずお持ち下さい。11月~2月は雨期にあたりますが、 雨期の間もスコールが多い程度で一日中降り続く事はまれです。

  • キナバル山の持ち物

    西遊旅行のコースでは、原則としてポーターが5キロまでの荷物を運びます。お客様は、雨具、防寒具、水筒などを入れたザックのみで歩くことができます。

    キナバル山の衣類 防寒着(厚手のフリース、セーター、ヤッケ等)
    ウインドブレーカー(雨具併用可)
    防水の効いたトレッキングシューズ又は軽登山靴
    帽子(日よけ用、防寒用)
    雨具(折りたたみ傘及び上下セパレート式の合羽)
    手袋又は軍手

    キナバル山の雑貨 日焼け止めクリーム
    リップクリーム
    薬(整腸剤、風邪薬、乗り物酔い用、持薬、頭痛薬)
    水筒(1~2リットル)
      ※高山病予防に大量の水分を摂取するよう心がけて下さい

    ヘッドランプ(予備電池、予備電球もお忘れなく)
    バッグ類(登山中、ポーターに預ける物)
    小ザック(ご自身で背負うもの)
    トイレットペーパー、ウェットティッシュ
    洗面用具(電気カミソリは電池式のものを)
    行動食(チョコレート、飴等)
    ビニール袋(防水用、登山中のゴミ袋として)
    タオル(山小屋にはお備え付けございません)
    筆記用具
    蚊取線香・虫除け(ガス式でないもの)

    キナバル山のその他、あると便利なもの カメラ(フィルム・フラッシュ・予備電池)
    目覚まし時計, 地図, ストック
    サングラス, サンダル, カイロ




キナバル山ツアー一覧

キナバル山添乗員同行ツアー一覧


キナバル山個人旅行一覧

東京発着 マレーシア航空直行便利用 4日間で行く!
マレーシア最高峰キナバル山(4,095.2m)登頂
4日間
短期間で登れる東南アジア独立峰の最高峰、ジャングルを通り抜け、奇峰そびえる迫力の山頂へ!2013年10月下旬より東京/コタキナバル直行便が運航再開!

12.9万円~14.9万円

5日間で行く!
マレーシア最高峰キナバル山(4,095.2m)登頂
5日間
短期間で登れる4000m峰!ジャングルを通り抜け、奇峰そびえる迫力の山頂へ!最短5日間の登頂プランです。お休みを取るのが難しい方へおすすめのコースです。 

13.5万円~15.5万円

ゆったりキナバル山(4,095.2m)登頂6日間
6日間 山小屋2連泊
東南アジア独立峰の最高峰キナバル山に登頂。往路と復路で違うルートを歩き、登山の内容にこだわったゆったりプラン。初めての海外登山としてもおすすめのコースです。

15.9万円~17.9万円

ゆったりキナバル山(4,095.2m)登頂
とボルネオ紀行7日間
8日間 山小屋2連泊 観光付き
山小屋2泊のゆとりの登頂プラン。登山の後は、ボートクルーズ、オランウータン見学、こだわりのロッジ滞在!

19.8万円~21.8万円