「聖山チョモラリB.C.トレッキングとタクツァン僧院」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 登山・トレッキング・ハイキング方面 > 聖山チョモラリB.C.トレッキングとタクツァン僧院

聖山チョモラリB.C.トレッキングとタクツァン僧院

「幸せの王国」ブータンの聖域を歩む

  • 文化体験
  • 伝統料理
  • 大自然
  • トレッキング
  • 花の季節
  • 一部出発日のみ
  • チョモラリⅠ峰(7,314m)と氷河(ジャンゴタンより)
  • 聖地タクツァン僧院も訪問
  • 眼前に広がるチョモラリⅠ峰・Ⅱ峰、ジチュダケのパノラマ(ツォ・プ湖周辺)
  • チョモラリⅠ峰を眼前に望むキャンプ地
  • 春はシャクナゲの花咲く季節(4月)
  • ブータンヒマラヤと放牧中のヤク
ココに注目!

7名様から催行・15名様限定

ツアーのポイント/ Tour Point 

●聖山チョモラリのベースキャンプに2連泊

女神の住まう聖なる山として古くから信仰の対象とされ、崇められている聖峰チョモラリ。このベースキャンプ・ジャンゴタンに2連泊します。チョモラリⅠ峰・Ⅱ峰、鋭鋒ジチュダケなど目を見張るほど美しいブータンヒマラヤが間近に迫る聖域での滞在をゆっくりとご堪能ください。

●聖地タクツァン僧院もハイキングで訪問

ブータン観光のハイライト。パドマサンバヴァが瞑想したという、チベット仏教圏屈指の聖地タクツァン僧院にもハイキングで訪れます。

●ブータンの文化もしっかり体験

トレッキングの後は伝統の焼き石のお風呂「ドツォ」の入浴や、ブータン料理をご賞味いただいたり、ブータン衣装ゴ(男性)・キラ(女性)の試着もお楽しみいただけます。実際の体験を通してより深くブータンの文化にふれることができます。

ブータントレッキングの魅力

素朴な田園風景から樹林帯、そして氷河迫る聖域へ。かつてチベットとの交易路であった道を進むにつれ、取り巻く景色が変化してゆきます。ツアーは山の展望が澄み渡る乾季のベストシーズンのみに設定しています。ブータンでのトレッキングはネパール・トレッキングのようなロッジ泊はなく、全て素朴なテント泊。訪れるトレッカーは少なく、静かなトレッキングをお楽しみいただけます。テント設営や食事の支度、装備の運搬などは全て現地スタッフがお世話いたします。専属のコックが調理する野菜中心の食事は、味付けも日本人好みで食べやすく、ご好評をいただいております。
  • チョモラリⅠ峰を眼前に望むキャンプ地

  • 春はシャクナゲの花咲く季節(4月)

  • ブータンヒマラヤと放牧中のヤク

タクツァン僧院ハイキング

標高約3,000mの断崖絶壁に貼りつくように建つタクツァン僧院。ブータンのみならずチベット仏教圏で屈指の聖地とされています。タクツァンとは「虎の棲家」の意味でチベットに仏教をもたらしたパドマサンバヴァが8世紀にこの地に虎の背に乗りやってきて瞑想をしたという伝承からこの断崖がタクツァンと呼ばれるようになりました。ハイキングは麓から山道を登ること約2時間程で、タクツァン僧院を望むカフェテリアに到着。ここで待つこともできますが、更に石段を約1時間半登ればタクツァン僧院に到着します。荘厳とした雰囲気の中、ブータン人にとって最も重要な聖地を訪れる一風変わったハイキングをお楽しみください。

タクツァン僧院までハイキング

ブータンの伝統文化を感じる

  • 民族衣装を試着

    ブータン最後の夜は男性は「ゴ」、女性は「キラ」と呼ばれる民族衣装の試着をお楽しみください。
  • 民家訪問

    伝統的なブータンの民家を訪問し、ブータンの人々の暮らしを感じていただけます。
  • ブータン料理に舌鼓

    赤米やトウガラシとチーズを合わせた伝統料理など、野菜や山菜をふんだんに使った料理をご賞味ください。
  • 焼き石風呂「ドツォ」に入浴

    ブータン伝統の焼き石風呂・ドツォ。肩までつかるも良し、足湯するも良し、トレッキングの疲れを癒してください。

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
バンコク
午前又は午後発 空路、東京・大阪よりそれぞれバンコクへ。着後、ホテルへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、バンコクにて合流します。
バンコク泊
大阪
バンコク
午前又は午後発
2 バンコク
パロ
朝発
午前着
空路、直行便又は経由便にて、ブータンの空の玄関口パロ(2,280m)へ。着後、パロ谷の観光(寺院と城が一体化した巨大なパロ・ゾン、歴史的建造物を改築した国立博物館街の散策等)。
パロ泊
3 パロ
シャナ
シンカラップ
朝発
約3時間
専用車にて、トレッキングの出発点シャナ(2,750m)へ。
●トレッキング(約3時間)
樹林帯を歩きシンカラップ(3,050m)へ。
テント泊
4 シンカラップ
タンタンカ
約5時間 ●トレッキング(約5時間)
パロ川に沿ってアップダウンを繰り返しながら歩き、シャクナゲや針葉樹の樹林帯の中をタンタンカ(3,520m)へ。天気が良ければ、この辺りから聖山チョモラリⅠ峰(7,314m)を展望することができます。
テント泊
5 タンタンカ
ジャンゴタン
(チョモラリB.C.)

約5時間

●トレッキング(約5時間)
樹林帯を抜け、放牧小屋のある開けた草原の中をゆっくり歩き、チョモラリ直下のキャンプ地・ジャンゴタン(チョモラリ・ベースキャンプ:4,040m)へ。チョモラリⅠ峰のほか、鋭峰ジチュダケ(6,809m)、チョモラリⅡ峰(6,931m)などを展望することができます。ご希望の方は、高所順応を兼ねて、チョモラリ氷河の展望地へご案内いたします。
テント泊
6 ジャンゴタン
(チョモラリB.C.)
  終日、ベースキャンプのジャンゴタンに滞在。ゆっくりとチョモラリやジチュダケの展望をお楽しみいただき、さらに上にある氷河湖のツォ・プ湖(4,350m)にも足をのばします。
テント泊
7 ジャンゴタン
タムトンザ
約7時間 ●トレッキング(約7時間)
往路をタムトンザ(3,120m)へ下ります。
テント泊
8 タムトンザ
シャナ
パロ

約4時間

●トレッキング(約4時間)
往路をシャナ(2,750m)へ下ります。昼食後、専用車にてパロへ。着後、焼き石のお風呂ドツォの入浴で、トレッキングの疲れを癒しながらブータンの文化にふれる体験をお楽しみください。
パロ泊
9 パロ
(タクツァン僧院)
  朝、パドマサンバヴァが瞑想したという、チベット仏教圏屈指の聖地タクツァン僧院までハイキング(往復5~6時間)。上まで登らずに、途中の展望台でお休みいただくこともできます。パロへの復路、民家を訪問。夜はブータン衣装ゴ(男性)、キラ(女性)を試着してのブータン最後の夜をお過ごしください。
パロ泊
10 パロ
バンコク
午前又は午後発 空路、直行便又は経由便にてバンコクへ。着後、航空機に乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。
機内泊
バンコク 夜発
バンコク 夜発
11 東京 朝着 着後、解散。
大阪 朝着
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝9/昼8/夜9:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:タイ国際航空、日本航空、全日空、ブータンエアラインズ、ドゥック航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2017年~2018年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
10月25日(水) ~ 11月04日(土) 11日間 498,000円
11月08日(水) ~ 11月18日(土) 11日間 498,000円
04月04日(水) ~ 04月14日(土) 11日間 498,000円
04月18日(水) ~ 04月28日(土) 11日間 498,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は3,400円です(5月10日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 7名(15名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 39,000円(テント泊含む)
再利用割引は5,000円、特別割引は10,000円とさせていただきます。
日本の地方発着:札幌・名古屋・福岡など地方発着も別途手配で可能です(バンコク合流)。詳しくはお問い合わせください。
プライベートポーター:26,000円(チップ込み)
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

コース難易度/ Difficulty

体力 歩きやすいトレイルですがアップダウンの多いルートが続く箇所がありますので十分な基礎体力が必要です。
高度 最高宿泊高度は4,040m、最高到達地点は4,350mです。徐々に高度を上げますが、頭痛などの軽度の高山病の症状が出ることがあります。
宿泊 テント5泊
荷物 日本からはスーツケースでご参加いただき、パロにて荷物を詰め替えます。5泊6日分の荷物が入るバッグをご用意ください。トレッキング中はデイパックをご用意ください。

 

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) ブータン(4,600円)、代行手数料(4,320円)。旅券の残存有効期間は入国時に6ヶ月以上必要です。タイは査証不要です。
気候・服装 パロは暖かく、合服が基本となります。トレッキング中は長袖シャツが基本となりますが、ジャンゴタンでの朝晩はマイナス5℃近くまで冷え込みますので、十分な防寒着をお持ちください。靴は防水の効いたトレッキングシューズが最適です。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
高山病について 高山病の影響が予想されるコースです。ご参加の方全員に健康診断書をご提出していただき、疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険のご加入をお願いしております。高山病対策として、添乗員はパルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定装置)、携帯用加圧装置を持参します。
高山病についてのご注意と取り組み
トレッキングについて トレッキングの道は整備されており、特別な登山技術は必要ありません。普段から山歩きをされていて、十分な基礎体力のあることがご参加の必須条件です。
日程について ブータンの玄関口パロ空港は谷間にあるため、バンコク/パロ間の航空機は天候により発着が遅れることがあります。また、ドゥック航空、ブータンエアラインズはシーズンによって臨時便が運行されることがあるため、経由地や発着時間が突然変更になることがあります。
宿泊について トレッキング中はテント泊となり寝袋(冬用)が必要です。お持ちでない方には弊社にて有料(5,000円)で貸し出しいたします。天候やキャンプ地の状況等によりテントの設営が難しい場合には、宿泊地が変更になることがあります。
観光について ブータンのゾンや僧院は観光地ではありませんので、現地の都合により入場できないことがあります。その場合は外観のみの観光となります。
その他のご注意 3月下旬~4月中旬はこの地域にシャクナゲが咲くシーズンですが、開花時期はその年の気候により多少ずれることがあります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行