「韓国第3の高峰・雪岳山(1,708m)登頂 恐竜稜線トレッキングと水原華城を歩く」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 登山・トレッキング・ハイキング方面 > 韓国第3の高峰・雪岳山(1,708m)登頂 恐竜稜線トレッキングと水原華城を歩く

韓国第3の高峰・雪岳山(1,708m)登頂
恐竜稜線トレッキングと水原華城を歩く

往路と復路で異なるルートを周遊、各地の名物料理も満喫

  • 世界遺産
  • 登頂
  • トレッキング
  • 伝統料理
  • 紅葉の季節
  • ※一部出発日のみ
  • 恐竜稜線と束草・日本海を望む
  • 雪岳山山頂を目指す
  • 雪岳山最高峰・大青峰(1,708m)と中青山荘(1,664m)
  • 世界遺産 水原華城を歩く
  • 秋は紅葉を楽しむ
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • このツアーの地図を見る
  • 世界の山旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

華城

5名様から催行・15名様限定

ツアーのポイント/ Tour Point 

●韓国第3の高峰・雪岳山(1,708m)に登頂し寒渓嶺へ縦走

韓国北東部に位置する名峰・雪岳山。岩峰が積もった雪のように白く見えることから雪岳山と呼ばれます。雪岳洞から樹林地帯を通り、恐竜稜線へ。アップダウンを繰り返し山小屋へ。翌日は最高峰・大青峰(1,708m)を登頂。整備されたルートを進み寒渓嶺へ下山します。

●恐竜稜線をトレッキング

アップダウンが多く、恐竜の背中のようであることから名付けられた恐竜稜線。馬等嶺から喜雲閣山荘手前までの約5kmを歩きます。岩場が続き、距離の割には登り応えは十分です。ルート上からは束草市街と日本海の景色が美しく、雪岳山の中で変化に富んだルートといわれています。

●快適な山小屋泊で初めての海外登山でも安心

山小屋はよく整備されており、備え付けの毛布があるため寝袋は不要です。日本の山小屋のような食堂はありませんが、食事は全てスタッフがご用意しますので、初めての山小屋利用の海外登山でも安心です。

世界遺産 水原華城を歩く

水原華城は李氏朝鮮時代に正祖大王によって築かれた城塞です。全長5.7km、6つの門と見張り台などがあり、万里の長城のような城郭を歩いて一周します。また水原ではカルビ料理など韓国ならではの名物料理もお楽しみいただけます。

世界遺産 水原華城

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
ソウル
午前発
午後着
空路、東京、大阪より、それぞれソウルへ。
専用車にて雲岳山の韓国東北地方の港町、束草(ソッチョ)へ。
※添乗員同行の場合は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、ソウルで合流します。


雲岳洞 旅館泊
大阪
ソウル
午前発
午後着
ソウル
束草

16:00着
2

束草
雪岳洞
恐竜稜線トレッキング

中青山荘又は
喜雲閣山荘

06:00発
07:45着
約8時間
~10.5時間

●雪岳山登頂(恐竜稜線トレッキング)(約8時間~10.5時間)
専用車で、雲岳洞(ソラクドン 200m)に向かい登山開始。飛仙台(ピソンデ)から馬等嶺に進み恐竜稜線へ。
恐竜の背中ような急登のアップダウンを繰り返し喜雲閣山荘(1,100m)又は中青山荘(1,664m)へ向かいます。
喜雲閣山荘又は中青山荘泊
3 中青山荘又は
喜雲閣山荘
(雪岳山登頂)
寒渓嶺
水原



約6.5時間

18:00着

●寒渓嶺へ下山(約6.5時間)
朝、雲岳山の最高峰、大青峰(テチョンボン1,708m)に登頂し、北西稜を下山し寒渓嶺(ハンゲリョン 1,003m)に下山します。着後、専用車にて京畿道の水原(スウォン)へ。夕食は名物の水原カルビをご賞味ください。
水原泊
4 水原
(水原華城ハイキング)
ソウル

約3時間
約1.5時間
●水原華城・城郭ハイキング(約3時間)
朝、世界遺産・水原華城の城郭をハイキング。万里の長城のような全長5.7kmの城郭を一周します。昼食後、専用車にてソウルに向かい、航空機にて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。
ソウル
東京
午後発
午後着
ソウル
大阪
午後発
午後着
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝3/昼2/夜3:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:大韓航空、アシアナ航空、日本航空、全日空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2016年~2017年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
11月02日(水) ~ 11月05日(土)
秋の紅葉のシーズン
4日間 148,000円
11月23日(水) ~ 11月26日(土) 4日間 148,000円
12月30日(金) ~ 01月02日(月)
年末年始コース
4日間 188,000円
03月01日(水) ~ 03月04日(土) 4日間 148,000円
05月24日(水) ~ 05月27日(土)
黒船ツツジ、玄海ツツジの花咲くシーズン
4日間 148,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)は不要です(7月8日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 5名(15名様限定) <8名様より添乗員同行>
お一人部屋使用料 10,000円
特別価格コースのため再利用割引・特別割引はありません。
日本の地方発着:札幌・名古屋・福岡など地方発着も別途手配で可能です(ソウル合流)。詳しくはお問い合わせください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

コース難易度/ Difficulty

体力 登りは岩場でアップダウンが多い恐竜稜線を歩きます。登山1日目は標高差約900m~1400m、2日目は約700mの下りがありますが、整備された道を歩きます。
高度 最高宿泊高度、最高到達地点はいずれも2,000m以下ですので高山病の心配はありません。
宿泊 山小屋1泊 寝具は山荘備え付けの毛布を利用します。
荷物 日本からはスーツケースでご参加いただき、雲岳山登頂時は専用車またはホテルに預けます。登山中は1泊2日分の着替え等を入れるザックをご用意ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期限は入国時に3ヶ月必要です。
気候・服装 基本的に長袖シャツと軽い上着程度でお過ごしいただけますが、曇天の日や朝晩は冷え込みますのでフリースなどの上着と上下セパレート式の雨具をお持ちください。靴は防水の効いたトレッキングシューズが最適です。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
宿泊について 喜雲閣山荘/中青山荘の距離は歩いて2時間30分です。日程1日目の雪岳洞は旅館泊になりオンドル(床下暖房)タイプの部屋になりますのでベッドはございません。
食事について 山荘での食事はスタッフが調理いたしますが、1泊2日分の食糧は皆様にも分担して約500gずつお持ちいただきます。また、食器(箸、スプーン、フォーク、マグカップ、お椀(いずれも水洗い禁止のためティッシュで拭けるもの)を各自でご用意ください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行