「山岳写真家・内田良平氏同行シリーズ 四姑娘山麓と横断山脈 最高の展望地・牛背山を訪ねる旅」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 中国・チベット・モンゴル方面 > 山岳写真家・内田良平氏同行シリーズ 四姑娘山麓と横断山脈 最高の展望地・牛背山を訪ねる旅

山岳写真家・内田良平氏同行シリーズ
四姑娘山麓と横断山脈 最高の展望地・牛背山を訪ねる旅

高山植物の花のベストシーズンにあわせた限定特別企画!

  • 大自然
  • ハイキング
  • 花の季節
  • フォトジェニック
  • 牛背山から望むミニヤコンカ
  • エーデルワイス、ブルーポピー
  • 牛背山山頂から望む雲海
  • 四姑娘山山麓を彩る花々(日隆)
  • 高山植物の咲き乱れる巴郎山峠への途中
  • 丹巴美人村にて photo by Ryohei Uchida
  • 日隆より望む四姑娘山(6,250m)
  • 丹巴の村の風景 photo by Ryohei Uchida
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • このツアーの地図を見る

ツアーのポイント/ Tour Point 

●高山植物の花咲くベストシーズンに設定

高山植物が数多く咲く季節。四姑娘山麓、巴郎山峠、夾金山峠では、ブルーポピーをはじめとする高山植物の観察と撮影をお楽しみくさい。

●四姑娘山麓の麓・日隆では3連泊 ゆったり花観察、撮影を満喫

高山植物の宝庫・四姑娘山麓の日隆に3連泊。ゆったりと四姑娘山の自然、高山植物の観察、撮影をお楽しみいただけます。

●美人谷とも呼ばれる丹巴へ

『中国国家地理』という雑誌の中で中国で最も美しい村の6つのうちから一番となった四川省・奥地の丹巴を散策します。3つの特徴がある村を訪れ、ゆっくりと村の散策をしながら滞在をお楽しみいただきます。

●横断山脈の展望地・牛背山頂に3連泊

四輪駆動車にて、牛背山頂へ。山頂では、ミニヤコンカをはじめとし、峨眉山や四姑娘山など四川の名峰を一望。撮影予備日も設け、ゆったりと展望をお楽しみいただけます。

内田良平氏プロフィール

1936年 横浜市に生まれる。
1959年 ベルニナ山岳会に入会、登山活動と同時に山岳写真に本格的に取り組む。
1970年 山岳写真家として独立する。
国内では中部山岳、谷川岳、富士山を中心に、海外ではアフリカの山、ヨーロッパ・アルプス、キナバル山、カラコルム、ヒンドゥー・クシュ、そして80回以上にわたるネパール・ヒマラヤの取材行を重ね、現在はチベット、シッキム、ガルワール、カラコルムなど周辺の山域を含めた「グレート・ヒマラヤ」を撮り続けている。著書、共著多数。

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 スケジュール 滞在地
1 東京
成都
空路、東京より四川省の省都・成都へ。着後ホテルへ。 成都泊
2 成都
夾金山峠
日隆
四輪駆動車にて花咲く夾金山の峠を越えて、四姑娘山麓の日隆(3,150m)へ。 日隆泊
3 日隆
(長坪溝)
(双橋溝)
●四姑娘山麓フラワーハイキング(約3時間)
終日、四姑娘山群の麓、2つの渓谷を散策します。双橋溝では、混乗バスを利用しながら、高山植物の花々の観察、撮影をお楽しみください。長坪溝では、変化に富んだ大自然を3時間程度のハイキング。谷最奥の寺院跡では、晴れていれば、四姑娘山の雄姿を望むことができます。
日隆泊
4 日隆
(海子溝)
(巴郎山峠)
●四姑娘山麓フラワーハイキング(約2時間)
午前中、海子溝の鍋庄坪を片道1時間の往復ハイキング
午後、標高4,523mの巴郎山峠へご案内いたします。途中、四姑娘山麓をのぞむ猫鼻梁の展望台に立ち寄ります。
日隆泊
5 日隆
丹巴
(甲居寨)
(巴底郷)
(布科郷)
四輪駆動車にて、中国で最も美しい村の一つとされ、美人の多い「美人谷」としても知られる丹巴(1,800m)へ。着後、石造りの特徴的な民居が立ち並ぶ甲居寨、美人谷として知られる巴底郷、村の中に小川が流れる景観が特徴の布科郷へ。 丹巴泊
6 丹巴
康定
(雪門峠)
四輪駆動車にて漢文化圏とチベット文化圏の交わる町、康定(カンディン:2,480m)へ。着後、郊外の雪門峠(3,948m)へ。ダイオウをはじめとする高山植物の観察と撮影をお楽しみください 康定泊
7 康定
牛背山
四輪駆動車にて、大展望地・牛背山(3,650m)へ。ミニヤコンカをはじめ大雪山脈の連山が展開します。 牛背山山頂泊
8 牛背山 終日、牛背山に滞在。四輪駆動車を利用して、周辺に咲くサクラソウなどの高山植物の撮影をします 牛背山山頂泊
9 牛背山 撮影予備日として、引き続き、牛背山に滞在。四輪駆動車を利用して、周辺に咲くサクラソウなど高山植物の撮影をします 牛背山山頂泊
10 牛背山
成都
四輪駆動車にて、雅安を経由して成都へ戻ります。夕食は成都名物・麻婆豆腐をご賞味ください。 成都泊
11 成都
東京
航空機にて帰国の途につきます。着後、解散。  
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝10/昼9/夜9:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:全日空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2014年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
07月12日(土) ~ 07月22日(火) 11日間 378,000円
  • ※ 海外での空港税は全て旅費に含まれます。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は14,000円です(4月1日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名(12名限定) <添乗員同行> 山岳写真家・内田良平氏も全行程同行します。
お一人部屋使用料 32,000円(牛背山山頂を除く)
日本の国内線割引は 大阪・名古屋/東京間の国内線は片道5,000 円、その他の地方からの国内線割引はお問合せください。
※少人数限定コースのため再利用割引・特別割引はありません。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間は、入国時に6ヶ月以上必要です。
気候・服装 牛背山頂は標高3,650mあり、曇天の日や朝晩は冷え込みます。充分な防寒着をお持ちください。その他、日中は天気が良ければ長袖シャツ程度で過ごせます。7月は雨季にあたりますが、朝に雨が降ることが多く観光に大きな支障はありません。
利用予定ホテル 日程及び下記をご覧ください。
成都:星逸酒店、河畔康城酒店、四季康城酒店、武侯智选假日酒店、銀河王朝大酒店、緑洲大酒店、新良大酒店、羅曼大酒店、向陽大厦賓館
日隆:日月山庄、招待所
丹巴:甲居風情大酒店、全景318酒店、登吧客桟青年旅社
康定:郎色岭卡酒店、格薩爾酒店、貢嘎山酒店、情歌大酒店
牛背山:常設テント又は招待所
パンフレットのご請求はこちら
高山病のご注意 高山病の影響が予想されるコースです。ご参加の方全員に健康アンケートのご記入、及び疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。弊社では高山病対策として、添乗員がパルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定装置)を持参します。
高山病についてのご注意と取り組み
ハイキングのご注意 歩くことが好きな方でしたら、どなたでもご参加いただけます。最高到達高度は4,523m、最高宿泊高度は3,650mです。徐々に高度を上げますが、頭痛などの軽度の高山病の症状が出ることがあります。
宿泊について 牛背山山頂では常設テント又は簡易宿泊所3泊大部屋の宿泊となります。お荷物はスーツケースでご参加いただくことが可能です。
日程のご注意 成都/日隆間は往復共に夾金山峠を経由する予定ですが、途中の道路状況などにより別のルートを通ることがあります。
観光のご注意 四姑娘山麓の長坪溝と双橋溝では保護区内の環境車を利用し、基本的に他のお客様との混乗となります。
その他のご注意 花の開花時期に合わせた出発日を設定していますが、開花状況はその年の気候により多少ずれることがあります。予めご了承ください。
予約希望・お問い合わせ お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行