新疆ウイグル自治区博物館・天池・風力発電所等のウルムチ(烏魯木斉)とその郊外の見どころをご紹介

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > シルクロードの旅 > シルクロードみどころMAP > ウルムチ(烏魯木斉)とその郊外
ウルムチ(烏魯木斉)とその郊外
新疆ウイグル自治区の首府。天山山脈の北麓、ジュンガル盆地の南端に位置する標高924mの都市。
人口208万人、漢民族のほかにもウイグル族、回族、カザフ族、モンゴル族など49の少数民族が暮らしています。現在、ソウル、イスラマバードや中央アジア諸国とも国際航路が結ばれ、国際都市としても発展してきたシルクロード探訪の拠点となる町です。
都会へと発達したウルムチの町並み
都会へと発達したウルムチの町並み
新疆ウイグル自治区博物館
天池
風力発電所
新疆ウイグル自治区博物館
チェルチェン郊外のザグンルク墳墓から発見された男性のミイラ 2005年9月20日に再オープンした地上2階建て、広さ17,288㎡、4万点を越える文物を所蔵する新疆ウイグル自治区最大の博物館。
少数民族の衣服や住居など展示する「民俗陳列庁」、石器時代から現在まで文物を時代に沿って展示する「歴史陳列庁」、タクラマカン砂漠周辺から出土したミイラ(楼蘭の美女など)を主に展示する「ミイラ陳列庁」など見ごたえ十分な博物館です。

写真は、チェルチェン郊外のザグンルク墳墓から発見された男性のミイラ。非常に保存状態が良く、膝をまげて埋葬する当時の風習がうかがえます。

天池
ウルムチ市内から北東に110km。ウイグル語で「聖なる山」を表すボゴダ峰(5,445m)の中腹の標高1,980mにある高山湖。
万年雪のボゴダ峰の白と湖のエメラルドグリーンのコントラストが非常に美しく、「中国のスイス」とも呼ばれ中国全土からの観光客で賑わっています。景観保護のため駐車場からは循環バスかロープウェイを利用することになりますが、「小天池」と呼ばれる小さい湖やカザフ族のパオを眺めながらだとあっという間に天池に着きます。
天池では馬や遊覧船に乗ったり、カザフ族の民族衣装を着ることも出来ます。
天池

風力発電所
風力発電所 新疆ウイグル自治区では、あちこちで風力発電所が見られ、ウルムチからトルファンに向かう道の途中にも大規模な風力発電所地帯があります。この地域は山に挟まれ年間を通じて強い風が吹く場所として有名で、風車は400台以上あります。
新疆ウイグル自治区では石油の埋蔵が確認されていますが、中国はエネルギー不足の解消のため、風力発電とその開発に力を入れています。

みどころMAP