「スペイン最高峰テイデ山登頂と花のカナリア諸島」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 登山・トレッキング・ハイキング方面 > スペイン最高峰テイデ山登頂と花のカナリア諸島

スペイン最高峰テイデ山登頂と花のカナリア諸島

花咲くベストシーズンにスペイン最高峰テイデ山(3,718m)を登頂

  • 世界遺産
  • 大自然
  • 登頂
  • トレッキング
  • ハイキング
  • 花の季節
  • カルデラ・デ・タブリエンテ国立公園に咲くエキウム・ウィルドプレッティ
  • 固有植物エキウムとスペイン最高峰テイデ山
  • ガラチコの街並みと大西洋を眺めながら歩く
  • カルデラ・デ・タブリエンテ国立公園
  • 樹齢500年と言われるイコッドの竜血樹
  • 世界各国の天文台が集まるロケ・デ・ロス・ムチャチョス
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • ツアーレポート
  • このツアーの地図を見る
  • 世界の山旅
ココに注目!

8名様から催行・15名様限定

ツアーのポイント/ Tour Point 

●カナリア諸島の自然を歩いて体感

グラン・カナリア島、ラ・パルマ島、テネリフェ島、それぞれ異なる特徴を持つ3つの島巡りに加え、スペイン最高峰テイデ山に登頂します。

●花咲くベストシーズン限定企画!

5月中旬から6月中旬のカナリア諸島は固有種の花々のベストシーズンです。エキウムをはじめとした花々を愛でながら3つの国立公園をトレッキングします。

●2016年就航したイベリア航空の東京/マドリッド直行便利用

成田空港に再就航を果たしたイベリア航空の成田/マドリッド直行便を利用し、より効率良い日程が実現しました。

スペイン最高峰テイデ山(3,718m)登頂

カナリア諸島のテネリフェ島には、スペイン最高峰のテイデ山がそびえます。テイデ国立公園の登山口から歩き始め、砂礫のなだらかな登りを進んでいきます。真下には大西洋やグランカナリア島などの眺めが広がり、景色を楽しみながらのトレッキングになります。頂上付近で眺める大西洋から昇る朝日や、眼下に広がる巨大カルデラは圧巻です。3,776mの富士山とほぼ同じ標高のため、登りやすく初めての海外登山に挑戦したい方にはおすすめです。また、下山時はロープウェイに乗車し、眼下に広がる景色を楽しみます。
  • 砂礫のなだらかな登り

  • 山頂直下のクレーターを歩く

カナリア諸島の固有植物・エキウム

カナリア諸島を代表する植物エキウムは種類も多種多様。赤、青、紫など様々な色のエキウムが生息します。中でもエキウム・ウィルドプレッティはカナリア諸島固有植物として世界的にも知られています。高さ3メートルを超えて育ち、淡紅色の花穂の長さも1メートルを超すことがあります。また、その姿から、宝石の塔とも呼ばれ、5月中旬から6月中頃にかけて見頃を迎えます。
  • 群生するエキウム・ウィルドプレッティ

  • エキウムの花

グラン・カナリア島最大のクレーターを歩く

7つの火山島から成るカナリア諸島。ツアーでは巨大なカルデラを中心とするグラン・カナリア島のカルデラ・デ・バンダマへ。標高約500mの火口縁からトレッキング開始。直径900m、深さ200mのクレーターへ下ります。クレーター内にはヤシの木やオリーブなどの亜熱帯花木類や固有植物、また集落も存在します。クレーター内の観察をし再び火口縁まで登り返します。

カルデラ・デ・バンダマ

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
マドリッド
マドリッド
グラン・カナリア島
11:20発
18:30着
20:40発
22:35着
空路、東京より直行便でスペインのマドリッドへ。着後、航空機を乗り換えてカナリア諸島のグラン・カナリア島へ。
グラン・カナリア島泊
2 グラン・カナリア島
(カルデラ・デ・バンダマ)

約4時間
●カルデラ・デ・バンダマ・ハイキング(約4~5時間)
専用車で東部のカルデラ・デ・バンダマへ。直径900m、深さ200mのクレーターへ下りトレッキング開始。クレーター内の固有植物をお楽しみください。また火口縁からはラス・パルマスの街や大西洋が展望できます。その後、グラン・カナリア島北部を観光(先住民グアンチェ族の穀物倉庫セノビオ・デ・バレロンアルカス大聖堂旧市街の散策等)。
グラン・カナリア島泊
3 グラン・カナリア島
ラ・パルマ島
(カルデラ・デ・ダブリエンテ国立公園)
ラ・パルマ島
テネリフェ島
朝発
朝着

夜発
夜着
朝の航空機にてラ・パルマ島へ。着後、専用バスにてラ・パルマ島で最も新しい火山が集まる南部地域へ。テネギア火山の展望や、フエンカリエンテ塩田、サン・アントニオ火山を見学します。その後、カルデラ・デ・タブリエンテ国立公園北部、世界各国の天文観測所が集まるロケ・デ・ロス・ムチャチョス(2,426m)へ。
●カルデラ・デ・ダブリエンテ・ハイキング(約2時間)
ゆっくりと歩き巨大なカルデラの絶景をお楽しみください。夜の航空機にてテネリフェ島へ向かいます。
テネリフェ島泊
4 テネリフェ島
(マスカ渓谷)
  専用バスにて、かつての貿易拠点だったガラチコ旧市街へのハイキングポイントへ。
●ガラチコ・ハイキング(約2時間)
大西洋を眺めながらゆっくり街へと下っていきます。その後、専用バスにて樹齢500年の竜血樹が残るイコッド等)。午後、専用バスにてマスカ渓谷へ。
●マスカ渓谷ハイキング(約4時間)
マスカ村(630m)から渓谷を下り、マスカビーチへ。着後、ボートで、ロス・ヒガンテスの港へ(約15分)向かいます。
テネリフェ島泊
5 テネリフェ島
(テイデ国立公園)
アルタビスタ小屋
  専用車にてテイデ国立公園内の登山口(2,350m)へ。
●テイデ山登山(約5時間)
トレッキングを開始し、テイデ山のアルタビスタ小屋(3,250m)へ。専用バスにてテイデ国立公園へ。
※5月中旬~6月中旬はテイデ国立公園に固有植物エキウム・ウィルドプレッティが咲く季節です。
アルタビスタ小屋泊
6 アルタビスタ小屋
(テイデ国立公園)
テネリフェ島
  ●テイデ山登頂(約3時間)
テイデ山ゴンドラ駅(3,500m)を経て、スペイン最高峰テイデ山(3,718m)へ登頂。天気が良ければゴメラ島やラ・パルマ島などカナリア諸島の島々が遠望できます。その後、ゴンドラ駅まで下りゴンドラにて下山。
※悪天候によりゴンドラが運行しない場合は徒歩にて下山します。
テネリフェ島泊
7 テネリフェ島
マドリッド
マドリッド
07:00発
10:00着
13:20発
航空機にてマドリッドへ。着後、航空機を乗り換えて帰国の途に着きます。
機中泊
8 東京 09:10着 着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝6/昼5/夜5:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:イベリア航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2019年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
05月19日(日) ~ 05月26日(日)
固有植物エキウムの咲く季節
8日間 428,000円
05月31日(金) ~ 06月07日(金)
固有植物エキウムの咲く季節
8日間 428,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は35,300円です(12月7日現在の見込み)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名(15名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋追加代金 35,000円(山小屋泊除く)
日本の国内線割引:日本各地から国内線の割引がございます。詳しくはお問い合わせください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

コース難易度/ Difficulty

体力 火山帯特有の岩場や砂礫を歩きますが、整備された登山道のため普段から山歩きをされている方でしたらどなたでもご参加いただけます。
高度 最高宿泊高度は3,250m、最高到達地点は3,718mです。山小屋や山頂付近では、頭痛などの軽度の高山病の症状が出ることがあります。
宿泊 山小屋1泊、山小屋は男女共同の相部屋です。寝具が備え付けてあるため、寝袋不要です。
荷物 中型サイズ以下のスーツケースでご参加ください。テイデ山登頂前に、テネリフェにて詰め替え、1泊2日分の荷物をご自身で背負って歩きます。トレッキング中はデイパックをご用意ください。

 

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間はスペイン出国時に3ヶ月以上、査証欄の余白は1ページ以上必要です。
気候・服装 この時期のカナリア諸島は春から初夏にあたります。日中は半袖又は長袖シャツ程度で過ごせますが、朝晩や山の上では冷え込み防寒着も必要です。雨が降ることもありますので、上下セパレート式の雨合羽は必ずお持ちください。靴は底のしっかりしたハイキングシューズが最適です。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
観光について 写真や日程表に記載の植物はかならずしも観察できるとはかぎりません。予めご了承ください。
移動について カナリア諸島間のフェリーは稀に悪天候により欠航する場合があります。また、フェリーや国内線の最新のスケジュールを基に日程を作成しておりますが、スケジュールが変更になった場合は日程変更を余儀なくされる事があります。
日程について テイデ国立公園のロープウェイは悪天候の場合に、運行が中止になることがあります。その場合は観光内容に変更が生じます。
登山について ルートはよく整備され、登山技術は特に必要なく、初めての海外登山としておすすめのコースです。火山帯特有の岩場や砂礫を歩きますが、整備された登山道のため普段から山歩きをされている方でしたらどなたでもご参加いただけます。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行