世界遺産のロータス・フォート、アレキサンダー大王の時代に発見されたケウラ・ソルト・マイン(塩の鉱山)の見どころをご紹介

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > パキスタンの旅 > パキスタンみどころ(観光)MAP > ロータス・フォートとケウラ・ソルト・マイン

ロータス・フォートとケウラ・ソルト・マイン(岩塩鉱山) ROHTAS FORT & KEWRA SALT MINES

イスラマバードから日帰り観光できる場所に、16世紀に建設された世界遺産のロータス・フォート、アレキサンダー大王の時代に発見され現在も採掘がつづくケウラ・ソルト・マイン(塩の鉱山)があります。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ロータス・フォート

ムガール帝国時代、第2代皇帝フマユーンに勝利し、短期間帝国を奪取したパシュトゥーン系の王 シェール・シャー・スーリ(Sher Shah Suri)が建てた要塞。 彼は1539年から1545年までの短い間の支配者でしたが、カブールからアグラ、そしてカルカッタまでの「王の道」グランド・トランク・ロードを整備し、その要衝にロータス・フォートのような要塞を建設、軍の強化、行政の整備も含めムガール帝国の基礎となる多くを築きました。 ロータス・フォートは1540年から10年かけて完成となりましたが、その時シェール・シャー・スーリは既に亡くなっており、その後の後継者争いの中でムガール帝国第3代皇帝アクバルが継承しました。ロータス・フォートは1997年ユネスコの世界遺産に登録されています。

ソハール門
ソハール門
シェール・シャー・スーリの時代の建築の特徴が良く見られます。高さ21m、二重構成の門は重厚で、バルコニー部分には美しい装飾が見られ、軍事的にも建築としても優れています。
ハヴェリ・マン・シンのパビリオンと
ハヴェリ・マン・シンのパビリオンと
チャンドワリ門
アクバル帝の信頼を得、1614年に亡くなった将軍にちなんで建てられた宮殿。当時のインド建築の装飾が見られます。
バオリ(階段井戸)
バオリ(階段井戸)
石灰岩の土地を切り出して作られた階段井戸。この地域では水が大変貴重でここに暮らした貴族もここで沐浴したといいます。
  • カハーン渓谷を支配したロータス・フォートの要塞
  • ソハール門
  • シャーヒー・モスク
  • シャーヒー・モスク外壁

ケウラ・ソルト・マイン(ケウラ岩塩鉱山)

イスラマバードより160キロ、ラホールより260キロのジェルム地区に位置する岩塩鉱山。長さ300キロ、幅8~30キロにのびる「塩の山脈」の中心地。
紀元前326年、ケウラより35キロのジェルム川河畔でラジャ・ポルスと戦っていたアレキサンダー大王の軍の馬が岩塩をなめたことが、この岩塩の鉱山の発見につながったと言われています。 その後も地元の人々によって細々と採掘が続けられていましたが、1849年、この地域がイギリス領インドに併合されてからはイギリスの支配下で採掘が進められ、1872年にはイギリスの専門家により岩塩の埋蔵部へのメイントンネルの開掘、新しい技術導入がなされました。
白色、ピンク色の美しい塩を採掘するケウラ岩塩鉱山は、トロッコによって見学できるパキスタン人にも人気の観光スポットとなっています。
採掘された塩
採掘された塩
岩塩のまま、砕いて粉上にしたもの、おみやげ物用に加工された塩まで様々なタイプの塩があります
  • トロッコに乗って鉱山の内部へ
  • 塩のトンネル
  • 塩のモスク
  • 鉱山内トロッコ乗車場にあるカフェ