コンウィ城等を訪れる旅 「英国“スリー・ピークス・チャレンジ”と湖水地方を訪ねて」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 登山・トレッキング・ハイキング方面 > 英国“スリー・ピークス・チャレンジ”と湖水地方を訪ねて

英国“スリー・ピークス・チャレンジ”と
湖水地方を訪ねて

イギリス最高峰ベン・ネヴィスをはじめ、イングランド・ウェールズ・スコットランドの3つの最高峰を登頂

ウェールズ最高峰スノードン、イングランド最高峰スコーフェル・パイク、
スコットランド最高峰ベン・ネヴィスの三座を登頂する
「ナショナル・スリー・ピークス・チャレンジ」

  • 大自然
  • 登頂
  • トレッキング
  • ハイキング
  • ウェールズ最高峰スノードンより望む
  • スノードンを走る登山列車
  • スコーフェル・パイクの登山道
  • イギリス最高峰ベン・ネヴィスからの展望
  • アプト式の線路沿いを歩くスノードン登山
  • 世界遺産コンウィ城も訪問
  • イングランド屈指の景勝地・湖水地方に位置するスコーフェル・パイクを歩く
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • ツアーレポート
  • このツアーの地図を見る
  • 世界の山旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

コンウィ城(グウィネズのエドワード1世の城群と市壁群)

湖水地方ケズウィックとフォート・ウィリアムでは2連泊

連泊を設けたゆとりある日程で各地の登山をお楽しみいただけます。

ビジネスクラスを特別価格で別途手配

東京・大阪/マンチェスター・グラスゴー 国際線のビジネスクラスは、往復270,000円の追加で別途手配いたします。世界屈指の5ツ星エアライン・エミレーツ航空のビジネスクラスで長時間のフライトも快適な空の旅をお楽しみいただけます。
※特別運賃で手配できる座席数は限られていますので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。

座席の一例

ツアーのポイント/ Tour Point 

●スノードン登山鉄道に乗車

ウェールズ最高峰のスノードンではイギリスで唯一、一般に乗車できるアプト式登山鉄道にて山頂付近まで向かいます。復路は自分たちの足で歩き、ウェールズの風景を楽しみながら下山します。

●イギリス最高峰ベン・ネヴィス登頂

スコットランド最高峰にして、イギリス最高峰のベン・ネヴィス。山頂までの道のりは、迫力あるネヴィス渓谷、山上湖の展望など美しい風景を楽しみながらのルートです。登山道も比較的整備されており、特別な登山技術は不要です。

●登頂後はグラスゴーを散策

登山の後はグラスゴー市内を半日自由行動。中世に建造された大聖堂やスコットランド屈指のショッピング街でのお買い物などをお楽しみください。夕食はイギリスならではの大衆酒場パブへご案内します。

グレートブリテン島の"スリー・ピークス・チャレンジ"

イギリスは公式にはウェールズ、イングランド、スコットランド、北アイルランドの4ヶ国で構成されています。このコースでは北アイルランドを除くウェールズ最高峰スノードン(1,085m)、イングランド最高峰スコーフェル・パイク(978m)、スコットランド最高峰でイギリス最高峰のベン・ネヴィス(1,344m)の3つの最高峰を登頂。イギリスを南から北へ縦断し三座を登頂します。「スリー・ピークス・チャレンジ」と呼ばれ、英国で人気の高いトレッキングコースをお楽しみください。
  • ベン・ネヴィス山頂付近

    ベン・ネヴィス山頂付近

  • スノードン山頂

    スノードン山頂

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京 22:00発 空路、東京・大阪よりそれぞれアラブ首長国連邦のドバイへ。
※添乗員は、東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、ドバイにて合流します。
機中泊
大阪 23:40発
2 ドバイ 04:15着 ドバイ着後、航空機を乗り換えて、イギリス第二の都市マンチェスターへ。
着後、専用車にてウェールズのベトゥス・イ・コエドへ。途中、ウェールズ北部のコンウィに立ち寄り、世界遺産コンウィ城の外観見学をします。
ベトゥス・イ・コエド泊
ドバイ 05:10着
ドバイ
マンチェスター
マンチェスター
ベトゥス・イ・コエド
07:25発
11:55着
13:00発
17:30着
3 ベトゥス・イ・コエド
ランベリス駅
(スノードン登頂)
湖水地方ケズウィック

08:00発
約3時間

18:30着

登山列車にてランベリス駅よりウェールズ最高峰スノードン(1,085m)の山頂付近まで登ります。
●スノードン・トレッキング(約3時間)
山頂からウェールズの山岳風景をお楽しみください。その後、徒歩にて山頂からランベリス駅へ下山します。山の上にできた美しい山上湖などを展望できます。下山後、専用車にてイギリス随一の景勝地、イングランド湖水地方のケズウィックへ。
湖水地方ケズウィック泊
4 湖水地方ケズウィック
(スコーフェル・パイク登頂)
約8時間 専用車にてスコーフェル・パイクの登山口へ。
●スコーフェル・パイク登頂(約8時間)
リングメル川に沿って進み、イングランド最高峰スコーフェル・パイク(978m)登頂。山頂からはウェールズとスコットランドの山々を望むことができます。その後、往路とは別のルートを下山しホテルへ戻ります。
湖水地方ケズウィック泊
5 湖水地方ケズウィック
フォート・ウィリアム
09:00発
17:00着
専用車にてイギリス最高峰のベン・ネヴィスが聳えるスコットランドのフォート・ウィリアムへ。
フォート・ウィリアム泊
6 フォート・ウィリアム
(ベン・ネヴィス登頂)
約9時間 専用車にてベン・ネヴィスの登山口へ。
●ベン・ネヴィス登頂(約9時間)
整備された登山道を登り、スコットランドの最高峰でイギリス最高峰のベン・ネヴィス(1,344m)を登頂。途中、ネヴィス渓谷の美しい景観をご覧いただくことができます。下山後、ホテルへ戻ります。
フォート・ウィリアム泊
7 フォート・ウィリアム
グラスゴー
09:00発
12:00着
専用車にてグラスゴーへ。着後、自由行動。町の散策をお楽しみいただきます。その後、イギリスならではのパブでの夕食をお楽しみください。
グラスゴー泊
8 グラスゴー 14:15発 午前中、休養。午後の航空機にて、ドバイへ。
機中泊
9 ドバイ 00:40着 ドバイ着後、航空機を乗り換えて東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。
ドバイ
東京
02:50発
17:35着
ドバイ
大阪
03:00発
17:10着
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝/昼/夜:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:エミレーツ航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2015年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
05月28日(木) ~ 06月05日(金) 9日間 548,000円
06月04日(木) ~ 06月12日(金) 9日間 558,000円
  • ※ 海外での空港税は全て旅費に含まれます。
  • 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は37,000円です(12月22日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 9名(15名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 68,000円
日本の国内線割引は:福岡/大阪間は片道10,000円の追加で別途手配いたします(エミレーツ航空の指定便に限る)。その他の地方からの国内線割引についてはお問い合わせください。
再利用割引は5,000円、特別割引は10,000円とさせていただきます。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

コース難易度/ Difficulty

体力 A B C D 特別な登山技術は不要ですが、約1,300mの標高差の登山があり、富士山に登れる程度の体力が必要になります。
高度 A B C D 最高到達地点は1,344mですので高山病の心配はありません。
宿泊 全てホテル泊 ケズウィック、フォート・ウィリアムでは2連泊。
荷物 荷物を積み込むスペースに限りがありますので、スーツケースは中型サイズ以下のものでご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間は帰国時まで有効なものが必要です。
気候・服装 この時期の山頂付近は残雪もあり、十分な防寒着が必要です。フリース、ダウンジャケット等をお持ちください。また通年雨が降る地域ですので防水対策も必要です。靴は防水の効いた登山靴又はトレッキングシューズが最適です。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
登山について トレッキングルートは良く整備されていますが、頂上直下では足場の悪いルートを歩くことがあります。またこの時期は残雪のある可能性もありますがアイゼンなどは不要です。特別な登山技術はいりませんが、1日に9時間程度歩く基礎体力があることが必須条件です。
日程について 天候上の理由により、登山ルート、内容の変更を余儀なくされることがあります。
宿泊について フォート・ウィリアムのホテルはこの時期繁忙期に当たるため、現地にて御一人部屋をお取りできない場合がございます。その場合、変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行