カトマンズの谷等を訪れる旅 「世界一美しい谷 ランタン谷トレッキング」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 登山・トレッキング・ハイキング方面 > 世界一美しい谷 ランタン谷トレッキング

世界一美しい谷 ランタン谷トレッキング

ランタン谷最奥の地 ランシサ・カルカを目指す

  • 世界遺産
  • 大自然
  • 登頂
  • トレッキング
  • 花の季節
  • ※一部出発日のみ
  • ランタン・リルンを背にランシサ・カルカ(4,125m)を目指す
  • ランシサ・カルカ手前よりランシサ・リ(6,427m)とペンタン・カルポ・リ(6,865m)を正面に望む
  • 朝焼けに染まるランタン・リルン(7,225m)
  • ランシサ・カルカ(4,125m)を見下ろす
  • キャンジンゴンパからナヤ・カンガ(5,846m)を望む
  • 春はシャクナゲの花咲く季節
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • 個人旅行・フリープラン
  • このツアーの地図を見る
  • ネパールの山旅
  • ネパールの旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

カトマンズの谷

7名様から催行・15名様限定

ツアーのポイント/ Tour Point 

●世界で最も美しい谷へ

「世界で最も美しい谷のひとつ」と称されるランタン谷。最奥の集落キャンジンゴンパ、さらに最奥の地ランシサ・カルカに宿泊し、美しいU字谷と6,000m~7,000m級の秀峰群の絶景を存分にご堪能ください。また、ゴラタベラ付近ではシャクナゲの木々が群生しており、春には色鮮やかな花をお楽しみいただけます。

●テント泊でランタン谷最奥のランシサ・カルカも訪問

ランタン氷河とランシサ氷河が合流するランタン谷最奥の地、ランシサ・カルカ。ロッジがないためなかなか訪れることができない場所ですが、テントを持参することで宿泊を実現しました。ランタン山群、ジュガール山群に囲まれた、世界で最も美しい谷最奥での滞在をお楽しみください。

「世界で最も美しい谷」ランタン谷復興応援

イギリス人の登山家・ティルマンが訪れ、「世界で最も美しい谷のひとつ」と褒め称えたランタン谷。しかし、2015年4月25日のネパール中部地震の際は、最も地震の被害を受けたトレッキング街道となってしまいました。谷の各地でがけ崩れが発生し、ランタン村は大規模な地すべり、雪崩により村全てが氷河と土砂に埋もれてしまいました。それでも現在、地震の際にランタン村に居なかった村民が中心となり、道の整備、ロッジの再建が進められており、訪れるトレッカーも徐々に増えてきました。私たちがランタン谷のためにできること、一番の支援は実際に現地を訪れることではないでしょうか。このコースでは、道中でがけ崩れの懸念されている箇所を回避する迂回ルートを通り、ランタン谷を訪れることができます。美しいU字谷の奥に6,000m~7,000m級の白き秀峰を間近に望む圧巻の風景は変わらぬ姿で私たちを迎えてくれるでしょう。
  • ガンチェンポ(6,387m)を前方に進み、ランタン谷へ

  • ランタン谷の最奥キャンジンゴンパから望むランタン・リルン(7,225m)

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
ソウル
午前発 空路、東京・大阪よりそれぞれソウルへ。着後、航空機を乗り換えて、ネパールの首都・カトマンズへ。着後、ホテルへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、ソウルにて合流します。
カトマンズ泊
大阪
ソウル
午前発
ソウル
カトマンズ
14:05発
17:50着
2 カトマンズ
シャブルベンシ
07:00発
16:00着
専用車にて、ランタン谷トレッキングの始点シャブルベンシ(1,430m)へ。車窓からは広大な段々畑の景色が広がります。
ロッジ泊
3 シャブルベンシ
シェルパガオン
約6時間 ●トレッキング(約6時間)
ランタン・コーラ(川)右岸の山腹に登り、見晴らしの良い高巻きの山腹道を進みシェルパガオン(2,565m)へ。
ロッジ泊
4 シェルパガオン
ゴラタベラ
約6時間 ●トレッキング(約6時間)
ランタン・コーラ沿いまで下り、川沿いのラマホテル(2,435m)へ。更に樹林帯を登り、純白のランタン・リルンを前方に望みながらゴラタベラ(3,010m)へ。
ロッジ泊
5 ゴラタベラ
ランタン村
約3.5時間 ●トレッキング(約3.5時間)
シャクナゲの樹林帯を登ると、灌木帯へと移り変わり、マニ石が現れるとランタン村(3,541m)に到着します。
ロッジ泊
6 ランタン村
キャンジンゴンパ
約4時間 ●トレッキング(約4時間)
ひと登りすると、ヒマラヤひだが美しいガンチェンポが姿を現します。マニ石の行列に沿って進むと右手にナヤ・カンガ、左手にキムシュンが現れ、サイドモレーンを越えてキャンジンゴンパ(3,840m)へ。
ロッジ泊
7 キャンジンゴンパ
ランシサ・カルカ
約5時間 ●トレッキング(約5時間)
更に谷奥を目指し、ランタン氷河とランシサ氷河が出合う最奥のキャンプ地ランシサ・カルカ(4,125m)へ。眼前にランシサ・リ、周囲にはモリモトピークやドルジェラクパがそびえ立ちます。
テント泊
8 ランシサ・カルカ
キャンジンゴンパ
約5時間 ●トレッキング(約5時間)
往路をキャンジンゴンパへと戻ります。
ロッジ泊
9 キャンジンゴンパ
ラマホテル
約7時間 ●トレッキング(約7時間)
ラマホテルまで一気に下ります。
ロッジ泊
10 ラマホテル
シャブルベンシ
約8時間 ●トレッキング(約8時間)
シェルパガオンを経由し、シャブルベンシへ。
ロッジ泊
11 シャブルベンシ
カトマンズ
07:00発
16:00着
専用車にて、カトマンズへ戻ります。
カトマンズ泊
12 カトマンズ 20:30発 午前中、自由行動。午後、カトマンズ市内観光。その後、空港へ。航空機にてソウルへ。
機中泊
13 ソウル 05:55着 ソウル着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。
ソウル
東京
午前発
午前又は午後着
ソウル
大阪
午前発
午前又は午後着
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝11/昼11/夜11:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:大韓航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2017年~2018年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
10月30日(月) ~ 11月11日(土) 13日間 368,000円
11月13日(月) ~ 11月25日(土) 13日間 368,000円
03月26日(月) ~ 04月07日(土)
シャクナゲの花咲くシーズン
13日間 368,000円
04月09日(月) ~ 04月21日(土)
シャクナゲの花咲くシーズン
13日間 368,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は8,000円です(5月10日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 7名(15名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 33,000円(ロッジ又はテント泊含む)
日本の地方発着:札幌・名古屋・福岡などの地方発着も別途手配可能です(ソウル合流)。詳しくはお問合せください。
プライベートポーター:39,000円(シャブルベンシ~シャブルベンシ間、15kg以内、チップ込み)
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

コース難易度/ Difficulty

体力 勾配のきついルートが続く箇所がありますので十分な基礎体力が必要です。
高度 最高宿泊高度、到達高度ともに4,125mで高山病の影響が十分に予想されます。
宿泊 ロッジ8泊、テント1泊
荷物 日本からはスーツケースでご参加いただき、カトマンズにてお渡しするダッフルバッグ(15kg以内)に詰め替えます。ダッフルバッグはポーターが運び、ご自身はデイパックのみで歩くことができます。

 

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) ネパール(関東方面の方は3,000円、関西方面の方は3,300円)、代行手数料(4,320円)、写真2枚(ランタン国立公園入園用も含む)。旅券の残存有効期間は6ヶ月、査証欄余白は1ページ以上必要です。
気候・服装 カトマンズは日本に比べ暖かく、快適にお過ごしいただけます。トレッキング中は長袖シャツが基本となりますが、ランシサ・カルカではマイナス5℃以下にまで下がることがありますので、十分な防寒具をお持ちください。靴は防水の利いたトレッキングシューズが最適です。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
高山病について 高山病の影響が予想されるコースです。ご参加の方全員に健康診断書をご提出いただき、疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険のご加入をお願いしております。高山病対策として、添乗員はパルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定装置)、携帯加圧装置を持参し、現地で酸素ボンベを用意します。
高山病についてのご注意と取り組み
トレッキングについて トレッキングの道は整備されており、特別な登山技術は必要ありません。普段から山歩きをされていて、十分な基礎体力のあることがご参加の必須条件です。
トレッキング中の宿泊について ロッジの数や部屋数には限りがありますので、御一人部屋をお取りできなかったり、3~4人部屋にお泊りいただいたり、分宿になることがあります。そのような場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。ランシサ・カルカではテント泊となります。ロッジ又はテント泊では寝袋(冬用)が必要です。お持ちでない方には弊社でも有料(5,000円)で貸し出しいたします。
その他のご注意 3月下旬~4月はこの地域にシャクナゲが咲くシーズンですが、開花時期はその年の気候により多少ずれることがあります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行