秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > ネパールの旅 > トレッキングのシーズン
トレッキングのシーズン

ネパールでは目的によってトレッキングの季節が分かれます。

雄大な山の姿を見ることができる季節、美しい花々をめでることができる季節について、それぞれご紹介します。

  山の季節   花の季節
山の季節
11月のダウラギリⅠ峰とアイスフォール
11月 ダウラギリⅠ峰
時期を考えることは、重要なポイントのひとつです。乾季にあたる9月末から5月初めが一般的なベストシーズンといえます。

●9月末

年によっては雨季が明けきらずに雨が降ることもあります。

●10月~11月

梅雨明けの、トレッキングに最も良い時期です。晴天が続き、空気も澄んでいて山がはっきりとみえるようになります。暑くもなく寒くもない歩きやすい時期です。

午後雲の出始めた○○○
3月 午後に雲の出始めた
アマダブラン

●12月~2月

高度の高いところでは寒さが厳しくなります。3,000m付近では雪が降ります。

 

●3月

この頃になると、朝はまだ空気が澄んでいて山は見えますが、午後になると山はかすんできます。夕方から夜にかけて雷を伴って強い雨が降ることもあります。

●4月~5月

徐々に山の見える時間が短くなってきます。逆に夕方から夜にかけて雨の降る確率が増えてきます。日中は気温も上がるようになります。

●5月下旬~9月初め

雨季のこの時期は、山は厚い雲の中に隠れてしまいます。高度の低いところでは山ヒルにも悩まされます。運がよければ雲の切れ間から山が見えることもありますが、確率はよくありません。

ムスタンやジョムソムなど7,000m~8,000m峰の北側にあたる地域では雲がこれらの山々を超えられないため、雨はあまり降りません。天気のことですので「絶対」ではありません。晴れていても山に雲がかかると見えなくなってしまいます。乾季でも雨や雪が降ることもあります。世界的な異常気象がヒマラヤ山麓にも影響を与えているようです。

花の季節
山を見るなら乾季の頃が良いですが、花を見るためとなると、時期の選び方は変わってきます。

●山と花の両方を楽しむなら…

トレッキングの道
3月:ゴラパニから見るダウラギリ

山と花の両方を楽しむなら3月末から4月初めのゴラパニ
ここから見るネパールの国花「シャクナゲ」ロードデンドロン・アルボレウム(ネパール名ラリグラス)の林がその花で真っ赤に染まる光景には息をのみます。

 

●高山植物を多く見るなら…

ブルーポピーの愛称で知られるヒマラヤ固有のメコノプシス・ホリデュラをはじめとする赤、黄、紫、白色などの各種ポピーや、30種以上の色とりどりのサクラソウリンドウ、キク科、バラ科、アヤメ科、ラン科、ユキノシタ科、ユリ科など多くの高山植物を見るなら7月半ば~8月初めのランタン谷やゴーキョ。

高度3,500m~4,500mの谷あいの雪解け水をたっぷり含んだ草原は、一面のお花畑となります。さらに高所ではヒマラヤ独特の珍しい花、サウスレア・ゴシピフォラ(和名ワタゲトウヒレン)やサウスレア・オヴァラータ(和名ボンボリトウヒレン)、レウム・ノビレ(和名セイタカダイオウ)も見られます。

 
▲ページトップへ