カラコルム山脈・ヒマラヤ山脈・ヒンドゥークシュ山脈等、パキスタンの山の見どころをご紹介

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > パキスタンの旅 > パキスタンみどころ(観光)MAP > パキスタンの山~カラコルム山脈・ヒマラヤ山脈・ヒンドゥークシュ山脈~

パキスタンの山~カラコルム山脈・ヒマラヤ山脈・ヒンドゥークシュ山脈~KARAKORAM RANGE / HIMARAYA RANGE / HINDUKUSH RANGE

パキスタン北部はカラコルム山脈・ヒマラヤ山脈・ヒンドゥークシュ山脈の3つの山脈が走り、世界第2の高峰K2をはじめとし、名だたる名峰が連なる世界でも有数の山岳地帯です。 パキスタンの山を歩くベストシーズンは6月~9月。シーズンには世界中のトレッカーと登山家で賑わいます。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

カラコルム山脈

パキスタン、インド、中国の3カ国の国境に位置するのがカラコルム山脈です。カラコルム山脈には、世界第ニ峰のK2を初め標高7,000m以上の山々が60座以上も存在しています。カラコルムはトルコ語で、「黒い砂利」という意味で、その名の通り、世界最大の氷河地区で真っ白い氷河もありますが、瓦礫に覆われた黒い氷河が特徴的です。代表するものとしては、カラコルム山脈中央部にあるパキスタンの「バルトロ氷河」があります。長さは約70kmにもなり、標高4,700mのコンコルディアでK2から流れるゴッドウィンオースチン氷河ととぶつかり西へ流れていきます。トレッキングルートも無数に広がっています。

代表的なトレッキングコース 

・K2大展望バルトロ氷河トレッキング
・ゴンドゴロ・ラ(峠)越えトレッキング
・ビアフォー・ヒスパー氷河トレッキング
・ラシュファリピーク登頂
・ディラン、ラカポシBCトレッキング
>>西遊旅行の添乗員同行トレッキングツアー一覧
  • ゴンドゴロ・ラ(峠)より望むK2(中央)、右にブロードピーク
  • マチュルー・ラ(峠)から遠くに望むK2の頂
  • パキスタン軍ヘリMI17より望むK2、エンゼルピーク、ゴッドウィンオースチン氷河
  • バルトロカンリ、スノードーム、チョゴリサレンジ
  • カラコルムの怪峰 ムスターグタワー
「K2」世界第2位峰 標高8,611m

「K2」世界第2位峰 標高8,611m

不安定な天候、急傾斜が多いことからエベレストより登頂が困難な山として知られています。2006年東海大学山岳部登山隊の小松由佳さんが日本人女性で始めて登頂し、その年の植村直巳冒険賞も受賞したことは記憶に新しいでしょう。 インドの測量隊が1856年からカラコルムの測量を初めた際、無名の山々にK1、2などと名前を付けていきました。その後、他の山は別名が付けられたりしましたがK2はその名前が残っています。中国名では「チョゴリ」と呼ばれています。ちなみにK1はマッシャーブルム、K3はブロードピークです。 K2の展望地としては、コンコルディア、ゴンドゴロ・ラ(峠)が有名です。また少し遠くなりますがマチュルー・ラ(峠)からも展望ができます。

「ブロードピーク」世界第12位 標高8,047m

「ブロードピーク」世界第12位 標高8,047m

K2より約8kmに位置する山。元来はK3と呼ばれていましたたが、
山頂の幅が1.5kmにも及ぶことから「広い頂」を意味するこの名前が付けられました。
「ガッシャーブルⅣ」標高7,995m

「ガッシャーブルⅣ」標高7,995m

コンコルディアから最も大きく美しく見えるのがガッシャーブルム山群の中のⅣ峰です。
ガッシャーブルムはチベット語は、「輝く峰」という意味を持ちます。
「K1」マッシャーブルム 標高7,821m

「K1」マッシャーブルム 標高7,821m

イギリスの測量隊によりカラコルムの1号峰として名づけられましたが、地元の人々にはマッシャーブルムと呼ばれている山。バルトロ氷河の南にあり、コンコルディアを目指すトレッキング中に展望できるほかフーシェ谷からは1泊2日でベースキャンプに行くことができます。
ラカポシ 標高7,788m

ラカポシ 標高7,788m

フンザのほとんどの場所から展望することができるカラコルム山脈西部の山。
歩かなくてもカラコルム・ハイウェイ沿いの村から展望することができる7,000m峰です。
麓のミナピン村からは高度順応を含めて1泊2日でミナピン氷河広がるベースキャンプへ行くことができます。
ラシュファリピーク 標高5,098m

ラシュファリピーク 標高5,098m

フンザ方面から登頂できるカラコルムの5,000m峰。
ピークからはゴールデンピーク、マルビティン、レディーフィンガー、フンザピーク、ウルタルⅠ峰、Ⅱ峰、ヒスパー・ムスターグ群などの山々が360度展望できます。快晴であれば遥か彼方にK2も見えます。ピークまでたったの3日で登頂できるのも魅力の一つです。

ヒマラヤ山脈

言わずとしれた世界最大の山脈がヒマラヤ山脈です。ヒマラヤ山脈と言えば、ネパールのエベレスト街道の山々が初めに連想され、標高8,000m級のピークを含む地球上で最も高い14のピークが存在し、7,000m級の山々は100以上も存在します。 東は中国からインド、さらにはパキスタンまで広がっています。
インダス川がカラコルム山脈とヒマラヤ山脈の境界となり、インダス川の南に位置する世界第9峰のナンガパルバットはパキスタン・ヒマラヤに属しています。
  • フェアリメドウから望むナンガパルバットの山塊とライコット氷河
  • カラコルム・ハイウェイから望むナンガパルバットとインダス川
  • スカルドゥへの国内線から見たナンガパルバット
  • 満月に照らされたナンガパルバット
「ナンガパルバット」世界第9位 標高8,126m

「ナンガパルバット」世界第9位 標高8,126m

名前の由来は、サンスクリット語で「裸の山」という意味でその近辺に他の山がない独立峰ゆえに付けられた名前です。北面の有名な展望地はフェアリーメドウ(別名メルヘンビーゼ)。
眼前にライコット氷河とナンガパルバットを展望するわずか3時間ほどのハイキングで到着できる展望地です。南側のルーパル壁は、標高差4,800mと世界屈指の難所壁で登頂も難しいことから「魔の山」として登山家からも恐れられています。麓のヘルリヒッコッファーB.C.から見上げる高度差4,500m以上の氷壁は圧巻です。また、8,000峰mとしては自動車道のカラコルム・ハイウェイからも壮大な展望が広がる珍しい山です。

ヒンドゥークシュ山脈

アフガニスタンの北東からパキスタン北西に広がる1200kmにわたる山脈がヒンドゥークシュ山脈です。 ヒンドゥークシュとは、ペルシア語で「インド人殺し」を意味し、インド人の奴隷がかつてペルシアに抜ける際にこの山中の険しさから何人も亡くなったことに由来していると言われています。
ヒンドゥークシュ山脈の最高峰はティリチミール(7,708m)でチトラール付近から展望することができます。
アフガニスタン・ヒンドゥークシュの最高峰はノシャック(7,492m)で、パキスタンのザニ峠や、タジキスタンのイシュカシムから望むことができます。
  • ザニ峠手前からの展望
「ティリチミール」標高7,690m

「ティリチミール」標高7,708m

ヒンドゥークシュの最高峰でパキスタンのチトラルやカラーシャの谷への入り口となるアユン、ザニ峠から展望できる山。 地元の伝説によると山に住む悪霊の呪いで登頂するのが困難と言われています。