雲南保護地域の三江併流群等を訪れる旅 「未踏の名峰ヤンマイヨンと梅里雪山ハイキング」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 登山・トレッキング・ハイキング方面 > 未踏の名峰ヤンマイヨンと梅里雪山ハイキング

未踏の名峰ヤンマイヨンと梅里雪山ハイキング

四川省から雲南省へ、山岳展望に適したベストシーズンに未踏の聖山を巡る

  • 世界遺産
  • 大自然
  • ハイキング
  • 紅葉の季節
  • 花の季節
  • 花の季節
  • 亜丁(ヤーディン)自然保護区に聳えるヤンマイヨン(5,958m)
  • 朝日に輝く梅里雪山の主峰カワクボ(6,740m)
  • 紅葉色に染まる海子山(ハイツーシャン)自然保護区
  • 梅里雪山の鋭鋒メツモ(6,054m)と奇峰ジャワリンガ(5,470m)
  • 太子廟へ向かって
  • 白茫雪山(バイマンシュエシャン:5,429m)を望む
  • 十三塔公園より望む梅里雪山
  • 長江上流の金沙江が大きく湾曲する金沙江大湾
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • このツアーの地図を見る
  • 世界の山旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

雲南保護地域の三江併流群

8名様から催行・15名様限定

ツアーのポイント/ Tour Point 

●知られざる未踏の名峰ヤンマイヨン

名峰ヤンマイヨン(5,958m)をはじめ、チベット仏教の三神山が聳える亜丁(ヤーディン)は知る人ぞ知る四川省の秘境です。保護区入口の日瓦(リーワ:2,900 m)に連泊し、雪氷をまとった三神山を眺めながら、連日美しい山上湖へハイキング。秋にはカラマツの黄葉、春には新緑の織り成す自然美を堪能します。

●6,000m級の峰々が連なる梅里雪山

チベット族が聖なる山と仰ぐ梅里雪山(ばいりせつざん/メイリーシュエシャン)。ホテルから6,000m級の峰々が連なる梅里雪山を一望できる飛来寺(3,500 m)に連泊し、主峰カワクボ(6,740m)と明永(ミンヨン)氷河が迫る展望ハイキングへご案内します。

●山岳展望に適したベストシーズンに四川から雲南へ大走破

四川省・雲南省・チベット自治区にまたがる長大な横断山脈の峰々や深い渓谷、高原、幾つもの4,000mの峠を越え、四川省から雲南省へ大走破し、未踏の聖山を巡ります。雨期の夏は崖崩れ等により、冬は道の凍結等により通行不能になるため、通行可能でかつ山岳展望に適したベストシーズンに設定しました。

四川省の遥か西 三神山が聳える秘境・亜丁へ

四川省の遥か西、雲南省との省境近くに位置する秘境・亜丁(ヤーディン)には、三神山(コンガ雪山)が聳えています。主峰・仙乃日(シアンレリ:6,032m)=観音菩薩、夏諾多吉(シャルオドジェ:5,958m)=金剛手菩薩、央邁勇(ヤンマイヨン:5,958m)=文殊菩薩と、チベット族はこの峰々を3つの菩薩に見立て神山として崇めています。確かに、目を見張るような美しい山容は、どの山も未踏である事と相まって神々しさすら感じます。ツアーでは、ジョマラツォ(3,960m)と牛奶海(ニュウナイハイ:4,500m)、2つの山上湖を目指して、3時間から5時間程度のハイキングをお楽しみいただきます。

主峰・シアンレリ(6,032m)を望む湖ジョマラツォ

雲南省最北部に位置する 聖山・梅里雪山

梅里雪山は、主峰カワクボ(6,740m)を筆頭に、鋭鋒メツモ(6,054m)や奇峰ジャワリンガ(5,470m)などの主要な7座が連なる山(連峰)です。この山を聖山と崇め、山域を一周するチベット族によるコルラ(巡礼)は数百年前から行われてきましたが、いずれも山腹までに留まります。登頂の試みは1902年頃に始まり、アメリカ、イギリス、日本、中国などがそれぞれ数回の登山隊を派遣してきました。しかし、三江併流の険しい地形やモンスーン地帯特有の厳しすぎる気候の為、登頂は全て失敗に終わり、「神々の山」梅里雪山は今だ未踏峰のままです。ツアーでは、太子廟(2,950m)から蓮花寺(3,250m)を目指し、主峰カワクボの展望と大迫力の明永氷河を眼前に望む4時間程度のハイキングへご案内します。

飛来寺のホテルから望む梅里雪山の山並み

茶馬古道の交易路の要衝 シャングリラ

"シャングリラ"とはもともとイギリスの作家ジェームス・ヒルトンの小説、「失われた地平線」に出てくる理想郷の名前です。争いがなく、人々が長寿を保つ理想郷のモデルとなった街として、2002年に中甸という地名から"シャングリラ(香格里拉)"と改名されました。もとは雲南省産のお茶と、チベット産の馬の交易路、「茶馬古道」の交易路の要衝として栄えましたが、現在は豊かな自然とチベット文化を満喫できる観光の街へと姿を変えています。
  • 雲南省最大のチベット寺院、松賛林寺

  • 薪を運ぶ小坊主さんたち

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
中国内都市
成都

午前又は午後発

夜着

空路、東京より中国内都市へ。航空機を乗り換えて、四川省の省都・成都(500m)へ。着後、空港周辺のホテルへ。
成都泊
2 成都
康定
08:00発
17:00着
専用車にて歴史的に茶馬古道の要衝であった康定(カンディン:2,530m)へ。途中、毛沢東の長征で有名な瀘定(ルーディン)の吊り橋に立ち寄ります。
康定泊
3 康定
(ミニヤコンカ展望)
稲城

07:00発


18:00着

専用車にて川蔵公路を理塘(リータン:3,960m)へ。途中、折多山(チェトーシャン)の峠(4,296m)から横断山脈最高峰ミニヤコンカ(7,556m)を展望します。理塘(リータン)から川蔵公路を離れ南下し、奇岩や湖が点在する高原地帯の海子山(ハイツーシャン)自然保護区を通過し、稲城(ダオチョン:3,740m)へ。
稲城泊
4 稲城
日瓦
(亜丁自然保護区)
08:00発
10:00着
約3時間
専用車にて4,475mの峠を越え、亜丁(ヤーディン)自然保護区入口の日瓦(リーワ:2,900m)へ。日瓦から混乗バスと徒歩で三神山が聳える亜丁自然保護区(3,850m)へ。
●亜丁自然保護区ハイキング(約3時間)
三神山の主峰・仙乃日(シアンレリ:6,032 m)を投影する湖ジョマラツォ(3,960m)を往復します。その後、日瓦(リーワ)へ。
日瓦泊
5 日瓦
(亜丁自然保護区)

約5時間
日瓦から混乗バスと電気カートで亜丁(ヤーディン)自然保護区の洛絨(ルオロン:4,180m)へ。
●亜丁自然保護区ハイキング(約5時間)
均整の取れた美しい山容の央邁勇(ヤンマイヨン:5,958m)や夏諾多吉(シャルオドジェ:5,958m)を眺めながら、草原や樹林帯を抜け、美しい山上湖・牛奶海(ニュウナイハイ:4,500m)を往復します。その後、日瓦(リーワ)へ。
日瓦泊
6 日瓦
得栄
08:00発
17:00着
専用車にて郷城(シャンチョン:2,920m)を経て、得栄(ドゥーロン)へ。
得栄泊
7 得栄
飛来寺
08:00発
16:00着
専用車にて四川省から雲南省へ。三江併流地域の景観を眺めながら、白茫雪山(バイマンシュエシャン)の峠(4,292m)を越え、梅里雪山連峰を一望にする飛来寺(3,500m)へ。途中、長江上流の金沙江が大きく湾曲する金沙江大湾に立ち寄ります。
飛来寺泊
8 飛来寺
明永
(梅里雪山)
08:00発
09:30着
約4時間
朝、ホテルより朝日に輝く梅里雪山連峰を展望。その後、専用車にてメコン川上流の瀾滄江を渡り、明永(ミンヨン:2,300m)へ。
●梅里雪山展望ハイキング(約4時間)
明永から太子廟(2,950m)の手前まで電気カートで上がり、その後、樹林帯の尾根道を蓮花寺(3,250m)まで往復します。蓮花寺からは梅里雪山最高峰カワクボ(6,740m)と明永氷河が眼前に迫ります。その後、明永へ戻り、専用車にて飛来寺へ。
飛来寺泊
9 飛来寺
香格里拉
昆明又は成都
08:00発
15:00着
夜着
専用車にて香格里拉(シャングリラ:3,276m)へ。途中、梅里雪山連峰の好展望地・十三塔公園に立ち寄ります。香格里拉では雲南省最大のチベット仏教寺院である松賛林寺を訪れます。夜、航空機にて昆明又は成都へ。
昆明又は成都泊
10 昆明又は成都
中国内都市
東京

朝発


午後着

空路、昆明又は成都より中国内都市へ。航空機を乗り換えて、帰国の途につきます。着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝8/昼8/夜8:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:中国東方航空、上海航空、中国国際航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2018年~2019年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
10月12日(金) ~ 10月21日(日)
カラマツの黄葉の季節
10日間 378,000円
10月19日(金) ~ 10月28日(日)
カラマツの黄葉の季節
10日間 378,000円
05月17日(金) ~ 05月26日(日)
新緑やシャクナゲの花咲く季節
10日間 378,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は5,000円です(5月9日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名(15名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 49,000円
日本の地方発着:大阪発着も別途手配可能です(中国内都市または成都合流)。詳しくはお問い合わせください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

コース難易度/ Difficulty

体力 ルートの勾配は多少ありますが、急勾配の個所はあまりなく、普段から山歩きをされている方ならどなたでもご参加いただけます。
高度 最高宿泊高度は3,740m、最高到達地点は4,500mです。頭痛などの軽度の高山病の症状が出ることがあります。
宿泊 全てホテル泊
荷物 ホテル泊のため、荷物の詰め替えの心配はありません。ハイキング中のデイパックをご用意ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間は、入国時に6ヶ月以上必要です。
気候・服装 標高3,000m以上の山岳地帯がほとんどです。寒暖の差が大きく、曇天の日や朝晩はかなり冷え込みます。いずれの季節もフリースやダウンジャケット、手袋等の十分な防寒具をお持ちください。標高4,000m以上の所では降雪の可能性があります。しっかりとした雨具と軽登山靴をお持ちください。標高が高く、日差しが強いので、サングラスや帽子も必携です。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
高山病について 高山病の影響が予想されるコースですのでご注意ください。ご参加の方全員に弊社の健康アンケートのご提出をお願いしております。高山病対策として、添乗員がパルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定装置)を持参し、現地で酸素ボンベを用意します。
高山病についてのご注意と取り組み
海外旅行保険について ご参加の方には疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご記入をお願いしております。
日程について このコースのほとんどは山岳地帯の舗装道路です。崖崩れ等により突然道路が通行不能になったり、道路工事による交通規制を受け、日程を変更せざるを得ないことがあります。また、中国の国内線はスケジュールが変わりやすいため、日程変更を余儀なくされることがあります。予めご了承ください。
宿泊について 地方のホテルは、バスタブがなくシャワーのみでお湯の出が悪かったり、電気の時間制限があるなど、十分な設備が整っていません。また、部屋数に限りがあるため、御一人部屋をお取りできないことがあります。その場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
その他のご注意 紅葉・黄葉の時期はその年の気候により多少ずれることがあります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

 

 

予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行