「黄金の棚田と少数民族の旅」ツアーレポート 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 西遊新聞 > ツアーレポート > 東南アジア・オセアニア > 黄金の棚田と少数民族の旅
西遊旅行のスタッフが、世界の「今」をお伝えします。>> ブログ一覧はこちら
「西域浪漫飛行」中近東&中央アジア担当スタッフブログ
「サラーム・パキスタン」
「行って・見て・感じチャイナ」中国担当スタッフブログ
「西遊山組」山担当スタッフブログ
「AVENTURA -アベントゥーラ」南米担当スタッフブログ
「ナマステインディア大作戦」
「エベレスト終着駅ナマステーションへようこそ」
「THIS IS BHUTAN」ブータン担当スタッフブログ
「African Dream」アフリカ担当スタッフブログ
「秘境の話をしよう」キャラバンデスク スタッフブログ

毎日がアニマル!世界の野生動物日記

ワイルドライフ Wild Life ~世界の野生動物日記~

元添乗員の映画監督による映画紹介

旅と映画

動物スペシャリスト・秋山知伸

ワイルドライフ Wild Life ~世界の野生動物日記~

世界のワイルドフラワー観察日記

世界の花だより ワイルドフラワー観察日記

ツアーレポート TOUR REPORT

登山・トレッキング・ハイキング目次へ

文:林 明子  写真:西遊旅行
※最新のツアーとは内容が異なる場合があります。
黄金の棚田と少数民族の旅

収穫の秋、黄金色に輝くベトナム北部へ

右:軒下でおしゃべりをしながら刺繍をする少女たち。母から娘へとその技術が伝えられていきます。
左:精緻なミラー刺繍が特徴のムトワ刺繍。この地方の棘のある植物を表現したバワリヤ刺繍やチェーンステッチなどで隙間がびっしりと埋められています。
左:ドンバンの日曜市 右:手に鎌を持ち稲の収穫をするザオ カウ族の女性。背に子を背負った まま作業をする。

織りもの・刺繍

北部ベトナムでは特徴のある様々な民族衣装が受け継がれ、女性を中心に普段着として着用されています。この地域を旅すると道中、まず目にするのは「庭に干された洗濯物」と「軒下で刺繍をする女性」。刺繍がたくさん施されたプリーツ・スカートや藍染の衣類がざっくりと洗われて干されています。白いスカートが干されていれば、白モン族のお宅。色鮮やかな刺繍の衣装なら、花モン族のお宅と遠くから見ても一目瞭然です。そして、農作業や家事の合間に日の当たる明るい場所で衣装をつくるため刺繍をする姿はよく見られる光景です。その手作業は母から子へと脈々と受け継がれ、民族の伝統として守られています。
家の軒下で糸車を使い、慣れた手つきで糸を紡ぐルー族の女性
家の軒下で糸車を使い、慣れた手つきで糸を紡ぐルー族の女性
細かな刺繍が施された花モン族の脚絆
細かな刺繍が施された花モン族の脚絆
スカートのプリーツ加工のためしつけ糸を縫う白モン族の女性。
スカートのプリーツ加工のためしつけ糸を縫う白モン族の女性

収穫の季節

この地方は、一年に一回の収穫を 行う一毛作。山間の狭い土地を有効活用するために、棚田や畑は山 の上まで作りあげられています。一部、中国製の農機具が入ってきている村もありますが、ほとんどの村での作業は機械に頼らず、水牛と手作業の昔ながらの方法。10月にもなると広大な棚田は一面黄金色に染まり、民族衣装を着て作業をする少数民族のあでやかな姿を目にすることができます。棚田が黄金色に染まる10月のハジャン。この時期は、市場の賑やかさとともに収穫期の特別な活気に満ち溢れています。
ランテン・ザオ族の刈り入れの様子。日頃から民族衣装を着ているため、稲穂が黄金に輝くこの季節は金に赤のコントラストが美しい。
ランテン・ザオ族の刈り入れの様子。日頃から民族衣装を着ているため、稲穂が黄金に輝くこの季節は金に赤のコントラストが美しい。
 稲刈り、脱穀をするランテン・ザオ族の女性。水牛がいる光景もよく見ることができる。
稲刈り、脱穀をするランテン・ザオ族の女性。水牛がいる光景もよく見ることができる。

関連ツアー

韓国二大名峰登頂 漢拏山・智異山と済州島満喫オルレハイキング

ベトナム最北の地を行く ディエンビエンフーからハジャンへ

乾季のベストシーズン限定、知られざる山岳少数民族の旅。色鮮やかなドンバンの日曜市や、赤モン族やザオカウ族、ルー族など個性的な民族衣装を身にまとった人々が訪れるシンホーの日曜市など、5ヶ所で趣の違う定期市・素朴な村々を訪問。