「エベレスト山群大展望 ゴーキョ・ピーク登頂とレンジョ・パス越え」ツアーレポート

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 西遊新聞 > ツアーレポート > 登山・トレッキング・ハイキング > エベレスト山群大展望 ゴーキョ・ピーク登頂とレンジョ・パス越え
西遊旅行のスタッフが、世界の「今」をお伝えします。>> ブログ一覧はこちら
「西域浪漫飛行」中近東&中央アジア担当スタッフブログ
「サラーム・パキスタン」
「行って・見て・感じチャイナ」中国担当スタッフブログ
「西遊山組」山担当スタッフブログ
「AVENTURA -アベントゥーラ」南米担当スタッフブログ
「ナマステインディア大作戦」
「エベレスト終着駅ナマステーションへようこそ」
「THIS IS BHUTAN」ブータン担当スタッフブログ
「African Dream」アフリカ担当スタッフブログ
「秘境の話をしよう」キャラバンデスク スタッフブログ

毎日がアニマル!世界の野生動物日記

ワイルドライフ Wild Life ~世界の野生動物日記~

元添乗員の映画監督による映画紹介

旅と映画

動物スペシャリスト・秋山知伸

ワイルドライフ Wild Life ~世界の野生動物日記~

ツアーレポート TOUR REPORT

登山・トレッキング・ハイキング 目次へ

文:トレッキング担当スタッフ 写真:西遊旅行
※最新のツアーとは内容が異なる場合があります。
エベレスト山群大展望 ゴーキョ・ピーク登頂と
レンジョ・パス越え

生活道であるエベレスト街道を離れ、知る人とぞ知る隠れた大展望地ゴーキョ・ピーク(5,360m)滞在と
ネパール三大峠の一つであるレンジョ・パス(5,340m)を越える旅へ

ゴーキョピークから望む、エベレスト、ローツェ、マカルーゴーキョピークから望む、エベレスト、ローツェ、マカルー

エベレスト街道の玄関口、ルクラのエドモンド・ヒラリー空港に降り立ち、山岳民族シェルパの里ナムチェバザールを目指すところまではエベレスト街道沿いに行きますが、エベレスト街道最奥部カラパタール方面との分岐であるサナサを左折すると、今まで外国人トレッカーで賑わっていたエベレスト街道とは雰囲気もうって変わり、他のネパールトレッキングにはない独特の雰囲気に包まれます。
ゴーキョピークまでの道のりは決して楽ではないのですが、他の5,000m級のピークを目指すコースとは違い、ナムチェバザールに2泊後、半日行程で徐々に高度を上げていくので、高度順応をし易く、少しでもゴーキョ・ピーク登頂とレンジョ・パス越えをスムーズに達成できるよう配慮した日程になっております。

静寂に包まれたゴーキョピークへ

エベレスト街道との分岐を過ぎた後、モン・ラというアマダブラムとタウツェの好展望地へ向かいます。モン・ラに一泊した後、静かな樹林帯を歩みドーレ村へと向かい、ドーレ村から山腹のトラバース道をゆっくり登ると、樹林帯の中から突如として眼前にチョ・オユーが姿を現します。世界第6位の高峰チョー・オユー(8,201m)は、ネパールと中国(チベット自治区)の国境にあり、チベット語で「トルコ石の女神」をと呼ばれています。8,000m峰の中では比較的に登り易いとされ、近年ではエベレスト遠征の前に高度順応として登頂される事も多い山です。チョー・オユーを望みながら北へ進路を取り、この日は谷間に開けた牧草地のマッツェルモへ泊まります。
翌日はマッツェルモからゴジュンバ氷河末端モレーンを進んで行きます。ネパールとチベット国境のゴジュンバカン(7743m)から流れ出るこの氷河は、チョー・オユーの南麓を流れ、幅1km長さ16kmに達するネパール最大の氷河です。ゴジュンバ氷河末端モレーン越え、ゴーキョ・ピーク麓から流れる3つの湖を越えると、いよいよゴーキョに到着です。

8000m峰4座の大展望地 ゴーキョ・ピーク登頂

ロッジ手前のドゥードゥ・ポカリの湖畔を少し回りこんだ後、一歩一歩ピークに向けて進んでいきます。標高が上がるにつれ、息が苦しくなっていくので山腹で何度も休憩を取ります。標高はすでに5,000m近く。眼下に見下ろすゴーキョのロッジはどんどん遠ざかり、碧き水をたたえる氷河湖の全景を望めます。 タルチョはためくピークに到着すると、ゴーキョ・ピークの北には、世界第6位峰チョー・オユーや北東に聳える世界最高峰のエベレスト、その東隣には世界第4位の峰ローツェ(8,516m) が聳えています。より東に目を移すと左右均衡の取れたピラミダルな山容の世界第5位の秀峰マカルー(8,462m)の展望が広がります。他のネパールトレッキングでは見ることができない360度の大展望にアクセントを加える名峰たちも素晴らしく、そして眼下に見下ろすゴーキョの象徴、氷河湖ドゥードゥ・ポカリの碧き湖面は神々の頂の白味をさらに引き立てます 眼前に臨む荒々しいゴジュンバ氷河は、まるで我々がいる世界と神々が棲む世界との唯一無二最後の境界線のようです。

ネパール三大峠の一つ、レンジョ・パスを越える

ネパールに存在する、三つ峠(チョラ・ラ、コンマ・ラ、レンジョ・ラ)の中でも、特に景色が美しいと謳われるレンジョパスを越える日、当ツアーにおいての最大の見所であり関門でもあります。ゴーキョのロッジを出発し、ゴーキョピーク山麓のドゥードポカリを時計回りに巻くように緩やかな登りを進むと、レンジョ・パスの急登の取り付きへと到着します。その後はザレ場、ガレ場の急登を登り、そしてレンジョパスの頂上からはゴーキョ・ピークに勝る圧巻の絶景が広がります。まさに神々から与えられた試練を乗り越えた者のみが展望を許される絶景です。

  • レンジョ・パスへの急登の取り付き
  • レンジョラからの景色

ネパール・トレッキングのベストシーズンは10月~12月、2月~4月までの秋期~春期までと言われています。 10月~12月はネパールの秋晴れが続き、晴天率が高く高峰群の展望をするには最も良い時期です。また2月~4月は秋に比べると晴天率は高くないものの、高峰群に映える残雪が幻想的に見える季節となっています。 是非、ベストシーズンに訪れてみてはいかがでしょうか。

関連ツアーのご紹介

エベレスト山群大展望 ゴーキョ・ピーク登頂とレンジョ・パス越え

エベレスト、ローツェ、マカルー、チョー・オユー、8,000m峰四座展望。レンジョ・パスを越えロールワリン山群までを一望。氷河湖の美しいゴーキョに3連泊。