「中米最高峰タフムルコ(4,220m)登頂とティカル遺跡ネイチャーウォーキング」ツアーレポート

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 西遊新聞 > ツアーレポート > 登山・トレッキング・ハイキング > 中米最高峰タフムルコ(4,220m)登頂とティカル遺跡ネイチャーウォーキング
西遊旅行のスタッフが、世界の「今」をお伝えします。>> ブログ一覧はこちら
「西域浪漫飛行」中近東&中央アジア担当スタッフブログ
「サラーム・パキスタン」
「行って・見て・感じチャイナ」中国担当スタッフブログ
「西遊山組」山担当スタッフブログ
「AVENTURA -アベントゥーラ」南米担当スタッフブログ
「ナマステインディア大作戦」
「エベレスト終着駅ナマステーションへようこそ」
「THIS IS BHUTAN」ブータン担当スタッフブログ
「African Dream」アフリカ担当スタッフブログ
「秘境の話をしよう」キャラバンデスク スタッフブログ

毎日がアニマル!世界の野生動物日記

ワイルドライフ Wild Life ~世界の野生動物日記~

元添乗員の映画監督による映画紹介

旅と映画

動物スペシャリスト・秋山知伸

ワイルドライフ Wild Life ~世界の野生動物日記~

ツアーレポート TOUR REPORT

登山・トレッキング・ハイキング 目次へ

文:城戸 和広 写真:城戸 和広、西遊旅行
※最新のツアーとは内容が異なる場合があります。
中米最高峰タフムルコ&サンタマリア登頂と
世界遺産ティカル遺跡のネイチャーウォーキング

中米最高峰タフムルコ山(4,220m)はグアテマラ南西部に位置しており、メキシコから太平洋岸沿いに多くの火山を擁するシエラマドレ山脈の中にあります。マヤの言葉で『大地の奥深い場所』という意味を持つこの火山、日本ではあまり知られていませんが、技術的に難しい山行はなく、初めての4,000m峰登頂にもおすすめです。
このタフムルコ登頂と、グアテマラ第4の高峰サンタマリア(3,772m)登頂、そしてグアテマラの自然を満喫できるツアーの様子をご紹介いたします。

サンタマリア火山より噴煙を上げるサンティ・アギート火山を見下ろす
サンタマリア火山より噴煙を上げるサンティ・アギート火山を見下ろす

タフムルコ登山

【1日目】チチカステナンゴ(2,030m)~タフムルコ登山口(3,071m)~キャンプ1(3,700m)

登山1日目はキャンプ1(3,700m)を目指します。登山口からはグラテマラ第2の高峰タカナ山(4,092m)を眺めながらスタートです。歩き始めは未舗装の車道を1時間程歩き集落をぬけ登山道へ。その後、樹林帯を歩きゆるやかに歩きキャンプ1に到着です。

  • グアテマラ第二の高峰タカナ山(4,092m) グアテマラ第二の高峰タカナ山(4,092m)
  • 中米最高峰タフムルコ(4,220m)    中米最高峰タフムルコ(4,220m)  
  • 樹林帯を歩く 樹林帯を歩く 

【2日目】■ キャンプ1(3,700m)~ タフムルコ山頂(4,220m)~ タフムルコ登山口(3,071m)

2日目は、4時頃にキャンプ1を出発し登山開始。ヘッドランプの明かりを頼りにゆっくりと登ります。森林限界 を越え、現地の人々が山の神様に敬意を示し「お祈り」する祭壇を過ぎると急に風が強く、気温が下がり、岩場が多くなりました。 山頂に到着すると丁度、朝日が昇り、遠くにサンタマリア山(3,772m)が望めます。周りには太平洋や隣国メキシコも見渡せ大展望が広がります。 帰路はキャンプ1に戻り休憩。朝食後は一気に登山口まで下山です。
  • タフムルコからの朝焼け タフムルコからの朝焼け
  • タフムルコ登頂後キャンプ1に下山
  • 下山途中から望むタフムルコ 下山途中から望むタフムルコ

サンタマリア登山

タフムルコ登頂の翌日はグアテマラ第4の高峰サンタマリアの頂を目指します。サンタマリア山(3,772m)はグアテマラ南西部にある火山です。円錐形をしており、標高も富士山(3776m)とほぼ同じで、その優美な姿は富士山を思い出させます。

サンタマリア山登山の玄関口となるケツァルテナンゴから車で走る事30分。登山の拠点となるジャノス・デル・ピナル(2,340m)に到着し、出発です。2,340mから歩き始め、序盤は樹林帯の中をゆるやかに歩き、徐々に高度を上げていきます。道中からは北の方角に、中米最高峰タフムルコ(4,220m)登が遠くに展望できました。

ふと見上げると山頂がすぐそこに見えます。しかし、到着までにはまだまだ時間がかかります。本日は1,432mも登らなければなりません。山頂付近の岩場を抜けるとついにサンタマリア山(3,772m)に到着です。

  • 中米最高峰タフムルコ(4,220m)
  • サンタマリア山頂上を目指す
  • 3,000m級の火山群が広がる 3,000m級の火山群が広がる

山頂からは南東にアカテナンゴ(3,976m)、フエゴ(3,763m)、スニル(3,542m)、サンペドロ(3,020m)、トリマン(3,158m)、アティトラン(3,557m)、サント・トマス(3,505m)など、3,000m級の火山群の大展望が広がり、眼下にはごとに爆音を響かせて噴煙を上げるサンティ・アギート山(2,510m)が望めます。他の登山では味わえない雪渓を堪能し下山しました。

  • サンティ・アギート山 15分から20分ごとに爆音を響かせて噴煙を上げるサンティ・アギート山
  • サンティ・アギート山
  • サンティ・アギート山

 

下山後は温泉でひと息、伝統料理、観光もお楽しみください

登山のあとは、フェンテス・ヘオロヒナスへ向かい大自然の中での露店温泉で疲れを癒していただき、七面鳥を煮こんだカキックなど各地で郷土料理もお楽しみいただきます。また、アティトラン湖ではボートに乗って対岸のインディヘナの村、サンティアゴ・アティトランや古都アンティグアを訪問します。

  • フェンテス・ヘオロヒナスの露店温泉 フェンテス・ヘオロヒナスの露店温泉
  • フェンテス・ヘオロヒナスの露店温泉
  • ウルバンバ川を渡りトレッキング開始 郷土料理の一例 
  • 七面鳥を使ったスープ「カキック」
  • サンティアゴ・アティトラン村にて サンティアゴ・アティトラン村にて
  • アティトラン湖をクルーズ アティトラン湖をクルーズ

世界遺産ティカル遺跡のネイチャーウォーキングでグアテマラの自然を満喫

旅のもうひとつのハイライトが世界遺産ティカル。グアテマラ北部のジャングルの中に広がるマヤ文明最大最古の都市遺跡をネイチャーウォーキングでお楽しみいただきます。16平方kmの空間に3000にも及ぶ建造物が存在する遺跡でありながら、植生豊かな大自然が広がり、七面鳥やコンゴウインコ、オオツリスドリ、アルマジロ、ホエザル、ワニ、しっぽを立てたハナグマなど、多数の動植物とふれあうことができます。

  • ジャングルから頭をだすマヤ最大の都市遺跡ティカル ジャングルから頭をだすマヤ最大の都市遺跡ティカル
  • マヤ最大の都市遺跡ティカルの一号神殿 ティカルの一号神殿
  • 七面鳥
  • ハナグマ
  • ムナフチュウハシ ムナフチュウハシ

中米最高峰を登頂し、サンティ・アギート山の迫力の火山活動の見学、グアテマラの文化とマヤ遺跡にふれる事ができる10日間の見どころ満載なツアー。ご満足いただけること間違いなしです!歴史と大自然体感するトレッキングへ一緒にでかけてみませんか。


関連ツアーのご紹介

中米最高峰タフムルコ(4,220m)登頂とティカル遺跡

中米最高峰タフムルコとサンタマリア、2つの火山を登頂。マヤ文明最大の遺跡ティカル見学にインディヘナの村巡り。グアテマラを知り尽くした西遊旅行ならではのこだわりの山旅。