古都ルアンパバーン等を訪れる旅 「ラオス北部 テキスタイル紀行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 東南アジア・オセアニア方面 > ラオス北部 テキスタイル紀行

ラオス北部 テキスタイル紀行

華麗な染織の伝統息づく少数民族の鮮やかな色彩の世界へ

  • 染織・テキスタイル
  • 民族
  • 浮織や縫取織が組み合わさった繊細な手織り布
  • 模様を作る際に経糸を操作する垂直紋綜絖
  • ノーンキヤウの中心を流れるナムウー川
  • エメラルド仏が保管されたワット・ホーパケオ
  • 新鮮な野菜や果物が並ぶルアンパバーンの朝市
  • このツアーの地図を見る
  • アジア民族の旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

古都ルアンパバーン

ツアーのポイント/ Tour Point 

●山の民が綴る染織の伝統にふれる旅

ラオスでは高い技術を誇るシルクの綾錦が有名で、中でもサムヌア地方には作品を求めて世界中から人々が訪れます。このサムヌアに3連泊し、周辺の村々をじっくり訪ねます。ルアンパバーンでの織物で有名な村、繊細な織物の生産地として名高いサムタイなどで実際に染織を体験していただく機会を設け、ビエンチャンでは繊維博物館を訪問。手仕事を求めて、ラオス北部を巡る充実の旅です。

●12名様限定、村々を巡り制作者と直にふれあう

村の工房を訪れ、制作者と直接話すことができるため、その手工芸品が産まれた背景や込められた思いを知る事ができます。少人数で催行、各地での滞在時間を十分にとっていますので、作業の一部を体験したり、制作方法について質問することができます。土産物屋を巡るだけでは得られない体験ができる、テキスタイル好きの方におすすめのコースです。

●ラオスへ再訪の方にもおすすめの旅

他のラオスのツアーでは訪れない村々を訪問しますので、ラオス再訪の方にもおすすめのコースです。山間に暮らす素朴な少数民族との出会いとふれあいをお楽しみください。

染織の里・サムヌアへ

交通機関が発達していない山間部にあるため、個人ではなかなか訪れにくいサムヌアに3連泊、さらに奥地のサムタイ村も訪れ、村や民家を直接訪問し、伝統的な染め、織りの様子を見学・体験する"染織の旅"です。作り手から直接作品を購入したり、作品にまつわる話や制作方法を質問することもできます。また、行程中の市場や町では刺繍や織り、染めの製品が都市部よりも安価で販売されています。
  • 絣布を作る村を訪問(サルイ村)

  • 絹糸をつくるための繭玉を煮る女性

  • 糸や染料も揃うサムヌアの市場

ラオスの染色を体験

今回の旅では、サムタイの村と、ヴィエンチャンのラオス繊維博物館にて実際に染めの体験をしていただく機会を設けました。サムタイでは訪れる時期に村で使われている天然染料、博物館では藍を使用します。染めるための布は現地にてご用意いたします。
  • サムタイ地方で使われる天然染料

  • ラオス繊維博物館での藍染め体験

山の民が綴る繊細な手仕事

山岳民族が綴る繊細で華麗な手技は母から娘へと伝えられ、地方や民族ごとに独自の美しい衣装が作られてきました。ラオスでは高い技術を誇るシルクの綾錦が有名で、中でもサムヌア地方には作品を求めて世界中から人々が訪れます。手紡ぎの絹糸と、ラックや藍、玉葱や黒炭といった天然染料をつかった作品の数々。伝統的な模様にはそれぞれ意味が込められています。
  • 赤ちゃんを覆う布にも細かい刺繍が(ヤオ族)

  • 天然染料で染めたシルク(サムタイ村)

  • 絣織りのために染められた糸

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
ハノイ
午前発 空路、東京・大阪よりそれぞれベトナムの首都ハノイへ。着後、航空機を乗り換えて、古都ルアンパバーンへ。着後、ホテルへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、ハノイにて合流します。
ルアンパバーン泊
大阪
ハノイ
午前発
ハノイ
ルアンパバーン
午後又は夕方発
2 ルアンパバーン
ノーンキヤウ
13:00発
18:00着
早朝、ご希望の方は托鉢見学と体験へ。その後、地元の人で賑わう朝市織物と手漉き紙で有名なバーンサンコー村を訪問します。午後、専用車にてナムウー川のほとりの風光明媚な町ノーンキヤウへ。
ノーンキヤウ泊
3 ノーンキヤウ
サムヌア
07:00発
19:00着
専用車にて山岳地帯を走り、ラオスの染織のふる里と言われる標高1,200mのサムヌアへ。途中、カム族の村モン族の村に立ち寄ります。
サムヌア泊
4 サムヌア
(サムタイ)
  専用車にて山間部へと入り込み、シルクを天然染料で染め刺繍のような細かい模様を織ることで有名な工房が点在するサムタイ村を訪れます。着後、工房の見学と染めの体験をお楽しみいただきます。
サムヌア泊
5 サムヌア   終日、サムヌア周辺の観光モン族やタイデン族の村、藍染めの衣装を身に着けるヤオ族の村市場織物工房等)。
サムヌア泊
6 サムヌア
シェンクワン
  専用車にてシェンクワンへ。途中、絣の織物で有名なサルイ村タイダム族の村を訪問。また、ムアンカムにてタム・ピウ洞窟を訪問します。
シェンクワン泊
7 シェンクワン
ヴィエンチャン
午前又は午後発 航空機にて首都ヴィエンチャンへ。着後、市内観光(ラオス最大の市場タラート・サオラオス繊維博物館等)。ラオス繊維博物館では藍染体験をお楽しみいただきます。夕食は民族舞踊の鑑賞とともにラオス料理をご賞味ください。
ヴィエンチャン泊
8 ヴィエンチャン
ハノイ
夕方又は夜発 引き続き、出発までヴィエンチャン市内観光(黄金の寺院タート・ルアン、エメラルド仏が保管されていたとされるワット・ホーパケオ、7,000体近い仏像が安置されるワット・シーサケート等)。その後、航空機にてハノイへ。着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。
機中泊
ハノイ 深夜発
ハノイ 深夜発
9 東京   着後、解散。
大阪  
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝7/昼7/夜7:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:ベトナム航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2015年~2016年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
12月03日(木) ~ 12月11日(金) 9日間 318,000円
02月18日(木) ~ 02月26日(金) 9日間 318,000円
  • ※ 海外での空港税は全て旅費に含まれます。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は10,800円です(7月2日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 10名(12名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 39,000円
少人数限定コースのため再利用割引・特別割引はありません。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間は、入国時に6ヶ月以上必要です。
気候・服装 :乾季のベストシーズンです。合服が基本となります。高地を巡りますので、朝晩の冷え込みに備えて防寒具をお持ちください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
観光について このコースで訪れる地域は国境付近にあるため、現地の治安状況や警察の命令などにより、日程変更を余儀なくされたり、写真・ビデオの撮影などが制限されることがあります。
日程について このコースの大部分は山岳地帯の道路を走ります。悪天候や車のコンディション、突然の道路工事などの思わぬ事態により、日程や宿泊地が変更になることがあります。また、日程表中の少数民族の村は観光地ではありませんので、農作業や宗教行事などの理由により、予定の村を訪問できないことがあります。
宿泊について ルアンパバーン、ヴィエンチャン以外では、宿泊施設に限りがあるため、設備が十分に整っていない簡易宿泊施設のゲストハウス泊が基本となります。シャワー・トイレが共同となったり、お湯の出が悪いなど、皆様にご不便をおかけすることもありますが、辺境の地であることをご理解の上でご参加ください。また、このコースの宿泊施設は部屋数に限りがありますので、分宿となったり、御一人部屋をお取り出来ないことがあります。その場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行