秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 西遊新聞 > ツアーレポート
西遊旅行のスタッフが、世界の「今」をお伝えします。>> ブログ一覧はこちら
「西域浪漫飛行」中近東&中央アジア担当スタッフブログ
「サラーム・パキスタン」
「行って・見て・感じチャイナ」中国担当スタッフブログ
「西遊山組」山担当スタッフブログ
「AVENTURA -アベントゥーラ」南米担当スタッフブログ
「ナマステインディア大作戦」
「エベレスト終着駅ナマステーションへようこそ」
「THIS IS BHUTAN」ブータン担当スタッフブログ
「African Dream」アフリカ担当スタッフブログ
「秘境の話をしよう」キャラバンデスク スタッフブログ

毎日がアニマル!世界の野生動物日記

ワイルドライフ Wild Life ~世界の野生動物日記~

元添乗員の映画監督による映画紹介

旅と映画

動物スペシャリスト・秋山知伸

ワイルドライフ Wild Life ~世界の野生動物日記~

世界のワイルドフラワー観察日記

世界の花だより ワイルドフラワー観察日記
ツアーレポート
ミルフォード・トラック 世界自然遺産を歩く(ニュージーランド)

文・写真西遊旅行 東京本社 トレッキング担当スタッフ
豊かな大自然と太古の原生林が残るニュージーランド・南島。「ミルフォード・トラック」はユネスコの世界自然遺産に登録されているフィヨルドランド国立公園北部に位置するトレッキングルートで、全長約54㎞(33.5マイル)を3泊4日かけて踏破します。
マッキノンパス(峠)より望む渓谷
マッキノンパス(峠)より望む渓谷
「世界の最果て号」
ジャイアントゲートフォールズ
世界で一番美しい散歩道

1888年、クインティン・マッキノンによって開拓され、ニュージーランドの数あるトレイルの中でもその美しさで著名なトレックルートです。いつからか〝FinestWalkintheWorld(世界で一番美しい散歩道)〟との呼び名がつきます。「散歩道」と呼ぶには少々語弊がありますが、氷河の削りだした美しい渓谷、緑の濃い原生林、青い小川のせせらぎなど、トランパー(ニュージーランドではトレッカーを「トランパー」と呼びます)を3泊4日飽きさせない魅力があふれています。

ミルフォード・トラックが多くの人を惹きつけるその理由は、山の中とはとても思えないほど整ったロッジとサービス、そしてしっかりとした入山システムでしょう。日本で「山小屋」というと雑魚寝のイメージが強いですが、ロッジ内は2段ベッドが並ぶ4~8名様の大部屋となります。寝具も備え付けられているため、かさばる寝袋を運ぶ必要はありません。ご自身で背負っていただくものは、3泊4日分の着替え、雨具、昼食、水筒、貸出シーツ程度に限られます。ロッジには洗濯場や乾燥室があるため、着替えは最低限のみで問題ありません。また、一日50人と入山制限を行っているため、静かな山歩きを楽しむことができ、このトレイルが美しさを保ち続けている理由のひとつでもあります。

苔生す中をトレッキング
苔生す中をトレッキング
ロッジの一例
ロッジの一例
部屋の様子
部屋の様子

ミルフォードの楽しみ方

朝一番の仕事は、昼食用サンドイッチ作りから始まります。各自の好きな具材と分量でサンドイッチを作成し、行動食用のスナックやフルーツを好きなだけザックにつめます。毎朝のサンドイッチ作りも楽しみの一つとなります。トレック後、ロッジに到着すると、併設されたレストラン兼ラウンジにて飲み物・軽食が用意されており、好きな時に利用することができます。夕食時には、翌日のハイライトと注意点を説明する会が設けられ、知識と経験豊富なスタッフが、スライドを使ってわかりやすく説明をしてくれます。

また、世界各国から参加するトランパーとの交流も、このコースならではの楽しみの一つでしょう。歩く時こそ皆それぞれのペースで歩いてはいますが、3泊4日を歩き通したのちには、ひとつのチームのようになり、別れが惜しくなるものです。最終日には完歩証授与式が開かれ、拍手の中、一人一人完歩証が手渡されます。

サンドイッチ作り
サンドイッチ作り
ロッジでの食事の一例
ロッジでの食事の一例
コケやシダに覆われた小川
コケやシダに覆われた小川
大自然の中を流れるクリントン川沿いを歩く
大自然の中を流れるクリントン川沿いを歩く
サルト・グランデ
雨によって創られた
ミルフォード・トラックの自然

ミルフォード地区は世界でも有数の降雨量の多い地区の一つであり、トレイル中の最高地点・マッキノン峠(1,073m)を越えると、さらに雨量が増える地域へと入ります。場合によっては、ひざ下近くまで増水した小川を渡ることもあります。山歩きというと、雨を敬遠する方がほとんどでしょう。しかし、イギリス人作家ラドヤード・キプリングはこのミルフォード・トラックを「雨が降ると、ここはまさに世界八番目の奇跡である。」と表現しています。雨によって、コケやシダで覆われた原生林は更に緑を色濃くし、みずみずしさを増します。渓谷を流れる幾筋もの大きな滝が、われわれトランパーを圧倒します。言葉では表現しきれない、自然の力強さと美しさがそこにはあふれており、雨が織りなすミルフォードの別の魅力と言えるでしょう。

2011年2月に発生したクライストチャーチでの地震がまだ記憶に新しいニュージーランドですが、日本と同じように徐々に復興に向けて歩みを進めています。12月上旬はマウントクックリリー、1月下旬~2月頃はサウスアイランドエーデルワイスが見頃となります。お目当ての花を求めて時期を決めるのもよいでしょう。是非、ミルフォードの美しさを体感しに足を運んでみませんか。

サルト・グランデ
サルト・グランデ
砂丘を舞うフラミンゴ 砂丘を舞うフラミンゴ 砂丘を舞うフラミンゴ 砂丘を舞うフラミンゴ 砂丘を舞うフラミンゴ 砂丘を舞うフラミンゴ 砂丘を舞うフラミンゴ 砂丘を舞うフラミンゴ 砂丘を舞うフラミンゴ 砂丘を舞うフラミンゴ 砂丘を舞うフラミンゴ 砂丘を舞うフラミンゴ


関連ツアー
ミルフォード・トラックとマウントクック・ハイキング

トレッカー憧れの美しき名トレイルへ!ニュージーランド南島のベストシーズン限定。ミルフォード・トラック総計54㎞を完全踏破、ニュージーランド最高峰・マウントクックを展望しながら、人気のフッカー谷もハイキング。
    >>世界の山旅ツアー一覧