秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > 中近東の旅 > ヨルダンの旅 > ヨルダン基本情報

ヨルダン基本情報

基本情報/ Basic information

正式名称

ヨルダン・ハシミテ王国 Hashemite Kingdom of Jordan

面積

8.9万㎢

人口

約648万人(2013年)

首都

アンマン Amman

時差

日本との時差 -7時間

公用語

アラビア語  

通貨

ヨルダン・ディナール  

宗教

スンニ派イスラム92%、クリスチャン6%、その他2%  

旅の季節/ Season

ヨルダンのベストシーズンは気温が穏やかな春(3~5月)と秋(10月~11月)です。 特に春には野花が咲く美しいシーズンです。
夏は気温が上がり、特にペトラなどの砂漠地帯では35度以上にまで気温が上がりますが乾燥した気候のため不快さはありません。
但し、アカバや死海などの海沿いは湿度が高くなり、蒸し暑くなります。冬は気温が下がり、10度以下にまで冷え込む日も少なくありません。 ジャンパーやセーターなどの防寒具は必携です。
一般にベストシーズンと呼ばれる春と秋が快適ですが、観光客が多いため、ゆっくり遺跡を見たい方にはロー・シーズンと呼ばれる夏や冬もお勧めです。

ホテル/ Accommodation

ヨルダンは一般的に観光サービスが発達しており、中級以上のホテルでは快適に過ごすことができます。
西遊旅行のツアーでは、ロケーションやホテルの施設を考慮したホテル選びをしております。 部屋には観光客が必用な設備はほとんど整っています。死海ではプライベートビーチ、スパ施設を持つホテルを利用しています。Wi-Fiはほとんどのホテルで有料となり、中には高額な場合がありますのでご注意ください。
ペトラのホテルの一例 ペトラ・ゲストハウスのCave Barは遺跡の一部です

ペトラのホテルの一例
ペトラ・ゲストハウスの
Cave Barは遺跡の一部です

死海のホテルの一例 死海リゾートのプール(モーヴェンピック・リ ゾート・アンド・スパ)
死海のホテルの一例
死海リゾートのプール(モーヴェンピック・リ ゾート・アンド・スパ)

食事/ Meal

基本はアラブ料理となります。ツアーで利用するホテルはほとんどがブッフェとなり、ご自由に選んでいただけます。
前菜はメッゼと呼ばれるアラブ風サラダの小皿。特にヒヨコマメのペーストのホンムスは日本人の口にとても合います。
そしてメインは肉料理のほか、魚料理も用意されます。
アラブ料理の前菜メッゼ

アラブ料理の前菜メッゼ

メッゼのひとつラバン・メーズ

メッゼのひとつラバン・メーズ

ヨルダン産のワインもあります

ヨルダン産のワインもあります

砂漠ではベドウィンのミント・ティー

砂漠ではベドウィンのミント・ティー

おみやげ/ Souvenir

ヨルダンらしいお土産は死海グッズ(泥パック、石鹸、クリームなど)やアラブらしいデザインをあしらった陶器や小物など。 おみやげ物の物価は高いですので交渉も必要です。また、アンマンの空港でも死海グッズなどは免税で売られていますが、経由便ご利用の場合は「液体」扱いとなり買うことができませんのでご注意ください。そのほか、オリーブオイルや「アラブのスィーツ」もお勧めです。
ベドウィンの露店などではヨルダン・ディナールでのお支払いとなりますが、いわゆるおみやげ物ショップや空港ではクレジットカードで支払いができます。

死海の泥パック


アラブのスィーツ


陶器のおみやげ


ペトラ名物サンド・ボトル

ビザ(査証)/ Visa

ヨルダンの入国には査証が必要ですが、アンマンの空港にて発給されます。
また、2013年8月現在、一時入国の観光の場合、アンマン空港にて査証を申請することなく入国できるようになっています。
ただし、状況は流動的であり、マルチプルや陸路入国の場合は事前の査証取得が必要となりますので必ず最新の情報をご確認ください。

【ヨルダン大使館】
〒150-0047 東京都渋谷区神山町39-8
電話:03-5478-7177
FAX:03-5478-0032

旅の注意事項/ Note

● お酒

イスラム教国ですが比較的戒律は緩やかで、ビールやワインなどのアルコール類もレストラン、ホテルなどで手に入りやすい国です。
また、ラマダン中にはホテルであってもアルコールのサービスがないレストランが多くなります。

● 写真撮影

女性は写真撮影を嫌がる人も多いので注意が必要。必ず相手の了承を得るようにしてください。
服装に特別規制はありませんが、トラブルを避けるためにも女性の方はあまり肌を露出しない服装を心がけた方が良いでしょう。

● 服装

男女とも、教会へはタンクトップやショートパンツでは入れません。
遺跡観光の際には帽子をかぶり、水を持って出かけましょう(特にペトラ観光)。遺跡歩きは運動靴が最適です。

● 死海

死海での遊泳は20分ほどが望ましいとされています。水が目に入った場合はすぐに真水で洗い流してください。
また、金属のアクセサリーやカメラなど塩分で損傷することがありますのでご注意ください。

● 料金交渉

ペトラの遺跡内のロバや馬車、おみやげ物などあちこちで料金交渉が必用です。

●海外安全情報

外務省の情報はこちら
>>外務省ヨルダン安全情報