アガデス、アガデスのスルタン、トゥアレグ銀細工と鍛冶屋等、アガデスとその周辺の見どころをご紹介

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > ニジェールの旅 > ニジェールみどころ(観光)MAP > アガデスとその周辺

アガデスとその周辺 Agadez and surrounding

アガデスはニジェール北部最大の町で、人口約95,000人。11世紀頃から栄え、トゥアレグ族の重要な町として成長してきました。そんなニジェール北部の重要な町と周辺のみどころをご案内いたします。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

アガデス / Agadez

ニジェール北部最大の町で、人口約95,000人。アガデスは11世紀頃から栄え、トゥアレグ族の重要な町として成長してきました。サハラ交易においてはビルマ・ファシからのキャラバンの終着地点であり、南部からくる食材や物資が取引されました。1990年代と2007年からのニジェールのトゥアレグ族の反乱の中心地でもありましたが現在は落ち着き、市場の町、ウラン交易の中継地となっています。
  • 旧市街の子供たち 
  • 町を練り歩くハウサ族の音楽隊
  • 「Maison du Boulanger パン屋の家」の屋上
  • サハラ横断トラックの終着地点

アガデスのグランド・モスク / Grand Mosque

27mの高さのミナレットを持つ「スーダン・サヘル様式の」モスク。壁面に飛び出た棒はプラスターの塗りなおしの時に足場にするために高い位置につけられています。モスクのミナレットの上には4~5人ずつ登ることができ、アガデスの町を一望することができます。
  • 金曜礼拝の様子
  • グランド・モスクの入り口
  • ミナレットを見上げる
  • ミナレットの上から見たアガデス

アガデスのスルタン / Sultan Palace

かつて「スルタン制」を持っていたアイール山地のトゥアレグには現在もスルタンがいます。政治的な力はないものの、今でも人々の尊敬を集めています。スルタン専用ガードの色鮮やかな衣装も必見です。
  • スルタン・パレスの外観
  • アガデスのスルタン(2011年)
  • ガードマン

恐竜の化石 / Dinosaur Fossil

「恐竜平原」と表わされる、恐竜の化石がでる地層が露出しているニジェール。アガデスからアクセスできる平原、ティゲディットの断崖の麓には恐竜の化石が見られます。特に1997年に発見されたジョバリアと呼ばれる体長18mにも及ぶ首長竜の化石は状態良く保存されています。
  • ジョバリア(首長竜)の化石
  • 古代ワニの皮膚の化石
  • 巨大蛇の化石

トゥアレグ銀細工と鍛冶屋 / Touareg Jewel

トゥアレグ族には有名な銀細工のアクセサリーがあります。銀細工はカースト(階級)の存在するトゥアレグ社会において鍛冶屋階級が担当して作っています。模様はアガデス・クロス(Croix d'Agadez)に代表されるように各地の有力な部族・地域を表すもので、ペンダントやピアスなどのアクセサリーにアレンジされています。まず、ロウで形を作り、それに粘土をつけてかたどりします。その粘土を火にかけて焼き、ロウが溶けたところに、銀貨などを溶かした銀を流し込み、冷まし、型をわって出てきた銀を整形・磨いて作ります。

  • 鍛冶屋の工房での手作業
  • 各地域の紋章ともいえるデザイン
  • アガデス・クロスのペンダント
  • 銀細工のアクセサリーをまとったトゥアレグの女性