秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 西遊新聞 > ツアーレポート
西遊旅行のスタッフが、世界の「今」をお伝えします。>> ブログ一覧はこちら
「西域浪漫飛行」中近東&中央アジア担当スタッフブログ
「サラーム・パキスタン」
「行って・見て・感じチャイナ」中国担当スタッフブログ
「西遊山組」山担当スタッフブログ
「AVENTURA -アベントゥーラ」南米担当スタッフブログ
「ナマステインディア大作戦」
「エベレスト終着駅ナマステーションへようこそ」
「THIS IS BHUTAN」ブータン担当スタッフブログ
「African Dream」アフリカ担当スタッフブログ
「秘境の話をしよう」キャラバンデスク スタッフブログ

毎日がアニマル!世界の野生動物日記

ワイルドライフ Wild Life ~世界の野生動物日記~

元添乗員の映画監督による映画紹介

旅と映画

動物スペシャリスト・秋山知伸

ワイルドライフ Wild Life ~世界の野生動物日記~

世界のワイルドフラワー観察日記

世界の花だより ワイルドフラワー観察日記
ツアーレポート
パタゴニア
地球最後の偉大な原生地域(アルゼンチン・チリ)

文・写真中南米担当スタッフ
大迫力のペリト・モレノ氷河
大迫力のペリト・モレノ氷河
世界的なアウトドア・ブランド「パタゴニア」と「ザ・ノース・フェイス」を立ち上げた2人は、ここパタゴニアで人生を変えられたと語ります。そして、パタゴニアに魅了された人たちはカラファテの実を口に含んで帰ります。またいつか、パタゴニアに戻ってこられることを願って─

大航海時代

大西洋と太平洋を結ぶ海路を探すため南米大陸南端部を航行していたマゼランは、大きなブーツを履いていたために足が大きく見えた先住民をパタゴン(大きな足)、彼らが暮らす土地をパタゴニアと名付けました。現在では南緯40度付近を流れるコロラド川以南のアルゼンチンとチリを跨ぐ一帯のことを呼びます。そこはあまりにも広大で、荒涼とした不毛の大地。しかし、地球最後の偉大な原生地域。

カラファテの実
カラファテの実
初夏のパタゴニアを彩る花
初夏のパタゴニアを彩る花
グアナコ
グアナコ

アルゼンチン・パタゴニア

先住民が「煙を吐く山(エル・チャルテン)」と呼ぶ秀峰フィッツロイは、パタゴニア地方の最高峰(3,405m)。19世紀、チャールズ・ダーウィンが乗ってガラパゴス諸島などを旅したビーグル号の船長ロバート・フィッツロイの名前に由来します。

フィッツロイへの拠点となる小さな村エル・チャルテンから南へ200㎞、琵琶湖の2倍を誇るアルゼンチン最大のアルヘンティーノ湖畔に広がるエル・カラファテは、世界自然遺産のロス・グラシアレス(氷河)国立公園観光の拠点となる町です。パタゴニアと聞いて、まず皆さんが思い浮かべるであろうペリト・モレノ氷河はこの国立公園内にあります。青い光だけを浴びる大氷河は全長35㎞。轟音を立てて崩れ落ちる氷河は迫力満点です。

ビーグル号が通ったことからその名が付けられたビーグル水道に面するウシュアイアはアルゼンチンの最南端。そして、南極まで1,000㎞(東京から小笠原諸島までと同じ距離)のため、「世界の果て」と形容されます。その昔、ウシュアイアは流刑地でした。囚人たちは近郊の森の木々を伐採する作業に従事させられ、ウシュアイア市内まで鉄道を敷いて材木を運んでいました。その鉄道は今、ティエラ・デル・フエゴ(火の国)国立公園の中だけを、おもちゃのような蒸気機関車の煙の揺曳と共に観光客を乗せてのんびりと走っています。

名峰フィッツロイ
名峰フィッツロイ
巨大な氷壁(氷河国立公園)
巨大な氷壁(氷河国立公園)
「世界の最果て号」
「世界の最果て号」

チリ・パタゴニア

湖と奇峰群が美しいパイネ国立公園は、一日のうちに四季があるといわれるほど天気が移ろいやすく、強い風が吹きます。この風こそがパタゴニアの代名詞であり、「風の大地」パタゴニアの素顔です。それは雲を不思議な形に描き、木をヘアーブラシのようになびかせます。

国立公園内で最高峰を誇るのは、標高3,050mのパイネ・グランデ。白と黒のツートーンカラーが特徴の名峰ロス・クエルノス・デル・パイネはパイネの角という意味です。そして、3つの岩峰がそびえるトーレス・デル・パイネ(パイネの塔)は、パイネ国立公園の名前を冠しています。その他、雄大なグレイ氷河が注ぐグレイ湖、氷河で削られた岩粉で水が濁り湖面が青い乳白色に見えるノルデンフェールド湖とペオエ湖、そしてこの2つの湖の間には大迫力の滝サルト・グランデが流れ落ちています。

ペオエ湖とパイネ・グランデ
ペオエ湖とパイネ・グランデ
クエルノス・デル・パイネ
クエルノス・デル・パイネ
サルト・グランデ
サルト・グランデ

今年5月、チリ政府はチリ・パタゴニア北部を流れる2つの川を堰き止め、水力発電用ダムを5つも建設すると発表しました。日本と同様、エネルギー資源の乏しい国。とはいえ、このためには5,700ヘクタールもの土地が水没してしまうそうです。その後、チリの裁判所はダム建設の中止を命じました。

まだパタゴニアを訪れたことのない方は、このニュースをどのように思うでしょうか? そして、ここを訪れた時、どのように思い直すでしょうか?人と自然の共生は、ジレンマと命題。ただでさえ地球温暖化の影響を顕著に受ける場所。この景色をいつまでも大切にしていきたいものです。

マゼランペンギン
マゼランペンギン
ビーグル水道クルーズ
ビーグル水道クルーズ
間近に望むペリト・モレノ
間近に望むペリト・モレノ
砂丘を舞うフラミンゴ 砂丘を舞うフラミンゴ 砂丘を舞うフラミンゴ 砂丘を舞うフラミンゴ 砂丘を舞うフラミンゴ 砂丘を舞うフラミンゴ 砂丘を舞うフラミンゴ 砂丘を舞うフラミンゴ 砂丘を舞うフラミンゴ 砂丘を舞うフラミンゴ 砂丘を舞うフラミンゴ 砂丘を舞うフラミンゴ


関連ツアー
蒼き氷河の国 パタゴニア(アルゼンチン・チリ)

南米大陸最南端・パタゴニアの大自然が創り上げた絶景を堪能。パタゴニアを代表するペリト・モレノ氷河、パイネ国立公園、そして世界最果てウシュアイア。氷河ハイキングやセラーノ川クルーズなど大自然も体感。
世界の最果て パタゴニア縦断(アルゼンチン・チリ)

エル・チャルテンから世界最南端の街ウシュアイアまで。ペリト・モレノ氷河、パイネ国立公園、名峰フィッツロイ、そしてウシュアイア。連泊の多いゆったり日程で世界の最果てパタゴニアを満喫。
パタゴニアの蒼き氷河と天空の鏡ウユニ塩湖
(アルゼンチン、チリ、ボリビア)

轟音をたてて崩壊するペリトモレノの大氷河や奇峰聳えるパイネ国立公園。そして、雲も山もすべて見渡す限り全ての風景が鏡映しとなる雨季のウユニ塩湖を同時に訪ねる時季限定の特別コース!
パタゴニア周遊トレッキング(アルゼンチン・チリ)

パイネ&フィッツロイ山群大展望。パタゴニアの二大山群を奥深くまで歩く。パタゴニアの大自然を全身で体感したい方のためのトレッキングコース。表情豊かなパタゴニアを余すことなく体感。
    >>パタゴニア方面ツアー一覧