バードシャヒー・モスク・ラホール・フォート・ラホール博物館・シャリマール庭園・ワガ国境等、ラホールの見どころをご紹介

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > パキスタンの旅 > パキスタンみどころ(観光)MAP > ラホール

ラホール LAHORE

パンジャーブ州の州都にしてパキスタン第2の都市。ラホールの語源は「loha(鉄)」で、古代鉄壁な防御を誇る町があったと言われています。中世にはアフガニスタンのガズニ朝の都となりました。
16世紀にはムガル朝の都として繁栄し、この時代に建てられた壮大な建築物バードシャヒー・モスクやラホール・フォートが今も残されています。
現在ラホールはパキスタンの文化・芸術の中心地です。 インドとの国境へも車で約1時間。両国の「雪解け」を感じる町でもあります。 日本からはタイ航空がバンコク乗り換えで就航。その他のパキスタンの主要都市からも航路が開かれています。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

バードシャヒー・モスク

ラホールの象徴といえるモスク。17世紀後半、ムガル朝第6代皇帝アウラングゼーブが建設しました。中央の広場は一辺160mほどになり、一度に10万人の人が礼拝できるほどの規模を誇ります。モスクは赤砂岩で建てられていますが、これは別名ピンク・シティと呼ばれるインドのジャイプールから運ばれたもので、当時のムガル帝国の繁栄が伺えます。広場の南にはパキスタンの独立を提唱したアッラーマ・イクバール(哲学者・詩人)の廟があります。
  • モスク内部
  • モスク正面入り口
  • ラホールフォートのナウカラーから見たバードシャーヒーモスク

ラホール・フォート(ラホール城)

ムガル帝国の第3代皇帝アクバルがラホールを都とし、壮大なラホール・フォートの建築を開始。その後、歴代皇帝により建築が重ねられ拡張していきました。 内部には王族の宮殿、謁見所、女王の宮殿シーシュ・マハル、大理石と90万個の宝石(または90万ルピー(当時)がかけられたともいわれています)で装飾された小宮ナウラカなどがあり、当時の栄華を偲ぶことができます。
  • ラホール・フォート内部
  • ナウラカの細かい装飾
  • 段差の低い階段は馬に乗ったまま昇れます

ラホール博物館

パキスタンで一番展示の整った立派な博物館。入り口から両サイドに展示室が広がります。インダス文明、ガンダーラ美術、イスラム文化、民俗など、テーマごとに展示されています。 この博物館で有名なのがガンダーラ美術の傑作といわれる「断食する仏陀像」です。
  • ラホール博物館
  • 有名な断食する仏陀像
  • 整った展示室
  • 仏陀(釈迦)の誕生のレリーフ

シャーリマール庭園

ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハンにより王族の保養地として造られた庭園。ペルシア様式のテラスや運河により運ばれた水を利用した噴水があり、当時の技術の高さに驚かされます。緑豊かな庭園で、暑いラホールにあってパキスタン人の家族が訪れる憩いの場になっています。1981年にユネスコの世界遺産に登録されています。
  • シャリマール庭園
  • シャリマール庭園

ワガ国境

ラホールから東へ1時間。インドとの国境ワガでは毎日、日没時に両国の国旗を降ろす「フラッグ・セレモニー」が行われます。 両国民が観客席からそれぞれの国を称える言葉を叫びます。さながら国境での応援合戦。パキスタンでは観客は男女別に観客席に入ります。言葉では表現できない興奮したセレモニーです。是非、体験してみてください。
>>インドの見どころ・ワガー国境
  • フラッグ・セレモニーの会場の様子
  • インドとの国境ワガ