秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 西遊新聞 > 旅行説明会・イベントのご案内 > 草間 徹雄 写真展『ベトナム 波乱の時代を越えて』
西遊旅行のスタッフが、世界の「今」をお伝えします。>> ブログ一覧はこちら
「西域浪漫飛行」中近東&中央アジア担当スタッフブログ
「サラーム・パキスタン」
「行って・見て・感じチャイナ」中国担当スタッフブログ
「西遊山組」山担当スタッフブログ
「AVENTURA -アベントゥーラ」南米担当スタッフブログ
「ナマステインディア大作戦」
「エベレスト終着駅ナマステーションへようこそ」
「THIS IS BHUTAN」ブータン担当スタッフブログ
「African Dream」アフリカ担当スタッフブログ
「秘境の話をしよう」キャラバンデスク スタッフブログ

毎日がアニマル!世界の野生動物日記

ワイルドライフ Wild Life ~世界の野生動物日記~

元添乗員の映画監督による映画紹介

旅と映画

動物スペシャリスト・秋山知伸

ワイルドライフ Wild Life ~世界の野生動物日記~

世界のワイルドフラワー観察日記

世界の花だより ワイルドフラワー観察日記

草間徹雄写真展

草間徹雄氏による写真展が、「横浜馬車道アートギャラリー」にて開催されます。 草間氏は、アジアの少数民族居住地域や、中国南西部、インド北部などのチベット文化圏を中心に各国を訪れ、「異郷」をテーマに雄大な自然やそこに暮らす人々を温かい視線で捉えた貴重な作品を発表しておられます。是非、足をお運びください。

これまで異郷シリーズ(全10回)では、ベトナム各地を3回に分けて取り上げてきました。今回は総集編として、時間の流れを含めてまとめてみました。 ホーチミン市では開発で姿を消した村の昔の様子を見ていただきたいと思います。また、中部地域ではミーソンの遺跡に関わるチャムの人々の現在、そして北部の少数民族の村人の素敵な姿を紹介しておりますのでぜひご覧ください。

草間 徹雄  


「ホーチミン サイゴン川の朝」

「ハジャン 水牛と遊ぶ子供達」

「ホイアン ランタン祭りの夜」

「ファン・ティエット 赤い砂丘の夕」

草間徹雄 写真展 詳細
『ベトナム 波乱の時代を越えて』

開催期間 : 2019年3月14日(木)~3月19日(火)

開場時間 : 午前11時~午後6時 (最終日5時)

会場 : 横浜馬車道アートギャラリー

入場料 : 無料



≪会場へのアクセス≫
JR「関内」駅北口下車徒歩5分 馬車道通り りそな銀行隣
市営地下鉄「関内」駅下車 馬車道方面9番出口 徒歩1分
みなとみらい線「馬車道」駅下車 5番出口から徒歩5分

〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45アートビル7F
TEL.045-662-3111(代表)
大きな地図で見る


プロフィール

草間 徹雄

草間 徹雄 (くさま てつお) 氏

1950年生 茨城県在住
中国・ベトナム・インドの少数民族とチベット仏教の地を中心に撮影
日本写真協会会員
<個展>

2010年   「異郷I 中国青海省チベット族の祈り」
「中国少見 青海省・貴州省・広西チワン族自治区の情景」
2011年   「異郷II 日々是好日 ベトナム最北部 山村の生活」
「ヒマラヤに抱かれて ~ネパール 春の日々~」
2012年   「異郷III ヒマラヤに抱かれて ネパール 春の日々」
「日々是好日 ベトナム最北部の秋」
2013年   「異郷IV 天空の村の夏 ラダック・コルゾック村」
「ラダック 祈りの里の情景」
「天空遊行 インド・ラダックを往く」
「インド・ラダックへの道 -3つの渓谷を越えて-」
2014年   「大河流流 -バングラディシュの日々」
「異郷V 交錯する世界 インド最北部の村」
2015年   「異郷VI インド・ラダック春の兆し」
「大河流流 インド・アルナチャールからバングラデシュ・コックスバザールへ 」
2016年   「シリア1998-かけがえのない日常 」
https://www.youtube.com/watch?v=iSMDirRz7sA
「異郷Ⅶ ベトナム中部 ここに生きる」
2017年  

「異郷Ⅷ 色彩曼茶羅 ネパール・タライ平原を往く」

「色彩曼茶羅 瞬きのネパール」

2018年  

「ネパールの子供たち」

「異郷Ⅸ ネパール・遙かなるムスタン」

「不朽の祭祀 奈良・東大寺と春日大社」

2019年  

「異郷Ⅹ 棚田の村 ベトナムの北・中国の南」

<写真集>

2011年   「中国少見 西南地域の少数民族の情景」
2013年   「天空遊行 インド・ラダックを往く」