「紅葉に染まる秋のデナリ国立公園 マッキンリー展望ロッジ キャンプ・デナリ滞在」ツアーレポート

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 西遊新聞 > ツアーレポート > 北米・中米・南米 > 紅葉に染まる秋のデナリ国立公園 マッキンリー展望ロッジ キャンプ・デナリ滞在
西遊旅行のスタッフが、世界の「今」をお伝えします。>> ブログ一覧はこちら
「西域浪漫飛行」中近東&中央アジア担当スタッフブログ
「サラーム・パキスタン」
「行って・見て・感じチャイナ」中国担当スタッフブログ
「西遊山組」山担当スタッフブログ
「AVENTURA -アベントゥーラ」南米担当スタッフブログ
「ナマステインディア大作戦」
「エベレスト終着駅ナマステーションへようこそ」
「THIS IS BHUTAN」ブータン担当スタッフブログ
「African Dream」アフリカ担当スタッフブログ
「秘境の話をしよう」キャラバンデスク スタッフブログ

毎日がアニマル!世界の野生動物日記

ワイルドライフ Wild Life ~世界の野生動物日記~

元添乗員の映画監督による映画紹介

旅と映画

動物スペシャリスト・秋山知伸

ワイルドライフ Wild Life ~世界の野生動物日記~

世界のワイルドフラワー観察日記

世界の花だより ワイルドフラワー観察日記

ツアーレポート TOUR REPORT

北米・中米・南米 目次へ

文:米谷 健吾 写真:西遊旅行
※最新のツアーとは内容が異なる場合があります。
紅葉に染まる秋のデナリ国立公園 
マッキンリー展望ロッジ キャンプ・デナリ滞在

アメリカ最北の地・アラスカ。短い秋にはツンドラが真っ赤な絨毯のように染まる美しい景色が広がる。
「偉大なるもの」デナリは訪れる多くの人々を魅了し続けている。

ベリーズ・ATM(アクトゥン・チュニチル・ムクナル)洞窟大冒険
ワンダーレイクより望むマッキンリー(デナリ国立公園)

デナリ国立公園 DENALI NATIONAL PARK

アンカレッジから北へ382km、フェアバンクスから南へ194km、アラスカ中部に北米最高峰マッキンリー(6,194m)が聳えるデナリ国立公園は広がっている。“デナリ”とは先住民ディナイア族の言葉で「偉大なるもの」という意味を持ち、人々は古来からマッキンリーのことを“デナリ”と呼んできた。600万エーカーもの広大な面積を持つ公園内は、タイガの森からツンドラ、そして万年雪をいただくアラスカ山脈へと変化に富む。グリズリーやムース、カリブーをはじめ37種の哺乳動物、アラスカ州の鳥であるライチョウなど130種の鳥類が生息し、短い秋にはツンドラが真っ赤な絨毯のように染まる美しい景色が広がる。

フェアバンクスからアラスカ鉄道にて
デナリ駅へ

フェアバンクスからデナリ国立公園までは約4時間、アラスカ鉄道に乗車します。デナリ国立公園が近づくにつれ、秋を感じる風景が広がり始めます。アスペンや白樺の葉は黄色く色づき、山肌は赤く染まる美しい景色を楽しみながらの列車の旅です。

デナリ駅からキャンプデナリへ

デナリ駅に到着すると、キャンプ・デナリのバスが皆様をお待ちしています。ここからいよいよデナリ国立公園への旅がスタート。出発して間もなく、左手には針葉樹林やアスペンなどの広葉樹の森が広がっています。秋には広葉樹が黄色く色づく美しい景色が広がっています。一般車はここまでしか入ることができません。公園内に入ることができるのは国立公園が運行するシャトルバスやツアーバスなど一部の車両に限られているのです。また、国立公園内にはいくつもの休憩所が設けられており、トイレなどの設備も整っています。

ツンドラの大地へ

サベージ・リバーを過ぎると徐々に標高が上がり、タイガの森からツンドラへと植生が変わります。秋にはドワーフバーチやブルーベリーなどの低木が紅葉し、まるで真っ赤な絨毯を敷いたような景色がこの辺りからお楽しみいただけます。また、道中、グリズリーやドールシープ、カリブーなどの野生動物を見つけたら、バスを止めてくれますので、車窓から写真をとることができます。イーストフォーク周辺にて少し早いピクニックディナー。キャンプデナリのスタッフ達が、ビュッフェスタイルに食事を準備してくれます。
次のストップは“極彩色の峠”と呼ばれるポリクローム・パス。天気が良ければアラスカ山脈の雪山と紅葉に染まるツンドラの大地が織り成 す絶景をお楽しみいただけます。


アラスカ鉄道

針葉樹林やアスペンなどの広葉樹の森が広がる

ツンドラへと植生が変わる

ピクニックディナー

ポリクロームパス

北米最高峰マッキンリーの大展望

入り口から62マイル地点のストーニー・ヒルまで来ると、やっとここでマッキンリーがどの雄姿を表します。標高6194m、“偉大なるもの”デナリをはじめて目にする瞬間です。ここからしばらくの間、天気が良ければ左手にマッキンリーを望みながらのドライブをお楽しみいただけます。また、このあたりはグリズリーベアーが良く観察できる地域でもあります。

ワンダーレイク

キャンプ・デナリ手前に広がる湖ワンダーレイク。デナリ国立公園の中でも最も美しい場所といえます。風のない晴天の日にはマッキンリーが湖面に映りこむ絶景がお楽しみいただける他、運が良ければムースが姿を現すこともあります。

北米最高峰マッキンリー

ワンダーレイク

キャンプ・デナリ到着

20時ごろ、公園入り口から約7時間のドライブの末、キャンプ・デナリに到着。アラスカの秋にはこの時間帯は丁度、夕焼けの綺麗な時間帯。運が良ければ夕日に染まるマッキンリーが望めるかもしれません。ダイニングルームにてロッジに関してのオリエンテーションを受けてから、各キャビンへとお入りいただきます。

キャンプ・デナリ

デナリ国立公園の奥地、ワンダーレイク近くの小高い丘の上に建つロッジ。デナリ国立公園の中でも各部屋からマッキンリーの展望が楽しめる唯一のロッジです。天気さえ良ければ朝に夕に、その姿を変えるマッキンリーの雄姿をお楽しみいただける贅沢なロケーション。秋には条件さえそろえば部屋のすぐ外で夜空に舞うオーロラを観測できるチャンスもあります。

デナリ国立公園でのハイキング

キャンプデナリ滞在中、ロッジのナチュラリストガイドと共に雄大な自然を楽しむハイキングにご案内します。ルートはその時々の天気によって変わりますが、美しい紅葉の風景、マッキンリーの展望、様々なツンドラの植物観察などをお楽しみいただきます。また、滞在中1回はバスでパイウェイ・パス周辺まで移動し、トレイルのないツンドラの大地を歩く貴重な体験も味わっていただけます。バスでの移動中にはグリズリーやムース、カリブーをはじめとする様々な野生動物との遭遇も期待できます。

  • マッキンリーを眺めながらハイキング

  • 絶景の中をハイキング

デナリ国立公園の動植物


  • 雄のムース

  • グリズリー

  • 北極リス 

  • キタキツネ

  • ブルーベリー

  • カラフルなツンドラの植物

関連ツアーのご紹介

秋のアラスカ 紅葉のデナリ滞在とカトマイ国立公園

真っ赤な絨毯のように赤く染まるデナリ国立公園、世界有数のブラウン・ベアの生息地カトマイ国立公園。アラスカの短い秋を存分に楽しむ、年に一度の特別企画。