カトマンズの谷等を訪れる旅 「マナスル三山展望 バーラポカリトレッキング」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 登山・トレッキング・ハイキング方面 > マナスル三山展望 バーラポカリトレッキング

マナスル三山展望 バーラポカリトレッキング

里山を越え、静かな山上湖が点在する魅惑の展望地へ

  • 世界遺産
  • 大自然
  • トレッキング
  • 花の季節
  • 一部出発日のみ
  • バーラポカリより望むマナスル(8,163m)、ピーク29(7,871m)、ヒマールチュリ(7,893m)
  • ピーク29、ヒマールチュリを眺めながら、カルカを越えバーラポカリ上部へ
  • バーラポカリより望む朝焼けのアンナプルナ山群、マチャプチャレ、ラムジュンヒマール
  • シャクナゲ林を抜け、上部バーラポカリへ(3月下旬~4月)
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • このツアーの地図を見る
  • ネパールの山旅
  • ネパールの旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

カトマンズの谷

6名様から催行・12名様限定

ツアーのポイント/ Tour Point 

●マナスル三山の好展望地バーラポカリを目指す

マナスル三山を一度に眺めることができるバーラポカリへのトレッキング。知る人ぞ知る通好みの名ルートです。すれ違うトレッカーも少ない静かなトレイルをテント泊で満喫していただけます。尾根上の好展望地チットレー、バーラポカリから更に上部にも宿泊し、各宿泊地で存分にマナスル三山の展望をお楽しみください。山岳写真撮影目的のお客様にもお勧めです。

●高山病リスクの少ないルート
テント泊でのんびり里山トレッキングを満喫

最高宿泊地は標高約3,360mのバーラポカリ上部。ヒマラヤ好展望ルートながら、さほど標高は高くないので高山病が心配なお客様にも安心の里山トレッキングをお楽しみいただけます。初めてのヒマラヤテント泊トレッキングの方にも最適です。

日本隊が初登頂したマナスル三山の大展望を心ゆくまで堪能

マナスル、ピーク29、ヒマールチュリからなるマナスル三山。全て日本人が初登頂を果たしており、私たちにとって特になじみの深い山群です。さらに、2016年は日本隊のマナスル世界初登頂60周年にあたります。そんな山群をのんびり里山トレッキングで満喫できるのが、バーラポカリトレッキングです。好展望地揃いの各宿泊地では、テントからほんの少し足を伸ばすだけで、迫力溢れるマナスル三山が眼前に広がります。訪れるトレッカーは少なく、朝、夕に姿を変えるマナスル三山を静かに心ゆくまでご堪能いただけます。既に主要ルートを歩き切ったネパールトレッキング通の方だけで無く、初めてのネパールトレッキングの方にも是非お勧めしたいルートです。
  • ピーク29、ヒマールチュリの展望

    ピーク29、ヒマールチュリの展望

  • タクサール村へ向け里山を歩く

    タクサール村へ向け里山を歩く

3月下旬~4月はシャクナゲの花咲く季節

春のネパールトレッキングの楽しみとして、美しいシャクナゲが挙げられます。代表的なシャクナゲ街道と言えば、アンナプルナ周遊ハイキングのゴラパニルートが良く知られていますが、バーラポカリトレッキングにおいても、それに勝るとも劣らないシャクナゲ林が群生しています。タクサール村の里山を越え、人家もまばらになるといまだ手付かずのシャクナゲ林が現れます。
真紅、純白、薄紅色の可憐なる花々に出会いながら、気持ちの良い尾根上を歩く時間は至福のひとときです。知られざるバーラポカリのシャクナゲ街道。訪問するトレッカーの数は極めて少なく、シャクナゲを楽しむ穴場としておすすめです。

ヒマラヤシャクナゲ

 

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
ソウル
午前発 空路、東京・大阪よりそれぞれソウルへ。着後、飛行機を乗り換え、ネパールの首都・カトマンズへ。着後、ホテルへ。
カトマンズ泊
大阪
ソウル
午前発
ソウル
カトマンズ
14:05発
17:50着
2 カトマンズ
バガンチャ
08:00発
16:00着
専用車にて、ドゥムレ経由でバガンチャ(950m)へ。
テント泊
3 バガンチャ
タクサール
約3.5時間 ●トレッキング(約3.5時間)
山腹の集落をいくつか越え、石段道を登り、アンナプルナ山群からマナスル三山、ラムジュンヒマールまでの展望がひらけるタクサール(1,670m)へ。
テント泊
4 タクサール
チットレー
約6.5時間 ●トレッキング(約6.5時間)
石段道から急登の山腹道を登って尾根道に出ます。カルカを越え、マナスル三山の好展望地チットレー(2,480m)に到着。
テント泊
5 チットレー
バーラポカリ
約5時間 ●トレッキング(約5時間)
樹林帯に入り、やがて石段道の登りを行き、シャクナゲの生い茂る尾根上の道をたどるとヒンドゥー教の聖地・バーラポカリ(2,950m)に到着。さらに迫力を増すマナスル三山の展望をお楽しみください。
テント泊
6 バーラポカリ
バーラポカリ上部
約3.5時間 ●トレッキング(約3.5時間)
さらに稜線を行き、カルカをいくつか越えるとさらに展望がひらけたキャンプ地(約3,360m)に到着します。
テント泊
7 バーラポカリ上部   バーラポカリ上部に滞在。終日、マナスル三山の展望をお楽しみください。
テント泊
8 バーラポカリ上部
チットレー
約5.5時間 ●トレッキング(約5.5時間)
往路をたどり、チットレーへ。
テント泊
9 チットレー
バガンチャ
約7.5時間 ●トレッキング(約7.5時間)
往路をたどり、バガンチャ(950m)に戻ります。
テント泊
10 バガンチャ
カトマンズ
08:00発
16:00着
専用車にて、ドゥムレ経由でカトマンズへ。
カトマンズ泊
11 カトマンズ 20:30発 午前中、自由行動。昼食はネパール産蕎麦を使用した本格的なそば御膳をご賞味ください。午後、カトマンズ市内観光
夜の航空機にてソウルへ。
機中泊
12 ソウル 05:55発 ソウル着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。
着後、解散。
ソウル
東京
午前発
午前又は午後着
ソウル
大阪
午前発
午前又は午後着
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝10/昼10/夜10:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:大韓航空、キャセイパシフィック航空、ドラゴン航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら
  • ※上記は大韓航空利用の日程です。キャセイパシフィック航空、ドラゴン航空利用の場合は乗り継ぎ地が香港となり、発着時間が異なります。

出発日と料金/ Price  

2016年~2017年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
11月15日(火) ~ 11月26日(土) 12日間 368,000円
11月22日(火) ~ 12月03日(土) 12日間 368,000円
03月21日(火) ~ 04月01日(土)
シャクナゲの花咲くシーズン
12日間 368,000円
04月04日(火) ~ 04月15日(土)
シャクナゲの花咲くシーズン
12日間 368,000円
  • ※ 海外での空港税は全て旅費に含まれます。
  • 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は不要です(5月11日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 6名(12名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 30,000円(テント泊含む)
日本の地方発着:札幌・名古屋・福岡などの地方発着も別途手配可能です(ソウル合流)。詳しくはお問合せください。
プライベートポーター:35,000円(バガンチャ~バガンチャ間、15kg以内、チップ込み)
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

コース難易度/ Difficulty

体力 歩きやすいトレイルですが勾配のきついルートが続く箇所がありますので十分な基礎体力が必要です。
高度 最高宿泊高度、到達高度ともに3,360mで、徐々に高度を上げますので、高山病の影響はほとんどありません。
宿泊 テント8泊
荷物 日本からはスーツケースでご参加いただき、カトマンズにてダッフルバッグに詰め替えます。トレッキング中はデイパックをご利用ください。

 

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) ネパール(関東方面の方は3,000円、関西方面の方は3,300円)、代行手数料(4,320円)、写真2枚(マナスル自然保護区入域用も含む)。旅券の残存有効期間は6ヶ月、査証欄余白は2ページ以上必要です。
気候・服装 カトマンズは日本に比べ暖かく、快適にお過ごしいただけます。トレッキング中は長袖シャツが基本となりますが、バーラポカリ上部での朝晩は0℃近くまで冷え込みますので、十分な防寒着をお持ちください。靴は防水の利いたトレッキングシューズが最適です。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
高山病について 頭痛等の軽度の高山病の症状が出ることがありますのでご注意ください。ご参加者の方全員に健康アンケートのご記入、疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。弊社では高山病対策として、添乗員はパルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定装置)を持参します。
高山病についてのご注意と取り組み
トレッキングについて トレッキングの道は整備されており、特別な登山技術は必要ありません。普段から山歩きをされていて、十分な基礎体力のあることがご参加の必須条件です。
トレッキング中の宿泊について テント泊となります。テント泊では寝袋(冬用)が必要です。お持ちでない方には弊社でも有料(5,000円)で貸し出しいたします。
その他のご注意 3月下旬~4月がこの地域にシャクナゲが咲くシーズンですが、開花時期はその年の気候により多少ずれることがあります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行