秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > ブータンの旅 > ブータンみどころ(観光)MAP > ブムタン~モンガル
ブムタン~モンガル みどころマップ
中央ブータン・ジャカルを通り過ぎさらに東へ。 山道を1時間程走るとウラの集落に出ます。 ウラを過ぎ、さらに緑深い渓谷に造られた山道を走り続けます。 道中の最高地点タムセン・ラ(3,740m)を越え、轟々と流れ落ちるナムリンの滝を見ながら先へ進みます。 クリ・チュを渡り、ルンツェへの分岐点を過ぎると東ブータンの入り口・モンガルは目の前です。
ウラ
ナムリンの滝
タムセン・ラ
モンガル

ウラ
標高3,100m程のこの集落。 寄り添うようにして建つ民家の一番奥には1986年に建立されたウラ・ラカンが建っています。
この僧院はウラの集落に属し、その中庭では毎年春にツェチュ祭が繰り広げられます。

タムセン・ラ
パロからタシガンへと続く東西縦貫路の最高地点。
標高3,740mのその場所には小さなマニ壁と、それを取り囲むように色鮮やかな経文旗が風にはためいています。
冬に通ると凍った経文旗を見ることも出来るでしょう。


タムセン・ラを越え、センゴルの集落を越え、山道をひた走ると谷を挟んだ右手に轟々と流れ落ちる巨大な滝が見えてきます。
山国のブータンに無数にある滝の中でも最大級のこのナムリンの滝。 その落差はゆうに300mを越えています。
この滝の近くにはもう一つ巨大な滝があり、その近くにはこの周辺を守るチョルテンが建っています。

東ブータンの玄関口。東西縦貫路とルンツェ方面への道がぶつかり合うこの場所に、 ブータンの近代化以降に作られた比較的新しい町です。
標高はぐっと下がって約1,500と温暖で、 周辺ではサトウキビやみかん、とうもろこし等も育てられています。小さな街を見下ろす丘の上に建つのがモンガル・ゾン。毎年秋にこのゾンでは躍動感溢れるチャムが繰り広げられるツェチュ祭が催されます。