秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > ブータンの旅 > ブータンみどころ(観光)MAP > ウォンディポダン~ブムタン
ウォンディポダン~ブムタン みどころマップ
ウォンディ・ポダンから先は中央ブータン・ブムタン地方へと一本道が続いて行きます。
道中にある東西交通の要衝・トンサまでは約130km。 農村、森林、峠を越えブータンの豊かな自然や生活を垣間見ることが出来る道のりです。 トンサを過ぎると中央ブータンまではあと少し。この区間の見所をご紹介します。
ペレ・ラ
トンサ
ヨトン・ラ
チェンデブジ・チョルテン
トンサ・ゾン
スンゲイ


ウォンディポダンを過ぎ、ダン・チュ沿いの道を東へ。 日本の援助で架けられた橋を渡り、しばらく走るとヌブディンという場所を通ります。このヌブディンは竹細工で有名な場所。晴れていれば北方に美しい雪山を望むことができます。ヌブディンを過ぎるとさらに標高を上げて行き30分程で標高3360mのペレ・ラに到着です。この峠には小さなチョルテンが一つ立っています。
峠の少し手前にはオグロ鶴が飛来する事で有名なフォブジカ谷への分岐点があります。
また、女神の住む山・チョモラリ(7,314m)の姿を望む事が出来る場所もあります。


ペレ・ラを超えると周囲の植生は一変します。道はどんどん標高を下げて行き、川海苔で有名なニカ・チュ沿いへ。さらにしばらく走ると右手前方に大きなチョルテンが見えてきます。チェンデブジ・チョルテンと呼ばれるこの仏塔は18世紀に建てられたました。当時この地方を支配していた悪霊を封じ込めるために建てられた仏塔です。
「チェン」とは「目」のこと、その名の通り仏塔の四方には仏陀の大きな目が描かれじっと周囲を見つめています。ここを過ぎると東西交通の要衝・トンサまでは約1時間の距離です。


チェンデブジ・チョルテンを過ぎると道はマンデ・チュ沿いに北へ進みます。峡谷の反対側に雄大なトンサ・ゾンの姿が見えて来ると東西交通の要衝トンサまでは後30分程。標高約2000mのトンサに到着です。ここは現王家のウォンチュク家ゆかりの場所で、第3代国王の生家があり「王家の谷」としても知られています。ブータンには県知事にあたるペンロプという役職があります。地方の行政長官である歴代のトンサ・ペンロプは、ペレ・ラ以東の広大な領域を支配しブータン内で大きな力を持っていました。そのため、現在でもブータン王は即位前に必ずトンサ・ペンロプの役職に着くというしきたりがあります。
突然のことでしたが、2006年12月17日に予定を2年ほど前倒しにして第5代国王であるジグメ・ケサル・ナムギャル・ウォンチュクが新国王になりました。当然この新しい王様も2004年の10月にトンサ・ペンロプに就任し、この役職を経て今回の即位に至ったのです。


マンデ・チュを真下に望む尾根に横たわるように建つこのゾンの正式名称はチョコル・ラプテンツェ・ゾン。左手にアーチェリー場を見ながら先へ進み、昔の橋を渡ってゾンの内部に入ります。このブータンで一番大きなゾンの中庭には昔からブータンの東西を繋いできた旧道が通っており、外を見てみるとゾンへと続く昔の階段を見ることが出来ます。


トンサを出ると再び標高がどんどん上がり、約1時間程でこの区間の最高地点であるヨトン・ラに到着します。真っ白なチョルテンと周囲を彩る原色のタルチョ。標高約3400mのこの峠の先は「チュメ谷」。ブムタン地方の入り口にあたります。


ヨトン・ラを過ぎて約30分。チュメ谷にある小さな集落がスンゲイです。ここはヤタと呼ばれるウールの織物を作っていることで非常に有名で、街道沿いの小さな集落には数件の工房兼売店が並んでいます。
スンゲイを通り過ぎると、少し先にキキ・ラという峠があります。この峠を越えると20分ほどでブムタン地方の中心地・ジャカルに到着します。