秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > アフリカの旅 > モロッコの旅 > モロッコ基本情報
モロッコ基本情報
モロッコへ出かける前に、旅の準備やシーズンなどに関して基本情報をご紹介します。
モロッコ概要
旅の季節
ビザ(査証)について
モロッコの通貨
モロッコの食事
モロッコのお土産
旅の注意事項
正式名称 アル・マムラカ・トゥル・マグリビーヤ
(西の王国)
日本名 モロッコ王国 Kingdom of Morocco
面積 44万6550K㎡ (日本の約1.2倍 西サハラ除く)
人口 3196万人(2011年)
首都 ラバト Rabat
時差 日本との時差 -9時間
主要言語 アラビア語 フランス語
(ジブラルタル海峡沿いではスペイン語も通じます)
政体・元首 立憲君主制・モハメド6世
通貨 モロッコ・ディルハム
1ドル=7.8モロッコ・ディルハム
1ユーロ=11モロッコ・ディルハム(2011年8月現在)

変化にとんだ地形のモロッコは地中海沿岸部、大西洋沿岸部、内陸高原部、山脈地帯、砂漠地帯と大きく分けて5つの気候に分けることが出来ます。平均的に気温は温和で過ごしやすいですが、冬の山岳地帯では雪が降ることもあります。地域によっては一日の温度差が激しいので、フリースなどの上着が必要となります。

2月末~3月はカスバ街道などを中心にアーモンドの花や野花、アンズの花が咲きます。

●変化に富んだ自然~3つのアトラス山脈~

中部から南部にかけて中アトラス、高アトラス、アンティアトラスの3つのアトラス山脈が連なります。山脈越えは豊かな自然を体感することができるモロッコの旅の大きな見どころのひとつ。マグレブ3ヶ国の中でも最も肥沃な農村地帯の北部から、中アトラス、高アトラスを越えると、乾いた大地とオアシス地帯へと景色は一変し、変化に富んだ景観をご覧いただくことができます。

中アトラスではフランス6保護領時代に建てられた美しい街並の保養地イフレンの訪問や、レバノン杉林の散策をはじめ、11月~4月には雪をいただく高アトラスのラヤシ山(3,737m)の展望もお楽しみいただけます。

●モロッコの人々~ベルベル~

先住民ベルベル人は、外部の敵を避けるように伝統的に山間部や砂漠地帯で暮らしてきました。リフ山脈やアトラス山脈には定住ベルベル人の村が点在し、砂漠地帯では遊牧ベルベル人がテントで暮らしています。

農業や牧畜を生業とし、女性は絨毯や織物なども行います。エルフード郊外の砂漠地帯では遊牧ベルベル人のテントを訪ねることができます。

90日以内のモロッコ滞在にはビザは不要です。
パスポートの残存期間は入国時6ヶ月以上必要です。

モロッコ王国大使館 Embassy of the Kingdom of Morocco
〒107-0062 東京都港区南青山5-4-30
電話:03-5485-7171 Fax: 03-5485-7173

モロッコの通貨はモロッコ・ディルハム
1ドル=7.8モロッコ・ディルハム
1ユーロ=11モロッコ・ディルハム
1モロッコ・ディルハム=11円~12円
そのほか、補助通貨のサンチームがあります(1DH=100C)

金種は20DH、50DH、100DH、200DH 硬貨は5C、10C、20C、50C、1DH、2DH、5DH、10DH
モロッコでは都市部の両替所やホテルでは日本円から現地通貨への両替が可能ですが、やはりどこでも確実に両替できるユーロやドルをお持ちいただくのが便利です。また、ユーロやドルであればそのまま利用できるお店もあります。

※2011年8月現在の情報です

モロッコといえば土鍋のタジンを使った料理。牛肉や鶏肉、魚と野菜を一緒に煮込んだもので、程よく効いたスパイスやレモンの味付けは日本人の口にもよく合います。土地によって具材や味付けは異なりますので、その土地ごとのタジンをお楽しみいただけます。メインのタジンとともにアラビアパン、赤い球根のビーツやきゅうり、ニンジン、ピーマン、トマトなどを盛った色鮮やかなサラダなどもお召し上がりいただきます。

そのほか、クスクスやアトラス山間部ではマス料理などもご賞味いただきます。アルコールについては、基本的に観光客が利用するレストランやホテルでビールやワインを飲むことができます。

羊やラクダ、牛などのなめし皮と染織の伝統が受け継がれてきたモロッコでは、様々な革製品が売られています。バブーシュという軽くて履き心地が良い室内履きや、革製のクッション、鞄などはお土産として人気です。また、ブルーや黄色など美しく彩色された陶器も、小さな器から大皿まで様々なものが売られています。

女性に人気なのは、アルガンオイルを配合したクリームや石鹸など。地球上で大西洋岸のアガディール周辺とメキシコのみに棲息するアルガンツリーの果実種から採られるオイルで、ビタミンAやEを多く含み、美肌や整髪用として優れています。

カスバ街道沿いで栽培されるバラのバラ水や石鹸なども美容製品として人気です。


モロッコはイスラム教スンニ派の国です。観光に特に制限はありませんが、極端に肌を露出する服装は控えましょう。

各地のスークやメディナ散策時に「自称ガイド」「悪質みやげもの屋」などがあります。観光客に慣れており、悪質なケースも見られますので十分に注意してください。

>>外務省モロッコ安全情報へ