秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 西遊新聞 > ツアーレポート
西遊旅行のスタッフが、世界の「今」をお伝えします。>> ブログ一覧はこちら
「西域浪漫飛行」中近東&中央アジア担当スタッフブログ
「サラーム・パキスタン」
「行って・見て・感じチャイナ」中国担当スタッフブログ
「西遊山組」山担当スタッフブログ
「AVENTURA -アベントゥーラ」南米担当スタッフブログ
「ナマステインディア大作戦」
「エベレスト終着駅ナマステーションへようこそ」
「THIS IS BHUTAN」ブータン担当スタッフブログ
「African Dream」アフリカ担当スタッフブログ
「秘境の話をしよう」キャラバンデスク スタッフブログ

毎日がアニマル!世界の野生動物日記

ワイルドライフ Wild Life ~世界の野生動物日記~

元添乗員の映画監督による映画紹介

旅と映画

動物スペシャリスト・秋山知伸

ワイルドライフ Wild Life ~世界の野生動物日記~

世界のワイルドフラワー観察日記

世界の花だより ワイルドフラワー観察日記
ツアーレポート
春に訪れるネパール ~ゴラパニルートとランタン谷ルート~

文: 堤 智顯  写真西遊旅行
3月、厳しく寒い冬が終わり、ヒマラヤにも春が訪れます。世界各国のトレッカーがネパールに戻って くる頃、ヒマラヤの山麓は真紅のシャクナゲの花に敷き詰められます。山麓の村では耕運機の代わりに ヤクや牛が活躍し、麦や蕎麦の種を蒔く村人たち。新芽が萌え、午後になると時折降る雨に草木が生き 生きと体を揺らします。春のヒマラヤ山麓を訪れると、不思議と懐かしい気持ちになります。我々日本 人が忘れてしまった暮らし、風景がそうさせるのだと思います。そんな、春のネパールの魅力を存分に ご堪能いただける2つのトレッキングルートを紹介します。
春、プーンヒルから見るダウラギリ
春、プーンヒルから見るダウラギリ

アンナプルナ山麓 ゴラパニルート

トレッキングの拠点はカトマンズより西に200km、温暖なリゾート地の趣のある町ポカラ。ここから車を走らせたナヤプルからトレッキングが始まります。標高は1,000m程でバナナの木が生い茂る亜熱帯の雰囲気の中を歩き始めます。谷沿いに広がる広大な新緑の段々畑を眺めながら歩いていくと、我々を迎えてくれるのは素朴な暮らしを続けるグルン族の村人たち。トレッキングルートは彼らの生活道。

アンナプルナ南峰とヒウンチュリの展望地・ガンドルンを過ぎ、タダパニを越えてからシャクナゲの原生林が始まります。ここでの見事に咲き誇る大輪のシャクナゲのトンネルの美しさにはただただ圧倒されるばかり。そして、辿り着いたゴラパニで姿を現すのは堂々とそびえる世界第7位峰・ダウラギリⅠ峰(8,167m)。ここを訪れる人は早朝にプーンヒルと呼ばれる丘を目指します。プーンヒルからはさらに展望が開け、ダウラギリⅠ峰やアンナプルナ山群が朝日を浴び、赤く燃える姿はまさに神々しいものです。

ゴラパニ付近のシャクナゲ
ゴラパニ付近のシャクナゲ
春のアンナプルナでフラワーハイキングを満喫
春のアンナプルナでフラワーハイキングを満喫
プーンヒルの夜明け
プーンヒルの夜明け
ニルギリ峰(タサンビレッジ)
ニルギリ峰(タサンビレッジ)
キャンジン・ゴンパの村
キャンジン・ゴンパの村

ランタン谷ルート

エベレスト街道やアンナプルナ山域に次いで人気のあるトレッキングルートがランタン谷トレッキングです。トレッキング拠点のシャブルベンシは、他のトレッキングエリアに比べ、土産物屋等もほとんど無く、昔ながらのネパールの山村の雰囲気を残した村です。歩き始めると、すぐにランタン・コーラ(川)沿いにランタン谷に入り、しばらくは樹林帯の中を進んで行きます。そして現れるシャクナゲの原生林。白やピンクの花を付けたシャクナゲが多いのが印象的です。

チベット人のような顔立ちの村人達は、ネパールの部族タマン族を名乗っていますが、実はかつてチベットからヒマラヤを越えて来た正真正銘のチベット人とのこと。森林限界を超えてたどり着いたランタン村では彼らがヤク等の牧畜や農業を営む山の暮らしを見ることが出来ます。

トレッキングのハイライトとなるのはランタン谷をさらに奥へ行ったキャンジンゴンパ。ランタン山群の明主ランタン・リルン(7,225m)をはじめ、キムシュン、ナヤ・カンガ等の白銀の秀峰群に囲まれた展望はまさに圧巻。かつて、イギリス人探検家のティルマンがランタン谷を外国人として始めて訪れた時、「世界一美しい谷の一つ」と称したのもうなずける美しさが我々を迎えいれてくれます。

キャンジンゴンパ裏手に聳える小ピークからのナヤ・カンガ(5,846m)の展望
キャンジンゴンパ裏手に聳える小ピークからのナヤ・カンガ(5,846m)の展望


関連ツアー
ダウラギリ氷河展望ロッジ滞在 ジョムソンハイキング

名峰ダウラギリⅠ峰を仰ぎ見る、人気のタサン・ビレッジに3連泊。チベット文化の息づくジョムソン街道をゆったり歩き、周囲の村へもハイキング。刻一刻と変化するヒマラヤの山々を心ゆくまで眺める贅沢なコース。
ロッジ泊まりでヒマラヤ名ルートを歩く
アンナプルナ・ダウラギリ周遊ハイキング


人気のゴラパニルートをゆったり歩く10日間。プーンヒルからは世界の屋根ヒマラヤ山脈を一望。農村風景も楽しみながら迫力の8,000m峰を眺める旅。
ランタン谷トレッキング

「世界で最も美しい谷のひとつ」とティルマンが称したランタン谷へ。数々の秀峰に囲まれたキャンジンゴンパを目指す。さらに360度の展望が広がる小ピーク(4,335m)にも登頂!
ネパール・トレッキング ツアー一覧