「秘境ガルワールヒマラヤの大自然とシク教、ヒンドゥー教の文化にふれる」ツアーレポート

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 西遊新聞 > ツアーレポート > 登山・トレッキング・ハイキング > 秘境ガルワールヒマラヤの大自然とシク教、ヒンドゥー教の文化にふれる
西遊旅行のスタッフが、世界の「今」をお伝えします。>> ブログ一覧はこちら
「西域浪漫飛行」中近東&中央アジア担当スタッフブログ
「サラーム・パキスタン」
「行って・見て・感じチャイナ」中国担当スタッフブログ
「西遊山組」山担当スタッフブログ
「AVENTURA -アベントゥーラ」南米担当スタッフブログ
「ナマステインディア大作戦」
「エベレスト終着駅ナマステーションへようこそ」
「THIS IS BHUTAN」ブータン担当スタッフブログ
「African Dream」アフリカ担当スタッフブログ
「秘境の話をしよう」キャラバンデスク スタッフブログ

毎日がアニマル!世界の野生動物日記

ワイルドライフ Wild Life ~世界の野生動物日記~

元添乗員の映画監督による映画紹介

旅と映画

動物スペシャリスト・秋山知伸

ワイルドライフ Wild Life ~世界の野生動物日記~

世界のワイルドフラワー観察日記

世界の花だより ワイルドフラワー観察日記

ツアーレポート TOUR REPORT

登山・トレッキング・ハイキング 目次へ

文:城戸 和広 写真:西遊旅行
※最新のツアーとは内容が異なる場合があります。
秘境ガルワールヒマラヤの大自然と
シク教、ヒンドゥー教の文化にふれる

ガルワールヒマラヤは「世界の屋根」と呼ばれるヒマラヤ山脈の一部でネパール・ヒマラヤとパンジャブ・ヒマラヤの間に位置しています。 その中にある「花の谷」は幅2km,長さ10km,標高3,500mにある谷間を指します。1930年代にカメット峰(7,756m)に遠征したイギリスの登山家フランク・スマイスの著書「The valley of flowers」の中で紹介され有名になり、高山植物の『宝庫』として知られるようになりました。

この「花の谷」への旅は、ヒマラヤの奥地の高山植物を観察することはもちろん、シク教徒の聖地ヘムクンド湖や、ヒンドゥー教の四大聖地の一つバドリナートやハリドワールを訪れる変化に富んだカルチャートレッキングです。
山の展望を楽しむだけではなく、歩かなければ訪れる事のできない花の谷や聖地を訪ね、自然と文化を体感するトレッキングへ一緒にでかけてみませんか。

花の谷
花の谷

ゴビンダガート(1,828m)→ ガンガリア(3,040m) 13km

ガルワールヒマラヤの玄関口ジョシマートから車で走る事40分。トレッキングの拠点、ゴビンダガートへと向かいます。 この道はシク教徒の巡礼路になっており、巡礼者は聖地ヘムクンドを目指して歩きます。

歩きはじめは石畳をゆっくりと登っていきます。道中には馬や、籠に担がれて登っていく人、小さな子供や老人と巡礼者の年齢層は幅広く、聖地に行けるという喜びに満ち溢れているように見えます。

その後、岩場と石畳の急な階段を登り花の谷の拠点、ガンガリアに到着します。我々の泊まったゲストハウスは簡素な設備でしたが、街の一番にぎやかな場所にあり、シク教寺院グルドワラーの正面にあります。早朝の4時半からのシク教徒のお祈りの声が聞こえてくるという大変ユニークなゲストハウスでした。

  • ゴビンダガート
    ゴビンダガート
  • シク教徒が集まるマーケット
    シク教徒が集まるマーケット
  • 巡礼路を行くシク教徒
    巡礼路を行くシク教徒

ガンガリア(3,040m)~ 花の谷(3,500m) 往復6km

ホテルを出発して15分程歩くと、いよいよインドヒマラヤの秘境「花の谷」に到着です。花だけで550種あるこの谷では毎年新種が発見され、咲く花の種類が変わるといわれています。多種に渡る花を楽しむため、ここでは花専門のガイドが同行します。ブルーポピー、アツモリソウ、ユキノシタ、シオガマギクなど、沢山の花の案内をしてくれました。

ここ花の谷は1982年まで、家畜の放牧が行われたこともありました。しかし、インド政府よって国立公園に指定され、2005年にはユネスコの世界自然遺産に登録され、現在の美しい自然が残っています。

インドヒマラヤの秘境「花の谷」に到着
インドヒマラヤの秘境「花の谷」に到着
サクサイワマン
ブルーポピー
多種多様な花々が咲き誇る
多種多様な花々が咲き誇る
  • フクロソウ
    フクロソウ
  • マメ科の花
    マメ科の花
  • エーデルワイスの一種
    エーデルワイスの一種
  • シオガマギク
    シオガマギク
  • キンポウゲ
    キンポウゲ
  • アツモリソウ
    アツモリソウ

ガンガリア(3,040m)~ ヘムクンド湖(4,328m) 往復約14km

シク教徒の聖地ヘムクンドへ。3,700mを超えると、ブルーポピーやサウスレアが姿を現します。 ロウソクの炎のような形をしたサウスレアはシク教徒の聖花とされています。インドヒマラヤ地方や中国西部でしか見る事ができないサウスレアを見て、聖地に近づいていることを実感しました。

3,900m付近で、道は馬の道と石段に別れます。石段は急ですが、距離は半分になります。標高は4,000mを越える為、高山病にならないようにゆっくり石段を登りました。

ヘムクンド湖に到着すると、巡礼者が沐浴をしています。湖畔には花が咲き乱れ、ヒンドゥー教とシク教の寺院が聳え立ちます。そう、ここは聖地なのです。約4,300mのこの場所で見る不思議な光景に驚かされました。

ヘムクンド湖を後にし、復路は馬の道を歩きます。登りは石段を使ったために気づきませんでしたが、ここはブルーポピーの隠れた宝庫です。午前中にヘムクンドに到着することができたので、霧がかからず、ブルーポピーやサウスレアの写真を撮ることができました。

  • ヘムクンド湖にて、巡礼者の沐浴風景
    ヘムクンド湖にて、巡礼者の沐浴風景
  • シク教徒の聖花・サウスレア
    シク教徒の聖花・サウスレア
  • 湖畔に群生する花々
    湖畔に群生する花々
  • ヘムクンド湖周辺は、ブルーポピーの隠れた宝庫
    ヘムクンド湖周辺は、ブルーポピーの隠れた宝庫

ゴビンダガート(1,828m)→ バドリナート(3,122m)

翌日、ゴビンダガートまで下山し、専用バスにてバドリナートへ。ヒンドゥー教の四大聖地の一つであるこの地にはヴィシュヌ神の一化身であるバドリナートが祀られている寺院があり、聖地とされています。寺院の近くでは温泉が湧いており、トレッキングの疲れを足湯で癒しました。

ここバドリナートからは『ガルワールの女王』と呼ばれ『世界で一番美しい山』と讃えられる秀峰『ニルカンタ(6,596m)』が望めます。今回は天気が悪く、ニルカンタは私達の前に姿を現しませんでしたが、また戻ってくることを誓いバドリナートを後にしました。

  • ワルミワニュスカ峠に向かって
    バドリナート寺院
  • (別ツアーでの撮影写真)快晴の空に現れたニルカンタ
    (別ツアーでの撮影写真)快晴の空に現れたニルカンタ

関連ツアーのご紹介

ガルワールヒマラヤ・花の谷トレッキング

一面の花々に谷が覆われる、この時期だけの限定企画。幻の花ブルーポピーの宝庫・聖地ヘムクンド湖も訪問。 聖地バドリナートからは「世界で一番美しい山」ニルカンタ峰を望む。