秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > アフリカの旅 > アルジェリアの旅 > アルジェリアみどころ(観光)MAP > 中部
中部 みどころ(観光)MAP
北部よりアトラス山脈を越え、サハラの入り口に入りあたる地域です。場所によっては砂丘も現れ、ナツメヤシ栽培のさかんな町がたくさんあります。そして、世界遺産「ムザブの谷」には独特の建築と文化が受け継がれています。
ムザブの谷 ベニ・イスゲンの旧市街
ムザブの谷 ベニ・イスゲンの旧市街
ムザブの谷ガルダイア
サハラ中部の町

ムザブの谷ガルダイア
アルジェリア中部のムザブの谷には「コーラン」の教えを厳格に守り続け、「イスラム教の清教徒」と呼ばれるムザブ族の町があります。 11世紀頃、ガルダイアを中心にエル・アティフ、ベニイスゲン、ブー・ヌーラー、メリカの5つの町が造られました。それぞれ丘の頂上に建てられたモスクを中心に麓に向かって町が広がっています。 町は城壁に囲まれ、伝統的な町並みがそのまま残っています。高度な灌漑システムを開発したムザブの人々は、オアシスにパルメリーと呼ばれるナツメヤシ畑をつくり、1000年もの間このサハラの枯れ谷で文化を守り続けてきたのです。
ガルダイアの町並み
ガルダイアの町並み
旧市街の路地
旧市街の路地
ムザブの谷を望む
ムザブの谷を望む
メリカにある聖者シディ・アイサ廟
メリカにある聖者シディ・アイサ廟

サハラ中部の町

●ワルグラ

ワルグラは南部の油田地帯ハシ・メサウドへの拠点となる空港のある町。郊外の砂丘の塩湖には冬の間ヨーロッパからの渡り鳥やフラミンゴが営巣し、砂丘を舞うフラミンゴが見られるところです。
ワルグラの街は拡張を続け、近代的なアパートが立ち並びます。
ワルグラ
エル・ウェッド
●エル・ウェッド


かつては「1000のドームのある町」とも呼ばれたスーフ地方の中心地。夏には日中60度を越えるこの地域で暑さを緩和するためにドーム状の屋根が発達しました。近代的な建物も増えたため、昔ほどドーム建築は多くありませんが、金曜日のスークなどは大変賑わっています。

●エル・ゴレア


アルジェリアの西に広がるグランド・エルグ・オクシデンタル(東部大砂丘)の東端にある町。水がおいしいことが有名で国内で「エル・ゴレア」ブランドのミネラル・ウォーターが売られています。町のはずれの教会にアセクレム高原の小屋で布教を行ったシャルル・ド・フーコーの墓があります。
エル・ゴレア