マリクワト遺跡・白玉河・玉・ホータンの絹等のシルクロード・ホータン(和田)の見どころをご紹介

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > シルクロードの旅 > シルクロードみどころ(観光)MAP > ホータン(和田)
ホータン(和田)
ホータンはタクラマカン砂漠と、その南を東西に延びる崑崙山脈とに挟まれたシルクロード上のオアシス都市。ホータン王国(ウテン国)は西暦56年から1006年の間に存在した仏教王国で、法顕や玄奘などの中国僧も訪れています。その後11世紀始めにイスラムの侵攻を受けてその支配下に入ってから住民もイスラム化してきました。
またホータン北方のタクラマカン砂漠にあるダンダンウィリク遺跡で、ホータン王に嫁いで来た中国の王女が、髪の中に蚕の卵を隠していたと見られる壁画が発見されていることから、中国以外で絹が生産された初めての場所とされています。
ホータンの町のはずれの砂漠で
ホータンの町のはずれの砂漠で
マリクワト遺跡
白玉河・玉
ホータンの絹
マリクワト遺跡
ウイグル族のロバ車で訪れるマルクワト遺跡 ホータン市の南25km。漢代から唐代にかけてのウテン国の都跡で、南北1.5km、東西800mの規模をもつ遺跡。
地上には陶器片が散乱していますが、日乾しレンガで建てられた遺跡はあまり現存していなく、伽藍跡と考えられる建物が確認できるにすぎません。
遺跡の周囲はゴビが広がっていますので、遺跡の入り口からはロバ車に乗り換えて訪れます。
ウイグル族のロバ車で訪れるマルクワト遺跡 ウイグル族のロバ車で訪れるマルクワト遺跡
ウイグル族のロバ車で訪れるマルクワト遺跡

白玉河・玉
市内の東側にはユルンカシュ(白玉河)、西側にはカラカシュ(墨玉河)が流れ、ホータンの北で合流してホータン河となります。
白玉河では南の崑崙山脈から雪解け水とともに運ばれてくる白玉が発見されています。中国人は古来より玉を珍重し、印章(玉璽)、祭儀用の器、楽器、装飾品などに使われてきました。白玉探しはマリクワット遺跡近くを流れる白玉河で体験できます。
白玉河

ホータンの絹
ホータンのシルクの絣
ホータンのシルクの絣
ホータンは2000年以上前から養蚕が盛んな地です。7世紀に玄奘が書いた大唐西域記の中でホータンの伝説について記しています。
昔、ホータンは貧しい街でした。ホータンの王は、国の発展について考えます。そして、シルクロードを行き交う隊商が、絹織物を運んでいることに気がつきました。ホータンの王は、遥か東の絹の技術を持つ国の女性と婚約します。王は彼女に、「絹の技術を教えてもらえないでしょうか?」と密かに頼み、彼女は悩んだ末、国の禁を破って、ひそかに蚕と桑の種を持ち出し、ホータンへその技術を伝えたといわれています。
繭から絹糸をとる
繭から絹糸をとる
機織作業
機織作業
みどころ(観光)MAP