秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 西遊新聞 > ツアーレポート
西遊旅行のスタッフが、世界の「今」をお伝えします。>> ブログ一覧はこちら
「西域浪漫飛行」中近東&中央アジア担当スタッフブログ
「サラーム・パキスタン」
「行って・見て・感じチャイナ」中国担当スタッフブログ
「西遊山組」山担当スタッフブログ
「AVENTURA -アベントゥーラ」南米担当スタッフブログ
「ナマステインディア大作戦」
「エベレスト終着駅ナマステーションへようこそ」
「THIS IS BHUTAN」ブータン担当スタッフブログ
「African Dream」アフリカ担当スタッフブログ
「秘境の話をしよう」キャラバンデスク スタッフブログ

毎日がアニマル!世界の野生動物日記

ワイルドライフ Wild Life ~世界の野生動物日記~

元添乗員の映画監督による映画紹介

旅と映画

動物スペシャリスト・秋山知伸

ワイルドライフ Wild Life ~世界の野生動物日記~

世界のワイルドフラワー観察日記

世界の花だより ワイルドフラワー観察日記
ツアーレポート
極北の短い秋に訪れる
ユーコン準州と東南アラスカ(カナダ・アメリカ)

文・写真米谷 健吾
 カナダ北西部に位置するユーコン準州は、西にアラスカ、北は北極海に面し、雄大な自然が残っています。面積は約48万平方キロメートルと日本の1.3倍の大きさを有し、ツンドラの原生林とタイガ(針葉樹林帯)の森、そして全長3,700mのユーコン川など、土地の80%が手付かずの自然の ままなのです。8月の末から9月上旬にユーコン準州は短い秋を迎えます。ツンドラの大地は極彩色に染まり、アスペンやポプラなどの広葉樹が黄葉に染まる一年でもっとも美しい季節といえるでしょう。そんな秋のユーコン準州の魅力をお伝えいたします。
紅葉に染まる秋のトゥームストーン準州立公園
紅葉に染まる秋のトゥームストーン準州立公園
ホワイトホースからドーソン・シティへ
 ユーコンの準州都であるホワイトホースを出発し、クロンダイク・ハイウェイを北上します。道中、黄葉するアスペンやポプラなどの広葉樹、黒唐檜や白唐檜などの針葉樹、雄大なユーコン川などの美しい景色を眺めながら、かつてゴールドラッシュで賑わったドーソン・シティを目指します。
 ドーソン・シティはもともと先住民ハン族の夏季漁のための宿営地で、1887年1月までたった5軒の家しかない小さな村でした。しかし、クロンダイク川の支流で金が見つかると、一攫千金を夢見た人々が押し寄せ、翌年には人口が16,000人にまで膨れ上がったのです。町には銀行や新聞社、酒場やダンスホールなどが建設され、急速な発展を見せました。1898年6月には最初の準州都になり、「北のパリ」と呼ばれる様になりました。しかし、この頃すでに、新たにやってくる人々に残っている金はなく、この地を目指した約10万人の人々のうち、大多数は危険な冒険をしただけで、故郷へと戻ることになったのです。現在のドーソン・シティは歴史公園に指定され、ホテルやお土産屋なども当時の建築様式で建てられ、19世紀のゴールドラッシュにタイムスリップしたかの様な体験ができます。また、ドーソン・シティは北緯64度に位置し、オーロラ観測にも最適の場所。秋の夜空に舞うオーロラ鑑賞もお楽しみいただけます。
ドーソン・シティの町並み
ドーソン・シティの町並み
 
トゥームストーン準州立公園
 ドーソン・シティから北極圏へと繋がるデンプスター・ハイウェイを北上するとトゥームストーン準州立公園が広がります。タイガの森からツンドラの大地へと植生が変わり、8月末の短い秋には広大なツンドラの大地が極彩色に染まる美しい景色が広がります。広大な自然の中に身を置き、心ゆくまで美しい景色をお楽しみいただくために約2時間のハイキングへご案内いたします。
ホワイトパス・ユーコン鉄道
 かつてゴールドラッシュ時代に活躍した鉄道は形を変え、現在はユーコン~アラスカの国境を走っています。国境の町フレーザーから鉄道に乗車し、急峻な山並みを越え、国境となるホワイト・パス(873m)を通過、アラスカ・クルーズの寄港地として有名なスキャグウェイを目指します。美しい渓谷の景色を眺めながら約1時間半の鉄道の旅をお楽しみください。
苔に覆われるカリブーの角(トゥームストーン準州立公園にて)
苔に覆われるカリブーの角
(トゥームストーン準州立公園にて)
ホワイトパス・ユーコン鉄道
ホワイトパス・ユーコン鉄道
   
東南アラスカの港町スキャグウェイとヘインズ
アメリカのアラスカ州へと入り、東南アラスカのスキャグウェイ、ヘインズを訪れます。どちらも現在はアラスカ・クルーズの寄港地として夏の間だけ観光客で賑わいます。ヘインズにはかつて先住民チルカット族が暮らしていました。インディアン・アートセンターでは昔ながらの伝統工芸を今に伝える彫刻品やトーテムポールをご覧いただくことができます。また、9月上旬はチルクート川に遡上するサーモンを狙ってブラウン・ベアが集まる季節。サーモンを捕食する野生のブラウン・ベアの観察も大きな見所です。


クルアニ国立公園
夜空に舞うオーロラ

ユーコン準州の南西部に位置するクルアニ国立公園は世界遺産に指定されています。公園内の82%をセントエライアス山脈と氷河が占め、カナダ最高峰であるマウント・ローガン(5,959m)が聳えています。マウント・ローガンは麓に広がる山々の影響で道路からは眺めることができませんが、遊覧飛行でご覧いただくことができます。約1時間の遊覧飛行でマウント・ローガンをはじめ、くねる様に流れる壮大なクスカウルッシュ氷河の展望を楽しむ空の旅へとご案内いたします。また、ここではヘインズジャンクション郊外のクルアニ湖に面するロッジに宿泊。目の前に湖と雪山が広がり、夜はロッジのすぐ前でオーロラ鑑賞がお楽しみいただける絶好のロケーションです。ここに2連泊し、日中はクルアニ国立公園の自然と親しみ、夜は空に舞うオーロラを待つ、なんとも贅沢な滞在をお楽しみいただけます。
ベア・ウォッチング(ヘインズにて)
ベア・ウォッチング(ヘインズにて)

遊覧飛行で眺めるマウント・ローガンと
クスカウルッシュ氷河
黄葉と雪山の絶景(クルアニ国立公園)
黄葉と雪山の絶景(クルアニ国立公園)
遊覧飛行
遊覧飛行
 この様にユーコン準州と東南アラスカにはまだまだ神秘的な大自然が残っています。一年で最も美しい季節にこの地を訪れ、極北の秋を体感してみてはいかがでしょうか。皆様の心に残る美しい景色が広がっています。
計4回のオーロラ鑑賞のチャンス
計4回のオーロラ鑑賞のチャンス


関連ツアー
秋のユーコン準州 紅葉のトゥームストーンとクルアニ国立公園
東南アラスカへの旅(カナダ・アメリカ)


紅葉に染まるトゥームストーン準州立公園、黄葉と雪山の絶景が広がる世界遺産・クルアニ国立公園、オーロラ鑑賞に東南アラスカのスキャグウェイとヘインズまで訪れる充実の内容。極北の秋を体感していただく特別企画です。

>>北中南米方面ツアー一覧