秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > アフリカの旅 > アルジェリアの旅 > アルジェリアみどころ(観光)MAP > 南部
南部 みどころ(観光)MAP
雄大なサハラの広がるアルジェリア南部。タマンラセットとジャネットの2つの町を拠点にアセクレム高原、そしてアルジェリアのハイライトとも言えるタッシリ・ナジェ-ル国立公園があります。
トアレグ族
アセクレム高原
タッシリ・ナジェール

アセクレム高原
アルジェリア南部の中心都市タマンラセットより高原砂漠を走ること80キロ、約4時間。標高2,600mのアルホッガー(アハガル山地)アセクレム高原(アセックラム高原)に到着します。ここは想像するような砂のサハラではなく、樹木は一本もない礫の平原に鋭い岩峰が連なり、訪れた人は、まるで未知の惑星にでも降り立ったかのように感じるでしょう。その景色とともに夕焼け・朝焼けの美しさで有名です。また、高原の岩山の上には20世紀初頭にこの地で隠遁生活を送った、シャルル・フーコーのエルミタージュがあります。
鋭く突き出す奇岩群
鋭く突き出す奇岩群
朝日に染まるアセクレム高原
アセクレム高原の夜明け

タッシリ・ナジェール
サハラ砂漠の最奥に広がるタッシリ・ナジェール山脈は平均標高が1000m、一万年前に遡る原始壁画や刻画が点在しています。当時、サハラが湿潤であったことを証明する数々の壁画には象やキリン、ライオンやバッファローなどの様々な野生動物が描かれています。
紀元前2000年頃からサハラの乾燥化が始まると、壁画の主題も乾燥に強いラクダへと変わってきます。タッシリ・ナジェールに残る壁画を巡るには2つのコースがあります。歩いて山脈を登り、野天泊をしながら移動するコーと、四輪駆動車で移動し、歩かずにワディ(枯れ谷)に残る岩壁画を見学するコースです。歩くコースと四輪駆動車で巡るコースで見学できる岩壁画や作風は異なります。


●タッシリ・ナジェール山脈を歩いて巡る

原始壁画を求めてタッシリ・ナジェール山中へと歩いて入ります。麓から岩場を登りきると、そこには月世界の様な光景が広がります。野天泊をしながら山中を移動し、セファールの白い巨人をはじめ、山中に残る数多くの岩壁画を見学することができます。
セファールの白い巨人
セファールの白い巨人
岩壁画を求めてタッシリ・ナジェールを歩く
岩壁画を求めてタッシリ・ナジェールを歩く

多くの野生動物が生息したことを証明する壁画
タッシリ・ナジェール山脈に残る岩絵を見学
タッシリ・ナジェール山脈に残る岩絵を見学

●四輪駆動車でタッシリ・ナジェール国立公園を巡る


四輪駆動車でタッシリ・ナジェール麓の国立公園を四輪駆動車で巡り、岩壁画を見学することも可能です。雄大なサハラの大砂丘や月世界の様な光景の中を走り、ワディ(枯れ谷)に点在する原始壁画や刻画を巡ります。車ですぐ近くまで行くことができるので長時間歩かずに岩壁画を見学することができます。また、ティン・ギザやティン・メルズーガ等、岩山と砂丘のコントラストの非常に景色の美しい場所が点在します。
夕焼けのティンメルズーガ砂丘
夕焼けのティンメルズーガ砂丘
四輪駆動車で岩絵を求めて移動します
四輪駆動車で岩絵を求めて移動します
ワディ(枯れ谷)には数多くの壁画や刻画が残っています
ワディ(枯れ谷)には数多くの壁画や刻画が残っています
ワディ(枯れ谷)には数多くの壁画や刻画が残っています