ダンダンウィリク(丹丹鳥里克) 遺跡の見どころをご紹介(シルクロード)

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > シルクロードの旅 > シルクロードみどころ(観光)MAP > ダンダンウィリク
ダンダンウィリク
幻の王国・楼蘭への旅 ダンダンウィリク ダンダンウィリク遺跡 ラクダのキャラバン キャンプの様子
ダンダンウィリク

タクラマカン砂漠の奥深くに残るダンダンウィリクは、シルクロード学の原点ともなった古代仏教都市の遺跡。古代ウテン王国の重要な町として唐代には「傑謝」と呼ばれ、東西約2km、南北約10㎞の範囲内に寺院や住居跡など数多くの遺構が分布し、8世紀に放棄されたものと推測されています。スウェーデンの探険家ヘディンにより1896年に発見され、1900年にイギリスの探検家スタインが発掘調査を行いましたが、あまりにも砂漠の奥地に位置するため、本格的な調査はさらに100年以上の月日を待たなければなりませんでした。

2002年より日本の佛教大学、新疆ウイグル自治区文物局、新疆文物考古研究所による「日中共同ダンダンウィリク遺跡学術研究プロジェクト」が開始され、4回にわたる本格的な調査が行われました。次々と出土した壁画は内容・量・質ともに優れ、アジア古代美術史の研究に欠かせない非常に価値の高いものばかりです。特に2002年に発掘された「西域のモナリザ」と名付けられた壁画には法隆寺金堂旧壁画を思わせる「鉄線描」の様式が見られるとされています。

7世紀にホータンを中心に開花した佛教美術、そしてはるか日本へと至る仏教東漸の鍵を握る貴重な遺跡として、今後のさらなる全貌解明が待たれます。


ダンダンウィリク遺跡

ダンダンウィリク遺跡はスタインの報告書「古代のホータン」によってD1からD19まで建物跡として17箇所登録されています。また、「日中共同ダンダンウィリク遺跡学術研究プロジェクト」に於いては、スタイン発掘の建物跡との区別のため「策勒(CHIRA)県ダンダンウィリク」を略して「CD1、2」と名付け遺構が整理調査されています。

●CD1住居跡
建物跡。柱が林立し、壁の一部が残されています。
柱が林立する遺跡全景
柱が林立する遺跡全景
砂に埋もれた建物跡
砂に埋もれた建物跡
葦で作られた壁が残る
葦で作られた壁が残る
●CD3住居跡
壁に簡単な壁画が発掘された建物跡。多くの陶器や石皿などが散布していました。
残された柱
残された柱
残された柱
残された柱
柱に残された彫刻跡
柱に残された彫刻跡
●CD4寺院跡
「西域のモナリザ」と名付けられた壁画が発掘された寺院跡。
遺跡は砂の中
遺跡は砂の中
崩れた壁の破片
崩れた壁の破片
崩れた壁と仏像の一部分
崩れた壁と仏像の一部分
●CD10、11、12寺院跡
隣接する寺院跡。寺院の下部分は砂の中に埋もれ、上部の柱が砂の上に現われています。
CD10
CD10にて
CD11
CD11にて
CD12
CD12にて
●CD17、18、19住居跡
住居とともにかまどの跡や家畜小屋が残ります。
CD17住居跡に残る柱
CD17住居跡に残る柱
CD17家畜小屋跡
CD17家畜小屋跡
CD18にて
CD18にて
CD19胡桃の木の茶碗や陶器
CD19胡桃の木の茶碗や陶器
CD19住居跡
CD19住居跡

ラクダのキャラバン隊でダンダンウィリク遺跡へ

タクラマカン砂漠の奥深くに位置するダンダンウィリク遺跡までは、砂漠専用車など特別な車でも行くことが出来ません。ラクダに乗って約2日間。テントや食料、飲料水など全てラクダに乗せて、キャラバン隊を組んで進みます。

ラクダとラクダ引きの少年
ラクダとラクダ引きの少年
鞍をつけたラクダ
鞍をつけたラクダ
食料を入れた荷物箱を運ぶ
食料を入れた荷物箱を運ぶ
ラクダは5匹ずつほど紐で繋ぎ進んで行きます
ラクダは5匹ずつほど紐で繋ぎ進んで行きます
休憩中のラクダ
休憩中のラクダ

キャンプの様子

ダンダンウィリクツアーでのキャンプの様子をご紹介します。

台所・食堂テント
台所・食堂テント
テントはお一人様一張り
テントはお一人様一張り 
手作り餃子の夕食
手作り餃子の夕食
みどころ(観光)MAP