秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > ブータンの旅 > ブータンの祭り
ブータンの祭り

ブータン各地では一年を通し、多くのツェチュ祭やその他のお祭が催されています。各お祭りは、僧によって踊られる躍動的な仮面舞踊、村人の素朴な歌や民族舞踊、道化師アツァラのおどけた姿、宝物とされるトンドルのご開帳など、長年にわたり守られ続けられている大事な宗教行事です。
老若男女問わず信仰篤い姿、お弁当を囲む大家族、遠くの町からやって来た行商人、特産物を販売する屋台など、どこか懐かしく心和ませる光景を目にすることができます。

ツェチュ」とはチベット文化圏の寺院での祭りのことですが、本来は「(月の)十日」を意味します。

これは、紀元後八百年前後にチベット仏教をヒマラヤ一帯に流布した、ニンマ派の祖師グル・リンポチェ(パドマサンバヴァ)にちなんでいます。

彼の生涯には十二の重大な出来事が起きたといわれ、各月の十日に、その月に該当する出来事の法要を行います。

また、「月の十日にツェチュ祭のあるところには必ず戻ってくる」という言葉を残したとも言われています。ツェチュ祭とは、グル・リンポチェを再び目の前に拝み、法要を行う、一年のうちでも大切な日です。



チベット仏教のニンマ派の祖師であり、ブータンでは特に釈迦に次いで第二の仏と拝められ、ブータンに仏教を伝えたと言われています。

生涯を通し全部で八つの名前があり、ツェチュ祭の時に開帳されるトンドル(大タンカ)には八変化相の姿が描かれたものが多くあります。

ツェチュ祭には、必ずチャムと呼ばれる躍動的で色鮮やかな仮面舞踊があります。娯楽を目的とした舞踊ではなく、宗教教義に基づく儀式や法要を表し、踊り手の動きは一挙手一投足まで書に記されています。

チャムは舞踊によって、難しい宗教の教えを一般の人々にもよりわかりやすく、親しみやすい形で伝えています。

墓場の守り神・骸骨(ドゥルダ)の舞、黒帽の舞・シャナ、鬼神八部衆の舞・デゲー、忿怒尊の舞・トゥンガム、太鼓をもったギン・タン・ツォリンの舞などが挙げられます。特に人気があるのは、死後、誰もが会わなくてはいけない閻魔大王の法廷を題材にした「ラクシャ・マンチャム」。白神と黒魔が登場し、天秤にかけるシーンではまさに閻魔大王に裁かれる瞬間を目の当たりにするようです。

「トン」とは見る、「ドル」とは解脱を意味し、「見るだけで解脱が出来る」ことができる大変ご利益のある大掛軸です。

ツェチュ祭のトンドルは、グル・リンポチェを主尊に描き、総絹でアップリケで作られています。各ゾンや寺院にはトンドルがあり、それぞれのお祭の祭にご開帳されます。

まだ、未明の暗いうちからご開帳され、朝日が昇るころ法要が始まります。人々はトンドルの前に進み、その裾を額にあて無病息災を祈ります。完全に日が昇ると、トンドルがおろされ、翌年まで大事にしまわれます。

道化役のことで、僧ではなく、村からの代表が選ばれ演じます。アツァラは仮面を被り、つなぎの服をまとい、滑稽な仕草で人々を笑わせます。最も一般的なのは、赤ら顔で鼻が大きな仮面をつけています。即興演技で祭り気分を盛り上げてくれるだけでなく、人々が押し合って怪我をしないように統制したり、仮面舞踊で僧の衣装や仮面が乱れた際にさりげなく手伝ったりと、祭の進行役としても大事な役割を担っています。

●各地のお祭り

パロ・ツェチュ
ブータン最大のお祭り。デヤンカ広場で5日間にわたって繰り広げられます。最終日にご開帳されるトンドルは、ブータン人なら一度はお目にかかりたいと願うものです。(3~4月ころ)
ニマルン・ツェチュ
ジャカル地方のチュメ谷で初夏に催されます。ブータンの寺院の中では比較的新しいながらも、チャムのレベルはブータン隋一と言われるニマルン寺では迫力ある仮面舞踊を間近で見学できます。(6~7月ころ)
クジェ・ツェチュ
ジャカル地方にあり、通常、ニマルンツェチュと同時期に催されます。王家ゆかりの由緒あるお寺です。
観光客の数も比較的少なく田舎の素朴な、そしてブータンでもとりわけ信仰心の篤い人々の姿に出会えます。(6~7月ころ)
ウォンディポダンツェチュ
通常、ニマルンツェチュと同時期に催されます。ウォンディポダン・ゾン内の広場は長方形になっており、一味ちがったアングルで見学することができます。(9~10月ころ)
ティンプーツェチュ
首都ティンプーで催されます。この時期のブータンは、秋の風物詩である、赤い唐辛子を屋根いっぱいに干している様子や 稲穂が金色に実った風景が広がります。(9~10月ころ)
ジャンペラカンのドゥップ祭
中央ブータン・ブムタン谷で行われ、ジャンペラカンの建立を記念した法要です。初日にはたき火を焚きます。 (10月~11月ころ)
モンガル・ツェチュ
ブータンの玄関口のモンガルで、通常タシガンツェチュと同時期に催されます。見晴らしのよいゾンに隣接した広場内で繰り広げられます。(11月~12月ころ)

タシガン・ツェチュ
ブータンの中心地・タシガンのタシガンゾン内で催されます。このゾンでは、グル・リンポチェのトンドルと新しく作られた「お釈迦様の十六羅漢」のトンドルの2つがあり、2日にわたり異なるトンドルが掲げられます。(11月~12月ころ)
トンサ・ツェチュ
宗教上、特に重要な場所とされている中央ブータンのトンサで催されます。この時期には、トンサに近いフォブジカ谷にはシベリアからはオグロヅルがやってきます。(12月~1月ころ)
プナカドムチェとセルダ
かつての冬の首都プナカで催されます。ドムチェは夫婦である護法神の男神・ゴンポに対する法要、セルダはチベット軍との戦いを再現する一大時代絵巻です。(2月~3月ころ)


2013年 祭典開催予定 (ブータン政府発表)/ Schedule

開催期間 祭典(寺院・僧院) 都市
02月15日~02月19日 プナカ・ドムチェ プナカ
02月20日~02月22日 プナカ・ツェチュ プナカ
02月25日、03月11日 チョルテン・コラ タシヤンツェ
03月20日~03月22日 ゴムコラ・ツェチュ タシガン
03月23日~03月27日 パロ・ツェチュ パロ
03月25日~03月27日 チュカ・ツェチュ チュカ
04月21日~04月25日 ウラ・ヤクチェ ブムタン
06月16日~06月18日 ニマルン・ツェチュ ブムタン
06月18日 クジェ・ツェチュ ブムタン
09月09日~09月13日 ティンプー・ドゥプチェン ティンプー
09月12日~09月14日 ウォンディ・ツェチュ ウォンディポダン
09月13日~09月15日 タムシンパラ・チョパ ブムタン
09月14日~09月16日 ティンプー・ツェチュ ティンプー
09月18日~09月20日 タンビ・マニ ブムタン
10月18日~10月22日 ジャンぺラカン・ドゥップ ブムタン
10月19日~10月21日 プラカール・ドゥチェ ブムタン
11月09日~11月12日 モンガル・ツェチュ モンガル
11月10日~11月13日 タシガン・ツェチュ タシガン
11月09日~11月12日 ぺマガツェル・ツェチュ ぺマガツェル
11月17日~11月19日 ナラカール・ツェチュ ブムタン
(2014年)01月09日~01月11日 トンサ・ツェチュ トンサ
(2014年)01月09日~01月11日 ルンツェ・ツェチュ ルンツェ
※日程は宗教的理由その他で変更になる場合があります