「スペイン・フランス国境越え 花のピレネー山脈トレッキング」ツアーレポート

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 西遊新聞 > ツアーレポート > 登山・トレッキング・ハイキング > スペイン・フランス国境越え 花のピレネー山脈トレッキング
西遊旅行のスタッフが、世界の「今」をお伝えします。>> ブログ一覧はこちら
「西域浪漫飛行」中近東&中央アジア担当スタッフブログ
「サラーム・パキスタン」
「行って・見て・感じチャイナ」中国担当スタッフブログ
「西遊山組」山担当スタッフブログ
「AVENTURA -アベントゥーラ」南米担当スタッフブログ
「ナマステインディア大作戦」
「エベレスト終着駅ナマステーションへようこそ」
「THIS IS BHUTAN」ブータン担当スタッフブログ
「African Dream」アフリカ担当スタッフブログ
「秘境の話をしよう」キャラバンデスク スタッフブログ

毎日がアニマル!世界の野生動物日記

ワイルドライフ Wild Life ~世界の野生動物日記~

元添乗員の映画監督による映画紹介

旅と映画

こちらも更新中!マニアックな旅人へ

金子貴一のマニアックな旅

ツアーレポート TOUR REPORT

登山・トレッキング・ハイキング 目次へ

文:中沢 伴行 写真:西遊旅行
※最新のツアーとは内容が異なる場合があります。
スペイン・フランス国境越え
花のピレネー山脈トレッキング

7月の花のベストシーズンに今、注目のピレネー山脈を訪れました。
スペインからフランスの国境ローランの裂け目を越え多くの固有種が自生するこの地の花々を愛でながらガヴァルニーへ。
最後は、ピレネー山麓のカトリック教徒の聖地ルルドで幻想的なキャンドルパレードに参加し、 旅の最後に感動の一夜を過ごしました。

オルデサ渓谷を歩きゴリッソ山小屋へオルデサ渓谷を歩きゴリッソ山小屋へ

オルデサ渓谷を歩きゴリッソ山小屋へ

トルラから国立公園の専用バスに乗り込み、歩き始めるポイントへ。アラサス川沿いのブナの森や滝、咲き誇る花々を楽しみながらオルデサ国立公園の渓谷を歩いていきます。深い渓谷になっており、両サイド石灰岩と花崗岩の岩山に囲まれています。途中、見事な滝を眺めながら進み、森を抜けると氷河の浸食により創り出された雄大なオルデサのU字谷にお花畑が広がります。

  • 氷河の浸食により創り出された雄大なオルデサのU字谷氷河の浸食により創り出された雄大なオルデサのU字谷
  • ソアッソの滝ソアッソの滝
ゴリッソ山小屋
ゴリッソ山小屋
ハイキングで遊びに来る人は、このソアッソの滝で折り返しになりますが その後、一気に急登を登りゴリッソ山小屋へ向かいます。 1963年に建てられた非常にシンプルな造りの山小屋で 世界中からトレッカーが集まっていました。設備は古いですが快適に過ごせました。

ゴリッソ小屋からローランの裂け目を越える

ローランの裂け目を仰ぎ見る
ローランの裂け目を仰ぎ見る

山小屋裏の川を渡り、岩場を登って行きます。途中、1ヵ所手を使って登るところがありますがそこを抜けると比較的穏やかな道が続きます。歩いている途中、マーモットが近くに現れました。マーモットは元々はピレネー山脈にはおらず、アルプスから連れて来られてきたとか。その後、トラバースの道を歩きます。トラバースの後は一旦少し下り、右に巻いていきます。ここからルート上に雪渓が出てきましたが、日中で凍ってないため歩きやすかったです。 そして、雪渓とガレ場を繰り返してローランの裂け目のビューポイントでお昼を召し上がっていただきました。最高の展望地でのお昼でした。

昼食後は、ローランの裂け目を目指します。スペイン側は傾斜はきつくないですが、最後の雪渓は注意が必要です。 ローランの裂け目(2807m)に到着すると今まで歩いてきたスペイン側、そしてこれから歩くフランス側の展望が目の前に広がります。 パスポートのいらない国境を通過した後は、フランス側をサラデ小屋まで約1時間かけて下りました。 サラデ小屋はローランの裂け目やグランカスケートが展望できる山小屋でした。 現在、サラデ小屋は拡張のため改修工事に入っており2017年は宿泊が難しいようです。

翌日は、ガヴァルニー大圏谷まで下っていきましたが 途中、アヤメの群生やピレネーの花々が彩っていてまさに「花の楽園」が目の前に広がっていました。

  • 小屋から眺めるグランカスケードの滝小屋から眺めるグランカスケードの滝
  • 夕日に染まるローランの裂け目夕日に染まるローランの裂け目

ピレネー山脈を代表するハイキングルート
世界遺産ガヴァルニー大圏谷

壮麗な氷河のカール(圏谷)で知られるガヴァルニー。2万年以上も前に、巨大な氷河がガヴァルニーから下方のルルドにまで伸び、現在の地形を造り上げました。ホテルから出発し気軽に楽しめるハイキングでヨーロッパ最大の滝を従える大岩壁の大迫力の光景をお楽しみいただきました。また、滝だけではなくお花も愛でながらのんびり過ごせました。

ガヴァルニー村のホテル
 

エーデルワイス
 

ガヴァルニー大圏谷から眺めるピレネーの山々

ピレネー山脈を代表するハイキングルート
ゴーブ湖ハイキング

ピレネーで最も美しい湖のひとつといわれるエメラルドグリーンに輝くゴーブ湖周辺をハイキング。行きは登りですが高低差も約300m前後なのでそこまで大きくなく、気持ちの良い森の中を歩いていき気付けばゴーブ湖に到着していました。
ゴーブ湖ではのんびり湖畔を歩いて、花々や名峰ビニュマール峰(3,298m)の展望を満喫。お昼は湖畔のレストランで召し上がっていただき、贅沢な時間を過ごしました。
  • エメラルドグリーンに輝くゴーブ湖 エメラルドグリーンに輝くゴーブ湖
  • 目の前に広がるビニュマール峰(3,298m)目の前に広がるビニュマール峰(3,298m)
カトリック教徒の聖地ルルド
カトリック教徒の聖地ルルド

ピレネー山麓の聖地ルルドへ

旅の最後の夜は幻想的なキャンドルパレードで旅を締めくくります。聖ベルナデッタ教会の前に何百人もの巡礼者が集まりキャンドルを持ちながら祈りを捧げ、聖歌を歌いながらゆっくりと歩く聖地ルルドの夜。感動的な時間を過ごせ、やはり最後の夜をルルドで過ごして正解だと感じました。

ピレネー山脈はやはり花の時期が一番美しいのではないかと思います。 来年は、7月の花のベストシーズンに訪れてみてはいかがでしょうか。

関連ツアーのご紹介

スペイン・フランス国境越え 花のピレネー山脈トレッキング

世界遺産ガヴァルニー大圏谷を歩く。スペインからローランの裂け目を越え、フランス・ピレネー山麓の聖地ルルドへ。7月のピレネー山脈は花のベストシーズン。