アルマトイ・タラス・トルケスタン・オトラル等、カザフスタンの見どころをご紹介

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > 中央アジアの旅 > 中央アジア・コーカサスみどころ(観光)MAP > カザフスタン

カザフスタン

中央アジア諸国の中で一番大きな面積を持つカザフスタン。古くはトルコ系騎馬民族が活躍し、モンゴル帝国の支配も受けた歴史を持ちます。 石油と天然ガスが豊富な国ですが、タラス、オトラル、トルケスタンなど、歴史的、宗教的な見所も多い国です。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

アルマトイ

1991年の独立から、1997年にアスタナへ遷都されるまでカザフスタンの首都でしたが、現在でも同国最大の町です。 旧ソ連でも有数の美しい町として知られ、国立博物館には古の騎馬民族の残した遺産が数多く展示されています。なかでも、イシク・クルガンから出土した、黄金の衣装を纏ったサカ族の王子のレプリカが有名です。

  • ゼンコフ教会
  • 日本人墓地
  • 28人のパンフィロフ戦士公園

タラス

紀元751年、当時の西と東の超大国、アラブと唐がタラス河畔にて激突します。この時に負けた唐から多くの製紙職人がサマルカンドへ連行され、製紙法が世界に広まったと言われています。現在のタラスはのどかな小さな町ですが、歴史を変えた対戦の舞台タラス河は現在も町の中心を流れています。
  • 現在のタラス河畔

トルケスタン

イスラム教の聖者・ホジャ・アフメッド・ヤサウィの廟があり、現在も中央アジアからの巡礼者が絶えない聖地です。ヤサウィは、預言者モハメットが亡くなった年の63歳以降、地下で隠遁生活を送りました。 彼の廟は、ヤサウィ没後チムールが創建したもので、チムールゆかりのサマルカンドブルーのドームが美しく残っています 。
  • ホジャ・アフメッド・ヤサウィ廟
  • ホジャ・アフメッド・ヤサウィ廟

オトラル

1218年、チンギス・ハーンはホラズム王国の町オトラルに使節団を送ります。しかしオトラルの城主は使節団を皆殺しにしたため、翌年チンギス・ハーンは報復のためオトラルの町を攻め落とします。この「オトラル事件」を機に、チンギス・ハーンの西方遠征が始まり、遠くヨーロッパまで遠征することになります。 また、オトラルは1405年、中国遠征の途中でチムールが没した場所でもあり、歴史上とても意義深い町です。

  • オトラル遺跡
  • オトラル遺跡
  • オトラル遺跡
  • オトラル遺跡

マンギスタウ

マンギスタウ州は、カザフスタンの14の州のうち、カスピ海に面した西部の州です。トルコ語で、「メン・ギストゥク」=「千の村」という意味を持ち、石油、天然ガスの他、ウランなどのレア・メタル(希少鉱物)に恵まれています。 カザフスタンは大ジュズ、中ジュズ、小ジュズと3つの部族連合に別れますが、マンギスタウに住む部族はほとんどが、小ジュズに属するアダイ族です。「地下に石油、地にアダイ、天に神」という言葉があるほど誇りの高い民族です。マンギスタウには、かつてイスラム教徒が隠れるように礼拝していた地下モスクや、岩を刳り抜いて作った岩窟モスクが残っていますが、中でもベケット・アタ廟は、現在でも巡礼者が絶えることがない聖地になっています。また、カスピ海沿岸に広がるウスチュルト台地は、風雨の浸食が生み出した石灰質の大地の絶景が広がっています。

  • 荒涼としたウスチュルト台地に残るベケット・アタの岩窟廟
  • 広大なウスチュルト台地
  • ショパン・アタの地下モスクの巡礼者