古都アユタヤ等を訪れる旅 「知られざるイサーン・クメール 王の道を行く」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 東南アジア・オセアニア方面 > 知られざるイサーン・クメール 王の道を行く

知られざるイサーン・クメール 王の道を行く

タイ東北部に残る、クメール王朝の栄華の記憶を訪ねて

乾季のベストシーズン限定・クメール王朝の歴史を紐解く旅
「タイのアンコールワット」と称されるピマーイ遺跡ほか珠玉のクメール遺跡を訪問

  • 世界遺産
  • 遺跡・史跡
  • タイのアンコールワット・ピマーイ
  • 美しい レリーフが残るムアン・タム
  • ワット・マハタート(アユタヤ)
  • ワット・チャイワッタラナーム(アユタヤ)
  • 密林に眠るプラサート・タームアン
  • ツアーレポート
  • このツアーの地図を見る
  • クメール徹底探究
  • 東南アジアの旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

古都アユタヤ

ツアーのポイント/ Tour Point 

●クメールの覇者・ジャヤヴァルマン7世が残した「王の道」を辿る

カンボジアのアンコール・トムからピマーイにかけて直線上に伸びた「王の道」。大規模な石造神殿の他、旅人のためのアローギャーシャラー(施療院)など、小さいながらも往時の繁栄をしのばせる、こだわりの遺跡へご案内いたします。

●古都・アユタヤへ 王朝の変遷を辿る

クメール王朝を滅亡に導いたアユタヤ王朝ゆかりの遺跡群を訪問します。インドシナの大地で繰り広げられた王朝の興亡の歴史を肌で感じていただけます。

●2ヶ所でそれぞれ2連泊するゆとりの旅

ナコンラチャシマーとスリンでそれぞれ2連泊し、タイ東北部の遺跡を巡ります。

クメールの覇者 ジャヤヴァルマン7世と王の道

クメール王朝の第二十代国王・ジャヤヴァルマン7世は、弱体化していた国家を建てなおし、インドシナ半島の大部分まで版図を拡大した「クメールの覇者」として、王朝に空前絶後の繁栄をもたらしました。
仏教を篤く信仰したジャヤヴァルマン7世は、バイヨンを要する王都「アンコール・トム」の他、数多くの仏教寺院群を造営したことで知られています。また、アンコール・トムと地方都市を結ぶ街道の整備にも力を注ぎ、街道沿いに旅人のための病院、宿泊所を120ヶ所以上も設置しました。人の移動が増えるに従い国内の商業活動は活発化し、クメール王朝の繁栄は円熟期を迎えます。王都と地方を結ぶこの街道は「王の道」と呼ばれ、フランスの小説家・アンドレ・マルローがカンボジアを舞台として執筆した小説の題名としても知られています。
  • ジャヤヴァルマン7世

  • 密林に眠るプラサート・タームアン

クメール芸術の真髄・圧巻の石彫レリーフ群

クメール遺跡の見所は、何といってもまぐさ石や破風に施された美しいレリーフの数々。
ヒンドゥー教神話の一幕や、数多の神々が細やかな彫刻となり、我々に往時の信仰の様子を伝えます。

■まぐさ石

まぐさ石は入口支柱の間に渡され、建物上部を支えるという機能的な意味合いもさることながら、建物入口の目をひく「顔」の位置にあたるため、寺院建築などで、多くの装飾的な彫刻が施される部分でもあります。

■破風

破風とは建築用語で合掌造りに板が組まれた部分を指しますが、クメール遺跡においては、まぐさ石上部の三角状になった部分を示します。まぐさ石よりも面積が広くとられている破風には、神話の一幕や神々の姿などがダイナミックに施されています。
  • アナンタの背の上のヴィシュヌ神(まぐさ石)

    アナンタの背の上のヴィシュヌ神(まぐさ石)

  • 踊るシヴァ神(破風)

    踊るシヴァ神(破風)

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
バンコク
午前発 空路、東京・大阪よりそれぞれタイの首都バンコクへ。着後、専用バスにて古都・アユタヤへ。
※添乗員は、東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、バンコクにて合流します。
アユタヤ泊
大阪
バンコク
午前発
バンコク
アユタヤ
17:00発
19:00着
2 アユタヤ
ナコンラチャシマー
08:00発
17:00着
午前中、アユタヤの観光ワット・プラシーサンペット王宮跡ワット・マハタートワット・ラチャーブラナチャオサームプラヤー博物館等)を見学。その後、専用バスにて、タイ東北部イサーン地方の入口・ナコンラチャシマー(コラート)へ。
ナコンラチャシマー泊
3 ナコンラチャシマー   終日、ナコンラチャシマー郊外に足を延ばし、王道に残る遺跡群を訪問します。タイのアンコールワットと呼ばれるピマーイ勝利の門ピマーイ国立博物館、施療院のクティ・リシィ、古都ラタナプラとして知られるパノム・ワン遺跡等。
ナコンラチャシマー泊
4 ナコンラチャシマー
スリン
08:00発
18:00着
専用バスにて白象の伝説で有名な象の街・スリンへ。途中、バプーオン様式の神殿跡プラサート・バーンプルアーン、タイ最古の遺跡と呼ばれるプラサート・プミポンと知られざる遺跡群を訪問。
スリン泊
5 スリン   終日、王道沿いの遺跡群を訪問。クメール語で「大きな丘」を意味するタイ最大の遺跡パノム・ルン、レリーフの美しさからタイのバンテアイ・スレイと称されるムアン・タムクティ・リシィバンコックムアン、カンボジア国境に位置するタームアン遺跡群タームアントムプラサート・タームアンタームアン・トッチ等)をじっくりと見学します。
スリン泊
6 スリン
ウボンラチャタニー
08:00発
17:00着
朝、スリン博物館を訪問。その後、専用バスにてウボンラチャタニーへ。途中、かつての寺院跡プラサート・カンペーンヤイ、美しいまぐさ石が特徴のプラサート・スィ・コラ・プムを見学します。夕方発の航空機にてバンコクへ。着後、航空機を乗り換えて帰国の途につきます。
機中泊
ウボンラチャタニー
バンコク
夕方発
バンコク 深夜発
バンコク 深夜発
7 東京   着後、解散。
大阪  
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝5/昼5/夜5:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:タイ国際航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2015年~2016年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
11月06日(金) ~ 11月12日(木) 7日間 248,000円
01月15日(金) ~ 01月21日(木) 7日間 248,000円
02月19日(金) ~ 02月25日(木) 7日間 248,000円
  • ※ 海外での空港税は全て旅費に含まれます。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は6,000円です(4月28日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名 <添乗員同行>
お一人部屋使用料 28,000円
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間は入国時6ヶ月以上必要です。
気候・服装 乾季のベストシーズンにあたり夏服が基本となります。冷房対策に上着もお持ちください。遺跡巡りが中心となりますので、動きやすい服装でご参加ください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
日程について このコースでは道路状態の悪い箇所があるため、天候や修復状況によっては通行に時間がかかったり、一部の遺跡が見学できないことがあります。
観光について 遺跡によっては足場が悪く滑りやすいところがあります。博物館は現地の都合により予告なく休館となる場合がございます。その場合は代替の見学地へご案内します。
<タイ>ターム・アン遺跡群について ターム・アン遺跡群はカンボジアとの国境上に位置しているため、現地の情勢により観光できない場合があります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行