秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 西遊新聞 > 旅行説明会・イベントのご案内 > 「アフリカ大地溝帯 ダナキル砂漠への旅」ツアーグランプリ2014 審査員特別賞受賞
西遊旅行のスタッフが、世界の「今」をお伝えします。>> ブログ一覧はこちら
「西域浪漫飛行」中近東&中央アジア担当スタッフブログ
「サラーム・パキスタン」
「行って・見て・感じチャイナ」中国担当スタッフブログ
「西遊山組」山担当スタッフブログ
「AVENTURA -アベントゥーラ」南米担当スタッフブログ
「ナマステインディア大作戦」
「エベレスト終着駅ナマステーションへようこそ」
「THIS IS BHUTAN」ブータン担当スタッフブログ
「African Dream」アフリカ担当スタッフブログ
「秘境の話をしよう」キャラバンデスク スタッフブログ

毎日がアニマル!世界の野生動物日記

ワイルドライフ Wild Life ~世界の野生動物日記~

元添乗員の映画監督による映画紹介

旅と映画

動物スペシャリスト・秋山知伸

ワイルドライフ Wild Life ~世界の野生動物日記~

地獄の門と奇跡の大地 ツアーグランプリ

 

この度、ツアーグランプリ実行委員会(委員長:日本旅行業協会 理事 古木 康太郎氏)が主催する「ツアーグランプリ2014」にて、弊社の企画・実施するツアー「アフリカ大地溝帯 ダナキル砂漠への旅」が、審査員特別賞を受賞いたしました。

2012年の「雨季のウユニ塩湖を訪ねて」、2013年の「トルクメニスタン 地獄の門と奇跡の大地」に続く3年連続での受賞となり、大変な栄誉を感じております。

 

本企画は2度の視察を経て、弊社が2008年に日本初の「ダナキル砂漠の塩のキャラバンとエルタアレ火山訪問ツアー」として発表を行いました。現在までに49本のツアーを催行しており、その実績と経験を活かした自信のコースです。
今回の受賞にあたっては、『個人では訪れることの難しいエリアへの、パッケージ旅行ならではの醍醐味の詰まったツアー企画』、『地域特性を考慮した綿密な知識と調査を以って新たなデスティネーションを意欲的に開発』との評価をいただきました。

お客様にもご好評をいただいており、お陰様で昨シーズンも全てのコースを満席にてご案内することができました。ご参加いただいたお客様、日頃より弊社を応援して下さる皆様に、改めて深く御礼申し上げます。


2014年もまもなくダナキル砂漠のシーズンが始まります。今回の受賞を機に改めて身を引き締め、より一層充実したツアーなるよう努めて参ります。 

 

2014年9月29日 大阪支社 米谷健吾



「ツアーグランプリ2014」
  • 主  催  :  ツアーグランプリ2014 実行委員会
  • 後  援  :  国土交通省、国土交通省観光庁、一般社団法人日本旅行業協会、日本旅行作家協会
  • 運  営  :  ツアーグランプリ2014 運営事務局

審査員特別賞を受賞
プレゼンター松本大学総合経営学部観光ホスピタリティ学科教授佐藤博康氏による表彰楯の授与

審査員特別賞を受賞
審査員特別賞を受賞

受賞者全員での記念撮影(JATA旅博2012にて)
受賞者全員での記念撮影(ツーリズムEXPO2014にて)


エチオピア ダナキル砂漠への旅 

雨季のウユニ塩湖を訪ねて 10日間

ダナキル砂漠・塩のキャラバンとエルタ・アレ火山 11日間

アフリカ大地溝帯、海抜マイナス120mの“地球上で最も過酷な砂漠”ダナキルを踏査。酷暑を避けたこの時期だけの限定企画。活火山エルタ・アレに登り、迫力の溶岩湖を眼下に展望。
雨季のウユニ塩湖を訪ねて 9日間

ダナキル砂漠・塩のキャラバンとエルタ・アレ火山 14日間

アフリカ大地溝帯、海抜マイナス120mの“地球上で最も過酷な砂漠”ダナキルを踏査。酷暑を避けたこの時期だけの限定企画。活火山エルタ・アレに登り、迫力の溶岩湖を眼下に展望。
雨季のウユニ塩湖を訪ねて 9日間

アフリカ大地溝帯最深部 アファール・トライアングルを行く

“アフリカの角”ジブチからダナキル砂漠へ。 海抜マイナス155mのアッサル湖から3,000mのアビシニア高原まで、アフリカ大地溝帯最深部への旅。