ドシャンベ・イスタラフシャン・ペンジケント・ワハーン渓谷・パミール高原等、ジョージアの見どころをご紹介

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > 中央アジアの旅 > 中央アジア・コーカサスみどころ(観光)MAP > ジョージア

ジョージア

コーカサス三国の中で、一番大きな面積を持つジョージア(グルジア)。コーカサス山脈の麓に位置し、西は黒海に面します。歴史は古く、ギリシャ神話の「アルゴナウタイ伝説」の舞台でもあります。その地理的背景から、古来より数多くの民族の流入、侵略を受けましたが、中世のイスラム勢力の流入があったにも関わらず、ジョージア正教を国教としています。また、ワイン発祥の地と言われ、どこの農家でも自家製のワインを振る舞ってくれる他、ヨーグルトも豊富で長寿の国と言われています。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

トビリシ

クラ川に面したジョージアの首都。ペルシャ系、トルコ系、モンゴル系と様々な民族の侵略を受けて来た歴史を持ちます。市内を一望できる丘の上には、ジョージア正教のメテヒ教会が建ち、また旧市街の中にも数多くの教会や、シナゴーグが建っています。
  • トビリシ市内を流れるクラ川
  • ジョージア正教のメテヒ教会

ムツヘタ

世界遺産の登録された古都で、ジョージア正教の総本山・スヴェティツホヴォリ修道院があります。 また、スヴェティツホヴォリよりも古い6世紀建立の「十字架の修道院」ジュワリ修道院も、街を見下ろす丘の上に建っています。
  • ジョージア正教の総本山・スヴェティツホヴォリ修道院
  • 「十字架の修道院」ジュワリ修道院

クタイシ

世界遺産の登録されたゲラティ修道院があります。この修道院は、かつてのジョージアのアカデミック・センターの機能を果たしており、数多くの神学者や哲学者が集う修道院でした。また、ジョージアの偉大な王・ダヴィド王の廟もあります。市内には、修復中ではありますが、もう一つの世界遺産のバグラティ修道院も残っています。
  • ゲラティ修道院

上スヴァネティ

コーカサス山脈の南麓に位置する、風光明媚な地域。多くの他民族からの侵略を受けたため、外敵を監視する塔を備えた建築様式が発展しました。夏の間は高山植物が咲き、ヨーロッパや日本からのトレッキングツアーも訪れます。
  • 独特な建築物が特徴の上スヴァネティ地方
  • 独特な建築物が特徴の上スヴァネティ地方