ドシャンベ・イスタラフシャン・ペンジケント・ワハーン渓谷・パミール高原等、タジキスタンの見どころをご紹介

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > 中央アジアの旅 > 中央アジア・コーカサスみどころ(観光)MAP > タジキスタン

タジキスタン

1990年代の内戦のため、あまり知られることが少なかったタジキスタン。国土の90%は山岳地帯が占め、6,000~7,000m の山々が連なる「世界の屋根」パミール高原を有する大自然に恵まれた国です。 北部にはフェルガナ盆地にイスタラフシャンなどの古都があり、東部には国土の45%を占めるゴルノ・バダフシャン自治州 があります。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ドゥシャンベ

まだ歴史の新しいタジキスタンの首都。名前の通り"月曜日"に市のたつ田舎町でしたが、1920年に、ブハラ・ハン国最後の王がドシャンベに逃れボルシェビキと戦い、反革命軍の拠点となりました。1921年にはボルシェビキに落ち、1925年ソ連タジク自治共和国の首都"スターリナバード"となりました。1961年、再び町の名は"ドシャンベ"に戻りました。80年前に街づくりがはじまり、現在は人口70万人の都会。街路樹に囲まれた美しい町です。

○イスマイル・サーマーニー像

旧レーニン像のあった広場に作られたサーマーン朝の王イスマイル・サーマーニーの像。町の中心にあり、観光客の記念撮影する姿が見られます。

○国立博物館

2001年に新しく作られた博物館。ペンジケント、ブンジカット等の古代ソグドの都跡からの出土品と壁画、アジナ・テペ仏教寺院遺跡から出土した13メートルの涅槃仏等、必見の博物館です。
  • アジナ・テパ出土の涅槃仏(国立博物館)
  • ペンジケント出土のソグド人の壁画(国立博物館)
  • 国立博物館外観
  • イスマイル・サーマーニー像

イスタラフシャン

町の中心にあるムグ・テペは2500年もの歴史を持つ町。イスタラフシャンはかつてはシルクロードの職人バザールとして栄え、現在もその面影を残します。

○ムグ・テペ

2500年前、アレキサンダー大王の攻撃を受け、その後、ソグドの都が栄え、中世にはルスタム・ベグ王の時代にモンゴル軍の攻撃を受けた都の跡。2002年には"イスタラフシャン2500年祭"が執り行われ、新しくなった城門とセレモニーの行われた舞台が残されています。

○職人バザール

イスタラフシャンには小規模ながらも職人バザールが残り、特にナイフ工芸が有名。規模の大きなバザールもあり、豊かなフェルガナ盆地の農作物がところせましと並びます。

○旧市街

モハッラと呼ばれる共同体が残る地域にモスクやチャイハナが点在しています。各モハッラには地域の特徴がある名前がつけられています。

○ブンジカット

カラ・イ・カフカハとも呼ばれるソグド時代の都跡。紀元835年にペンジケント陥落の後、アラブに征服されました。城砦区と市街地、墓地があり、城砦区ではローマ創生伝説「ロムルスとレムス」の壁画が見つかりました(現在はエルミタージュ博物館蔵)。
  • ムグ・テペ
  • 職人バザールのナイフ工芸店
  • 職人街にて
  • 旧市街
  • ブンジカット

ペンジケント

ザラフシャン川近くの丘の上にあるソグド人の都市遺跡。西へ東へ隊商を連ね、商いをして歩いたソグド人は、高度な都市と、華麗な文化をこのペンジケントに残しています。 ゾロアスター教を信仰した彼らの拝火神殿跡や、バザール跡やキャラバンサライ跡も残ります。 また、インドから来た隊商達が使ったヒンドゥー教寺院もあり、古代の国際都市であったことがうかがえます。 アラブの浸入により、町全体が焼亡しましたが、ペンジケントで出土した壁画などは、ドゥシャンベの博物館に展示されており、当時の様子を垣間見ることができます。また、ソビエト時代から長年にわたり発掘調査が行われており、壁画や、カロシュティ―文字などで書かれた売買契約書などが出土しています。また、ペンジケント発掘に生涯を捧げたボリス・マルシャーク博士は、ペンジケント遺跡に眠っています。
  • ペンジケント遺跡
  • ペンジケント出土のカロシュティ―文字

ワハーン渓谷

パンジ川の対岸にアフガニスタンを望むワハーン渓谷。ヒンドゥークシュの絶景と数々の史跡の残る道。人々は「パミール人(パミーリー)」と呼ばれ、独自の文化と言語を持ちます。
仏教僧院と石窟の遺跡が残る村には、丘の上には何らかの建築物の基壇が残されており、ここからのワハーン渓谷の景色は見事です。そのほか、住居跡や裏山には城砦跡があり、古くから栄えていたことを示します。

○ランガール

パミール高原とワハーン渓谷の旅の中継地点となる村。「ランガール」とは「とどまる所」を意味します。村にはペトログリフ(岩刻画)も残り、古くからこの地に人々が存在した後を残しています。村の北の高台からのパンジ川とワハーン川の合流地点は絶景。ヒンドゥークシュの山々をも望む雄大な景色が広がります。
  • ワヒ族の少女(ワハーン渓谷)
  • パンジ川対岸の、ヒンドゥークシュの景色
  • ワハーン回廊と山脈の展望が開けるハルゴシュ峠
  • 仏教僧院と石窟の遺跡が残る村
  • ランガール

パミール高原

アフガニスタン、中国、キルギスと国境を接する「世界の尾根」パミール。 キルギス族の放牧とユルトの広がる世界。各地の峠付近に咲き乱れる花、高原に点在する湖は神秘的な間での美しさがあります。
  • カラクル湖(標高3,900m)
  • カラクル湖(標高3,900m)
  • ロバで移動するキルギス族
  • キルギス族のユルト
  • キルギス族の親子